リン (北斗の拳)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リン
北斗の拳のキャラクター
登場(最初) 原作第1話『心の叫びの巻』
アニメ第1話『神か悪魔か!? 地獄にあらわれた最強の男』
作者 武論尊
原哲夫
声優 #声の出演を参照
プロフィール
性別 女性
親戚 ルイ(双子の姉)
テンプレートを表示

リンは、漫画『北斗の拳』に登場する、架空の人物。

声の出演[編集]

来歴[編集]

ケンシロウの初登場時に立ち寄った村に引き取られた少女。目の前で両親(後述のとおり、厳密にはファルコの遠縁にあたる養親)を殺されたショックで失声症となり厄介者扱いされていたが、ケンシロウとの出会いによって回復[1]。その後、村を助けてくれたケンシロウを慕い、バットとともに行動を共にする。いくども危険な目に遭うが、幼いながらも気丈かつ優しい。

第二部以降は、美しく成長しユリアに代わってヒロインとなる。

バットと共に天帝軍を擁する中央帝都の悪政に反旗を翻す「北斗の軍」を指揮先導する。ケンとも再会し帝都へ潜入。そこで、自分が生き別れの天帝ルイの双子の妹であることを知る。

実は、「双星が育てば天がふたつに割れる」という天帝の掟により、ジャコウの命令で葬り去られるところを、元斗皇拳ファルコに救われて、ファルコの親類である養父母に育てられていた[2]。バットと共に中央帝都に潜入中、落とし穴の罠に掛かり、転落した先でルイと対面する。ルイから自分の生い立ちを聞かされ、彼女が自分の事を大切に思っているのを知り、なおかつ彼女が長期に渡って地下に幽閉されていたためか盲目となった様を見て「捨てられた私の方が幸福だった」と思いを語り、抱擁を交わした。

帝都陥落時にジャスク(アニメではタイガ)に、人質として修羅の国へ連れ去られる。修羅の国に到達した矢先に「修羅の花嫁」として郡将カイゼルの元で囚われの身となるが、リンを追って来たケンシロウと修羅および羅将を戦わせようと企むシャチによって連れ出され、羅将ハンの居城でついにケンシロウと再会を果たすものの、今度はカイオウによってさらわれる。魔道と虐げられてきた北斗琉拳に関わる己の血を清めようとしていたカイオウにとって、天帝の血を引くリンに生ませる子供こそが、北斗琉拳や北斗宗家をも超越する存在となるはずであった。だが、情愛を否定するカイオウから自決用の短剣を渡され、ついにはケンシロウの目の前で破孔「死環白」[3]を突かれて、一時、視覚とともに一切の情愛を失い、馬の背に載せられ野に放逐される。

ヒョウの懸命な救助もあってリンは保護され、合流したバットにより無事にケンシロウの元に届けられる。リンは最初に見た相手であるバットを愛するが、どうしてもその状況をよしとせぬバットに、結婚式の最中「死環白」の呪縛を解くため、秘孔を突かれ記憶を奪われる。こうしてバットに連れられケンシロウとの想い出をたどる旅を始める。その途中で亡きユリアの起こした奇跡により記憶を失ったケンシロウと再会すると、互いに何もかも白紙となった2人に愛を育ませようとしたバットから置き去りにされる。

しかしリンは、ケンシロウの身代わりになってボルゲに捕らえられた瀕死のバットや、彼を助ける為にボルゲと戦うケンシロウを見る内に、「死環白」以前のものも含め、全ての記憶を取り戻す。そして、長年にわたるバットの献身的な愛を理解し、相思相愛となる。

人物像[編集]

  • 自分の辛さを表面には出さない、悪に服従するくらいなら死を選ぶなど、少女時代から気丈な性格である。登場時から子供とは思えない芯の強さを備え、核戦争後の食糧難事情も理解しており、遠慮できない子供時代のバットと違い我慢強さもあった。一方で、自分より他人を心配する思いやりを持つ。レイの妹アイリを守るために自分の身を挺してかばったように、本作登場人物で彼女の優しさに影響された者も少なくはない。
  • 少女時代においては頭に鉢巻を巻いており、成長後以降は鉢金を装着している。また成長後以降の衣装デザインは原作では天帝編登場からボロ蜂起事件までは北斗の軍での衣装だったが、蜂起が鎮圧されてからは身軽そうな衣装になっている。テレビアニメ版ではキャラクターデザインが変更されなかったため、最後のカイオウとの決着まで北斗の軍での衣装のままだった。
  • 第1部(序章~ラオウ編)ではリンの出自が明かされることはなかったが、マミヤの村の長老やフドウなど、眼力の高い者の中にはリンの人徳を見抜く者も少なからず存在した。OVA版ではケンシロウとラオウの対決を仲裁し、慈愛に満ちたオーラでラオウさえも圧倒している。
  • 髪色はテレビアニメ版では赤茶色だが、1986年の劇場版ではピンク色となっている。
  • 原作の天帝編では北斗の軍の重要人物ながら戦う場面はあまり描かれなかったが、アニメやゲーム『真・北斗無双』では身軽さと武器を生かした戦闘をこなしている。また、彼女の標準装備であるボウガンは鈍器としても使える重厚な作りとなっており、射撃のみならず打撃も可能である。

[編集]

  1. ^ ケンシロウからは「おまじない」として、秘孔を軽く押された。
  2. ^ ゲーム『真・北斗無双』の幻闘編リンの章では、ジャコウはファルコがリンを生かしたことをすぐに知り、行方を探った末数年後に居所を突き止め、ファルコを吊し上げるためにジャスクとシーノを彼女の村へと差し向けるが妨害されて失敗に終わった。
  3. ^ 次に目覚めた時にどんな下司であろうとも最初に見た者に、その情愛のすべてを捧げる破孔。