北斗の拳 世紀末救世主伝説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
北斗の拳 世紀末救世主伝説
ジャンル アクションゲーム
対応機種 PlayStation
開発元 ナツメ
発売元 バンダイ
人数 1-2人
メディア CD-ROM
発売日 2000年10月26日
テンプレートを表示

北斗の拳 世紀末救世主伝説』(ほくとのけん せいきまつきゅうせいしゅでんせつ)は、2000年10月26日バンダイから発売されたPlayStationゲームソフトである。

概要[編集]

本作は、漫画北斗の拳』を原作とした3Dアクションゲームである。登場キャラクターは全て3Dポリゴンモデルで表現されている。

メインモードの「救世主伝説」では、原作を元にしたストーリーが展開される。ゲーム構成の都合上、いくつかのエピソードが改変または省略されているが、原作におけるラオウの最期までのストーリーをおおむね忠実に再現している。全編フルボイスであり、主要キャラクターの担当声優は基本的にテレビアニメ版に準拠しているが、ジャギの声優はテレビ版の戸谷公次ではなく、劇場版での大塚周夫が起用されている。脇役はテレビ版と異なる声優が起用されていることが多い。レイ役の塩沢兼人が本作の発売前に急逝したため、本作は塩沢がレイを演じた最後の作品となった。

初回生産分には、抽選で500人に「ジャギ様メタル胸像」が当たるハガキが同梱されていた。

ゲームモード[編集]

救世主伝説
全8章で構成されている。基本的にケンシロウを操作してゲームを進めていくが、一部でレイやトキ、バットを操作する場面もある。
世紀末シアター
救世主伝説でクリアした章のデモムービーを観賞することができるモード。デモムービーのセリフを作中に登場するあらゆるキャラクターの任意のセリフに変更し、オリジナルのデモを作成する機能が搭載されている。作り方によってはシリアスなシーンが一転してギャグシーンと化すため、発売当時の攻略本やゲーム雑誌に世紀末シアターの投稿作品コーナーが設けられるなど、一部でカルト的な人気を博した。
覇者決定戦
対戦モード。救世主伝説を進めることによって使用可能なキャラクターが増えていく。原作で人間関係があったキャラクター同士の対戦の場合、秘孔成功時、勝利時のメッセージが変化する組み合わせがある。
ザ・あべし
救世主伝説の全8章をノーコンティニューでクリアすることによって選択可能になる隠しモード。次々と現れるザコをひたすら倒し続け、制限時間内に何人倒せるかを競うモード。出現するザコは全て赤ザコなので、リアルタイムあべしシステムを存分に楽しむことができる。

ゲームシステム[編集]

リアルタイムあべしシステム
原作の特徴とも言える、悪党どもの様々な「断末魔」を再現したシステム。赤ザコが光った瞬間に攻撃を当てると発動し、コマンド入力モードに切り替わる。コマンド入力が成功するとザコは断末魔の叫びを上げ、周囲のザコを巻き込んで爆発する。同時に、ケンシロウの体力が回復する。コマンド入力が完成したタイミングに応じて、リアルタイムにザコの断末魔が変化する。断末魔のパターンは200種類以上に及ぶ。

登場キャラクター[編集]

覇者決定戦で使用可能なキャラクター[編集]

その他のキャラクター[編集]

主題歌[編集]

オープニング「愛をとりもどせ!!
作詞:中村公晴 / 作曲:山下三智夫 / 編曲:山下三智夫、飛澤宏元 / 歌:クリスタルキング
オープニング映像は『北斗の拳』テレビアニメシリーズの初代オープニングをベースに、シンの登場カットをラオウに、冒頭とラストの謎の巨人をデビルリバースに差し替えてポリゴンで再現している。
エンディング「ユリア…永遠に」
作詞:野元英俊、田中昌之 / 作曲:今給黎博美 / 編曲:今給黎博美、飛沢宏元 / 歌:クリスタルキング

外部リンク[編集]