バット (北斗の拳)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
北斗の拳 > 北斗の拳の登場人物一覧 > バット (北斗の拳)
バット
北斗の拳のキャラクター
登場(最初) 原作第1話『心の叫びの巻』
アニメ第1話『神か悪魔か!? 地獄にあらわれた最強の男』
作者 武論尊
原哲夫
声優 #声の出演を参照
プロフィール
性別 男性
テンプレートを表示

バットは、漫画『北斗の拳』に登場する架空の人物。

声の出演[編集]

テレビアニメ前半では鈴木三枝、後半では鈴木みえの名義を使用している。

来歴[編集]

元々は、ささやかな水場を守って暮らす老婆(トヨ)に養子として育てられていた。自ら口減らしのために出奔し、同じ牢獄に囚われたことからケンシロウと知り合い、紆余曲折を経て彼を兄と慕っていく。またリンにも出会い、行動を共にしていくうちに密かに思慕する。

第二部からは立派な体格の美男子に成長、リンと共に「北斗の軍」の若きリーダーとして活躍し、天帝軍を擁する中央帝都総督・ジャコウの独裁に反旗を翻す。ケンと再会した時には、喜びでむせび泣いた。やがて賞金稼ぎであったアインを言葉巧みに誘い、ともに群都(エリア)を陥落させる・帝都に潜入するなど、短い間ながら友情を深める。

また、ラオウとジュウザ、ケンシロウ以外にその背を許さなかった黒王号に乗り、ケンシロウとリンを追って修羅の国の奥深くに入り込み、人並外れた勇気と胆力を見せる。カイオウに囚われ、最初に見たものを愛する「死環白」を突かれたリンを、幼い頃からの彼女の思いを叶えるためにケンシロウと結びつけようとするものの、逆に託される。

その結果、自らを愛するようになったリンと、しばらくは幸福な時間を過ごしていたが、リンを思いやるあまり、結婚式の途中でリンの秘孔を突いて記憶を消し去る[1]

原作終章でリンを連れて、彼女が長年恋い焦れていたケンシロウのことを思い出させるために旅をするが、そこへ記憶を失ったケンシロウが現れ、二人の幸福を願って置き去りにする。こうして自身はケンシロウの身代わりとなって、ケンシロウを執拗に狙う悪党・ボルゲと対決。逆に捕われ、肉体を電動ドリルで抉られるなどの壮烈な拷問を受けて瀕死の重体となるも、残る力で記憶の戻ったケンシロウと共にボルゲを倒す。

ケンシロウに「おまえはオレにとって弟だ!」「おまえは、すばらしい男だった!」と最大限の賛辞を送られた。ケンシロウの他、リンやマミヤに看取られたと思われたが、ケンシロウが突いた秘孔[2]によって一命を取り留め、記憶が戻ったリンと愛し合う。

人物像[編集]

  • 少年期は歳の割に世間擦れした印象で、調子に乗りやすい面が描かれることも多かった。無償で人助けをするケンシロウに当初疑問を感じていたが、相次ぐ人々の死やケンシロウとリンの優しさにより心情が変化していき、微力ながらケンシロウの力になりたいと思うようになる。慌て者で早とちりも多いが、ケンシロウを実の兄のように慕い、またケンシロウもひねくれた態度の裏に隠した心根の優しさを察し、彼を弟のように思っている。
  • 「お調子者でそそっかしい」性分は成長後もあまり変わっていなかったようで、アインを陥れ仲間に引き入れる際にその能力を発揮している。リンはバットのこの性分をかなり心配していたらしく、バットが行方をくらませた際にケンシロウに相談しているが、バットを信頼していたケンシロウは全く意に介さなかった。
  • ジャッカルの部下を「砂漠に捨ててこい」と命じられたり、トヨの村を去る際にケンシロウから同行を許されたりするなど、ケンシロウからの信頼は意外と厚い。ラオウとの決戦ではリンとともに立会人を務めている。第二章では再会したケンシロウから「男の顔になったな」とその成長を称えられる。
  • 身のこなしの素早さをいかした体術で、アインと2人だけでジャコウ配下の城塞を陥落させたこともあったが、この運動神経の良さは少年期でも描かれている。修羅の国でリンを助ける際、不意打ちとはいえ修羅を素手で一撃のもとに倒している。また、ケンシロウになりすましてボルゲと戦う前には、七つの傷を付けるため強い指突で身体を突刺し、戦いにおいてはボルゲの体を手刀で貫こうとする所作があり、拳法の断片的な部分は会得をしている。だがそのボルゲに手も足も出ずに敗れるなど、彼自身の戦闘力はそれほど高くはない。しかし「北斗の軍」のリーダーとしての指導力・組織力は多大なものがあり、ひと握りの超人たちの力で世界を揺るがす時代から集団の力で悪に対抗する時代への変遷(回帰)を表現している。
  • アニメ版オリジナルの設定では、自称「メカの天才」で、機械の修理関連で手腕を発揮するエピソードが描かれた。彼があちこちからスクラップを拾い集めて自作したバギーは、この時代では希有な高性能車となっており、第2話からケンシロウたちの足として重宝されていたが、第86話にて拳王軍のモーガンの手によって爆破されてしまった。なお基本的に運転はバットだが、第3話ではケンシロウが、また第8話ではリンが運転する場面も見られた。他にもハーモニカを得意とし同年代の少年とも意気投合する気さくさは天性のものである。また、悪党を相手にケンシロウの秘孔をつくマネをして「お前は既に死んでいる」と言ってみたりするなどコミカルな面も描かれていたほか、敵の目を欺くためとはいえ92話では女装させられるなど、作中におけるコメディリリーフ的な役割も担っていた。
  • 養母であるトヨに対しては、少年期は気恥ずかしさもあったようで、ケンシロウに促された場合を除いて「お母さん」と呼ぶことはなく、ケンシロウがジャッカル一味を全滅させた際も「ババアの仇」と発言している。青年期以降はこの点について一定の整理ができていたらしく、ボルゲに瀕死の重傷を負わされた時も「唯一母と呼べる人物」と素直に評価していた。

その他[編集]

  • 1995年発売のテレビゲーム『北斗の拳』は、リンとの結婚式の場面からはじまる。
  • 少年期においては頭にゴーグルをつけていたが、青年期以降は身に付けていない。
  • 86年劇場版ではリンの住む村で暮らしていた。
  • 新劇場版では聖帝軍相手に剣を手にする姿も見せた(戦闘シーンは描かれなかったので、実際に戦ったかどうかは不明)。

脚注[編集]

  1. ^ ケンシロウと常に同行していたためか、わずかながら経絡秘孔の知識を身につけていたようである
  2. ^ 後頭部に北斗七星が浮かんでいた