TOUGH BOY

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
TOUGH BOY
TOM★CATシングル
初出アルバム『ラヂオ(21st century ver.)』
B面 LOVE SONG
リリース
ジャンル J-POP
レーベル キャニオン・レコード
AARD-VARK
作詞・作曲 TOM
プロデュース うじきつよし
チャート最高順位
TOM★CAT シングル 年表
LADY BLUE
1986年
TOUGH BOY
(1987年)
ばかだもん
(1988年)
テンプレートを表示

TOUGH BOY(タフ・ボーイ)は、日本バンドTOM★CAT1987年3月21日に発売した通算6枚目のシングル。

品番:7A 0700

概要[編集]

  • フジテレビ系アニメ『北斗の拳2』主題歌。サウンド・プロデュースにうじきつよしを起用し、ロック色を強めたサウンドとなった。また、メジャーレーベル名義(キャニオン・レコード(現:ポニーキャニオン)AARD-VARKレーベル)でリリースした最後のシングルでもある。
  • 2009年4月に29歳の若さで急逝したプロボクサー・小松則幸の入場曲でもあった。
  • パチスロ北斗の拳SE』(サミー)でも、バトルボーナスが14連以上した場合に、JACIN時に行われる抽選により1/3の確率でBGMがこの曲に変化する。
  • 2009年12月16日にベルウッドレコードから発売されたミニ・アルバム『ラヂオ』にて、「TOUGH BOY」が21st century versionで、「LOVE SONG」がunplugged versionで再録された。なお、新ヴァージョンでは沼倉真(Guitar)、GUTWIE(Bass)、ササブチヒロシ(Drums)が参加している。
  • 1番の歌詞には、流行語となる16年前に「マニフェスト」という言葉が入っている。
  • 『北斗の拳2』テレビサイズでは、1番と2番のパートが入り交じるなど、歌詞の改変が多い。
    • 通常版でeighties、「いかれた」と歌われている個所がテレビサイズではnineties、「ふざけた」に変わっている。

収録曲[編集]

  1. TOUGH BOY(『北斗の拳2』オープニング・テーマ)
    作詞・作曲:TOM、編曲:うじきつよし・TOM
  2. LOVE SONG(『北斗の拳2』エンディング・テーマ)
    作詞:TOM、作曲:高垣薫、編曲:Light House Project

TOUGH BOYをカバーしたアーティスト[編集]

「TOUGH BOY」の調
前奏・1Aメロ 1Bメロ・1サビ 間奏・2Aメロ 2Bメロ・2サビ 後奏
A-flat-major f-minor.svg 変イ長調
(A)
G-flat-major e-flat-minor.svg 変ト長調
(G)
A-flat-major f-minor.svg 変イ長調
(A)
G-flat-major e-flat-minor.svg 変ト長調
(G)
A-flat-major f-minor.svg 変イ長調
(A)