ぱちんこCR北斗の拳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ぱちんこCR北斗の拳』(ぱちんこCRほくとのけん)は、2008年9月にサミーから発売されたデジパチタイプのパチンコ。原作・武論尊、作画・原哲夫による日本漫画作品『北斗の拳』とのタイアップ機第3弾となる。

販売台数は2009年3月末時点で、ケンシロウVer.とラオウVer.が合計で約21万3千台、ユリアVer.が約4万9千台と、合計で26万台を超える大ヒット機となった[1]

概要[編集]

機械面[編集]

今作よりパチンコ台枠を新枠の「焔(ほむら)」に変更し、またバイブレーション機能付きのチャンスボタン「V-PUSH」を備えている。機種スペックとして、確変割合が82%と高い「ケンシロウ」と、大当たり時の最大出玉数が約2250個ある「ラオウ」がある。また2009年3月には大当たり確率の高い「ユリア」も発売された。
演出面はケンシロウ・ラオウとユリアKVJに関しては、若干の違い以外はほぼ同じである。ユリアSTVに関しては、それに加えて保留先読み予告が追加されている。

大当たりには、通常の打ち方で消化するものの他に、右打ちで盤面右のアタッカーに入賞させる「ハイパーボーナス」がある。

演出面[編集]

前作『CR北斗の拳』がパチスロの『北斗の拳』の演出をベースにしていたのに対し、今作では独自の演出を新たに製作している。前作ではケンシロウ中心の演出であったが、今作ではリーチや内部状態によってはラオウトキ中心の演出もある。また高確率状態の「死闘モード」では、演出の主人公をケンシロウ・ラオウのどちらにするかを打ち手が選べる。

スペック[編集]

ぱちんこCR北斗の拳 ケンシロウ[編集]

  • 保通協型式名:CR北斗の拳HVJS
  • 大当たり確率:1/399.6(低確率)→1/40(高確率)
  • 賞球:3&4&13&15
  • ラウンド数:5 or 16ラウンド・7カウント
  • 確変割合:82%(164/200)
  • 大当たり振り分け:16R確変 51.5%、5R確変 20.5%、2R確変 10%、2R通常 18%
  • 時短:電チューサポート中の大当たり終了後、60回 or 80回 or 100回

ぱちんこCR北斗の拳 ラオウ[編集]

  • 保通協型式名:CR北斗の拳HVJT
  • 大当たり確率:1/399.6(低確率)→1/40(高確率)
  • 賞球:3&4&13&15
  • ラウンド数:5 or 16ラウンド・10カウント
  • 確変割合:80%(160/200)
  • 大当たり振り分け:16R確変 42.5%、5R確変 22.5%、2R確変 15%、2R通常 20%
  • 時短:電チューサポート中の大当たり終了後、40回 or 60回 or 80回

デジハネCR北斗の拳 ユリア[編集]

  • 保通協型式名:CRAデジハネ北斗の拳KVJ
  • 大当たり確率:1/79.9(低確率)→1/12(高確率)
  • 賞球:3&4&13
  • ラウンド数:4 or 15ラウンド・8カウント
  • 確変割合:80%
  • 大当たり振り分け:15R確変 1%、4R確変 58%、2R確変 21%、2R通常 20%
  • 時短:電チューサポート中の大当たり終了後10回

デジハネCR北斗の拳 ユリアSTV[編集]

2009年3月に追加発売されたスペックだが、上記3スペックとは違ってバトルタイプではなく、2006年発売の「CR北斗の拳STV」を継承したスペックとなっている。4回転限定の確変中演出は、従来機同様の「ラオウステージ」に加え、突然確変から突入する「ユリアステージ」が加わった。また保留の先読み演出を導入しており、大当たり画面でのケンシロウのオーラの色などで確変中の大当たり期待度を示すなどの演出がある。

スペック
  • 保通協型式名:CRAデジハネ北斗の拳STV
  • 大当たり確率:1/77.7(低確率)→1/7.8(高確率)
  • 賞球:3&4&13
  • ラウンド数:5 or 15ラウンド・9カウント
  • 確変割合:100%(4回転限定)
  • 大当たり振り分け:15R確変 1%、5R確変 79%、2R確変 20%
  • 時短:高確率状態終了後39回(通常時からの2R確変当選を除く)

大当たり図柄[編集]

カッコ内は世紀末モード時のみ

ハイパーボーナス図柄
通常ボーナス図柄

予告演出[編集]

ステップアップ予告
背景チェンジ予告
図柄オーラ予告
停止図柄予告
台詞予告
ドデカ台詞予告
時間差予告
ザコビビリ予告
カウントダウン予告
回想予告
背景予告
図柄アニメ予告

リーチ演出[編集]

括弧内の星は概ねの期待度を表す(★5つが最高、☆は★0.5個分)。

ノーマルリーチ[編集]

演出を伴わず、中図柄が変動していくだけのただのリーチ。当たってもハイパーボーナス確定ではない。

南斗五車星系リーチ[編集]

ロングリーチ格で基本的に期待度は低く、ジュウザ以外でこのまま当たることは殆ど無いため、ラオウストーリー系リーチへの発展に期待。ただしリハクリーチのみ大当たり確定。

ヒューイリーチ(☆)
風のヒューイが大当たりを狙う。
シュレンリーチ(☆)
炎のシュレンが大当たりを狙う。
フドウリーチ(☆)
山のフドウが大当たりを狙う。
ジュウザリーチ(★)
雲のジュウザが大当たりを狙う。
リハクリーチ(★★★★★)
五車星系の中では別格の期待度を誇る。台詞と共に海のリハクが登場し、必ず大当たり図柄を一発で停止させる。

バトル系リーチ[編集]

リーチ中の演出によって期待度が左右されやすい。

サウザーリーチ(☆~★★)
主にサウザーステージから発展する、非情の帝王、サウザーと対決するリーチ。SPパターンに発展しても期待度は低い。
ジャギリーチ(★~★★★★)
主にジャギステージから発展する、かつて兄と呼んだ男、ジャギと対決するリーチ。SPパターンに発展すれば激アツ(信頼度40%以上)となる。
アミバリーチ(★~★★★★★)
主にアミバステージから発展する、偽りの救世主、アミバと対決するリーチ。SPパターンに発展した時点で大当たり確定。ただし、本作では前半ハズレも非常に多いので注意。

ラオウストーリー系リーチ[編集]

期待度が高いリーチ。といっても本作では「比較的」高めといった程度で、それなりののチャンスアップ演出が絡まなければ厳しい。

ケンシロウVSラオウリーチ(★★)
期待度がかなり低く(15%程度)、余程のチャンスアップが絡まなければ大当たりは厳しい。ケンシロウがラオウの兜を破壊できれば大当たり。南斗最後の将ステージから発展すれば激アツ。
ユリアリーチ(★★☆)
主に南斗最後の将ステージから発展する。信頼度は中程度。ケンシロウとラオウが同時にユリアの元へ向かい、ユリアの目の前にケンシロウが辿り着けば大当たり。サウザー、ジャギ、アミバステージから発展すれば激アツ。
トキVSラオウリーチ(★★★☆)
トキがラオウと対決するリーチで、ラオウストーリー系の中では最も期待度が高い(30%以上)。トキが勝てば大当たり。南斗最後の将ステージから発展すれば激アツ。

無想全回転[編集]

ノーマルリーチから発展する全回転リーチ。もちろん発展した時点でハイパーボーナス確定。

外部リンク[編集]

※ 各リンクとも、リンク先に音声あり。

脚注[編集]

[ヘルプ]