A.T.M.O.S.P.H.E.R.E

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
A.T.M.O.S.P.H.E.R.E
スフィアスタジオ・アルバム
リリース
録音 2009年
日本の旗 日本
ジャンル J-POP
時間
レーベル GloryHeaven
(LASM-35026/35027)
(初回限定盤)
(LASM-5026)
(通常盤)
プロデュース 櫻井優香(Lantis
チャート最高順位
  • 週間19位オリコン
  • デイリー12位(オリコン)
  • 登場回数5回(オリコン)
スフィア 年表
- A.T.M.O.S.P.H.E.R.E
(2009年)
Spring is here
2011年
『A.T.M.O.S.P.H.E.R.E』収録のシングル
  1. Future Stream
    リリース: 2009年4月22日
  2. Super Noisy Nova
    リリース: 2009年7月29日
テンプレートを表示

A.T.M.O.S.P.H.E.R.E』(アトモスフィア)は、声優ユニットスフィアの1枚目のオリジナルアルバム2009年12月23日GloryHeavenから発売された。

概要[編集]

通常盤と初回限定盤の2種類の仕様で発売され、初回限定盤にはDVDが付属されている。初回限定盤はスペシャルブックレット仕様で、同梱されているDVDには、スフィア結成以前の2008年から2009年8月30日JCBホールで開催されたスフィアの2ndライブイベント『Shake X Sphere 〜夏の夜の夢〜』までのオフショットと、2ndライブでの演劇パート『スフィア30分劇場 すぱのば!』(作・演出:浅沼晋太郎[注釈 1])の映像で構成されたスフィアのヒストリー映像『Road of Sphere〜JCBホールまでの道〜』が収録されている。

シングルからは『Future Stream』、『Super Noisy Nova』が収録され、共にカップリング曲の『Treasures!!』、『Dangerous girls』も収録されている。それら以外の8曲はすべて新曲となっているが、このアルバムの発売日の約1ヶ月前に発売された3rdシングル『風をあつめて/Brave my heart』は、セカンドアルバムの『Spring is here』に収録となった。

豊崎によれば、自分が頑張らなければいけないという気持ちが込められた元気になれるアルバムであるという[1]

収録曲[編集]

CD
  1. Future Stream [4:21]
    作詞:畑亜貴、作曲・編曲:山口朗彦
  2. 本当だから困るんだ [4:49]
    作詞:畑亜貴、作曲・編曲:渡辺和紀
  3. PRINCESS CODE [4:38]
    作詞:こだまさおり、作曲・編曲:橋本由香利
  4. Treasures!! [4:06]
    作詞:畑亜貴、作曲・編曲:黒須克彦
  5. 君の空が晴れるまで [4:34]
    作詞:畑亜貴、作曲・編曲:山口朗彦
  6. らくがきDictionary [4:36]
    作詞:畑亜貴、作曲・編曲:黒須克彦
  7. Dangerous girls [3:55]
    作詞:畑亜貴、作曲・編曲:黒須克彦
  8. Dream sign [4:56]
    作詞:畑亜貴、作曲:黒須克彦、編曲:虹音
  9. Super Noisy Nova [4:26]
    作詞:畑亜貴、作曲:rino、編曲:虹音
    • テレビアニメ『宙のまにまに』オープニングテーマ
    • 音楽情報番組『Run Run LAN!』2009年7月8月度エンディングテーマ
  10. Joyful×Joyful [5:28]
    作詞・作曲:rino、編曲:大久保薫
  11. サヨナラSEE YOU [4:35]
    作詞:こだまさおり、作曲・編曲:山口朗彦
  12. A.T.M.O.S.P.H.E.R.E [5:26]
    作詞:畑亜貴、作曲:黒須克彦、編曲:虹音
DVD(初回限定盤のみ)
  1. A.T.M.O.S.P.H.E.R.EMusic Clip
  2. Road of Sphere〜JCBホールまでの道〜

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ライブ中のクレジットより。DVDにはクレジットは収録されていない。

出典[編集]

外部リンク[編集]