マドレーヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マドレーヌ(貝殻型)
マドレーヌ(円形型)
マドレーヌの焼き型

マドレーヌ(仏:madeleine)とはフランス発祥の焼き菓子のひとつである。

無塩バター、バターと同量の小麦粉砂糖ベーキングパウダー、好みにより香料(バニラエッセンスなど)やブランデーを入れて良く混ぜ合わせオーブンで焼き上げる。あらかじめバターを塗って粉を振った貝殻型の焼き型の上に生地を載せて焼くことが多い。

発祥[編集]

マドレーヌの発祥については1755年ロレーヌ公スタニスラスのためにコメルシの女性、マドレーヌ・ポルミエが作ったという説がある。これはスタニスラスの館の料理長とパティシエが喧嘩して館を出て行った時、召使をしていたマドレーヌがありあわせの材料と厨房にあったホタテ貝殻を使って祖母から教わった菓子を作った、という話である。一方、1661年に枢機卿ポール・ドゥ・グロンディが、お抱えの料理人マドレーヌ・シモナンに揚げ菓子の生地から新しい菓子を作らせたという説[1]サンティアゴ・デ・コンポステーラへ向かう巡礼のためにそのシンボルであるホタテガイをかたどってマドレーヌという女性が作ったという説もあり、詳細ははっきりしていない。いずれにしても、初めて作った女性の名にちなむ。

また、日本の平たい菊型のマドレーヌの由来は、昔、パン・ド・ジェーヌというお菓子が日本に伝わった際、マドレーヌと混同され、その型がマドレーヌの型として使われたことによるとされている[要出典]

作り方[編集]

材料はパウンドケーキとほぼ同じで、主となる材料は薄力粉、卵、砂糖、バターがそれぞれほぼ等量で、それにベーキングパウダーを加える。レモンの皮としぼり汁を加えることもある。バターを除く材料を混ぜ、最後に溶かしたバターを混ぜいれ、生地を焼き型に入れてオーブンで焼く[2]フィナンシェとの違いは、マドレーヌは全卵を使うのに対して、フィナンシェは卵白のみを使うところである。

関連項目[編集]

  • マルセル・プルースト - 自著小説『失われた時を求めて』の冒頭で主人公はマドレーヌの匂いから遠い過去の記憶を呼び覚まされて、20世紀を代表する長編小説の幕が開く。このシーンが有名になったことから、味覚や嗅覚から過去の記憶が呼び覚まされる心理的な現象が、「マドレーヌ効果」「プルースト現象(効果)」「無意識的記憶」と称されることがある。
  • シェル・レーヌ

脚注[編集]

  1. ^ 大森由紀子 『フランス菓子図鑑 お菓子の名前と由来』 47頁 世界文化社
  2. ^ お菓子の基本大図鑑 P.50

参考文献[編集]

  • 講談社『お菓子の基本大図鑑』2001年
  • 幻冬舎ルネッサンス『お菓子の由来物語』猫井登著 2008年