フィナンシェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フィナンシェ
金塊型のフィナンシェ

フィナンシェフランス語: financier)またはフリアン(friand)とは、フランス起源のバターケーキや焼き菓子の一種。17世紀にナンシーの"L'ordre des Visitandines"(聖母訪問教会)の修道女によって作られたことから古くはヴィジタンディンと呼ばれた。[1]

なお、フランス語の発音では「フィナンスィイェ」であり、簡略表記するならば「フィナンシエ」が適切で、最後の音節は「シェ」とは発音しない。[2]

由来[編集]

フィナンシエとはフランス語で「金融家」・「金持ち」等の意味があり[3]、「フィナンシエ型」と呼ばれる小さな台形の金型で作られた菓子の形が、色・形において金塊に似ているから[3]とも、サン=ドゥニ通りの菓子職人ラヌが考案し、パリ証券取引所周辺の金融街から広まったからともいわれる[4]

特徴[編集]

アーモンドパウダーを粉と等量もしくはいくらか多めに入れ、卵白、ブール・ノワゼット("beurre noisette"、焦がしバター)、砂糖の各材料を混ぜて型に入れて焼いた菓子である[5]。焦がしバター(ブール・ノワゼット)とアーモンドの香ばしい風味が特徴。紅茶によく合うとされる。マドレーヌとの違いは、フィナンシェは卵白のみを使うのに対して、マドレーヌは全卵を使うことである。

抹茶チョコレートを使用したものや、丸い形をしたものなど様々なバリエーションもある。

脚注[編集]

  1. ^ https://fr.wikipedia.org/wiki/Financier_%28p%C3%A2tisserie%29
  2. ^ http://www.wordreference.com/fren/financier
  3. ^ a b weblio辞書
  4. ^ ニナ・バルビエ、エマニュエル・ベレ『名前が語るお菓子の歴史』北代美和子訳、白水社、1999年、72頁
  5. ^ 講談社『お菓子の基本大図鑑』2001年 P.52