エクルズケーキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エクルズケーキ
Eccles cake.jpg
焼きたてのエクルズケーキ
別名 スクアッシュドフライケーキ, フライケーキ, フライパイ, フライズ・グレイブヤード
種類 ケーキ
発祥地 イングランド
地域 エクルズ
主な材料 フレイキー・ペイストリー, バター, カラント

エクルズケーキ: Eccles cake)は小さい形の焼き菓子である。バターを折り込んだフレイキー・ペイストリーカラント(小粒のレーズン)を詰めて焼いたもので、場合によってはデメララシュガーザラメの一種)がまぶされる。

名前と起源[編集]

エクルズケーキはイギリスエクルズ英語版に因んで命名された。1793年にジェームス・バーチがエクルズの中心部のヴィカレッジ通り(Vicarage Road)と現在はチャーチ通り(Church Street)として知られているセントメアリーズ通り(St Mary’s Road)の角でエクルズケーキを最初に販売したことが知られている。[1]

エクルズケーキは、スクアッシュドフライケーキ(squashed fly cake、「押しつぶしたハエケーキ」)やフライケーキ(fly cake、「ハエケーキ」)、フライパイ(fly pie、「ハエパイ」)、あるいはフライズ・グレイブヤード(Fly's Graveyard、「ハエの墓場」))とも呼ばれ、いずれもカラントをハエに見立てた名称である。エクルズケーキは原産地名称保護制度を保持していないため、どこで製造されてもエクルズと呼称される。[2]

類似の菓子[編集]

左がチョーリーケーキ、右がエクルズケーキ

ランカシャー州チョーリー英語版にちなむチョーリーケーキ英語版はエクルズケーキよりも薄く、フレイキー・ペイストリーではなくショートクラスト・ペイストリーから作られる。砂糖はまぶさない。

カラントスクエアは、ショートクラスト・ペイストリーを四角く成形したケーキで、上面と底面に幅1インチのカラントのフィリングが入る。

ブラックバーンケーキはブラックバーンにちなみ、カラントの代わりに煮たリンゴが入る。

バンベリーにちなむバンベリーケーキ英語版楕円形のケーキである。

トリニダード・トバゴでは、カラントロール(Currant roll)と呼ばれるよく似たペストリーが作られる。フレイキー・ペイストリーでカラントを巻いてから焼いた菓子で、斜めに切って供する。

脚注[編集]

  1. ^ The history behind (and recipe for) Eccles Cakes”. Salford City Council. 2007年4月10日閲覧。
  2. ^ Smith, Lewis (2011年3月18日). “Cumberland sausage wins protection”. The Independent. http://www.independent.co.uk/life-style/food-and-drink/news/cumberland-sausage-wins-protection-2245348.html 2011年7月6日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]