エクルズケーキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エクルズケーキ
Eccles cake.jpg
焼きたてのエクルズケーキ
別名 スクアッシュドフライケーキ(押しつぶしたフライケーキ), フライケーキ, 揚げパイ, フライズ・グレイブヤード
種類 ケーキ
発祥地 イングランド
地域 エクルズ
主な材料 フレイキー・ペイストリー, バター, カラント

エクルズケーキは小さくて丸いフライケーキである。カラントと一緒に揚げられ、バターのフレイキー・ペイストリーから作られる。場合によってはデメララシュガーがまぶされる。

名前と起源[編集]

エクルズケーキはイギリスの街であるエクルズに因んで命名された。1793年にジェームス・バーチが街の中心地のVicarage RoadとSt Mary’s Road(現在は教会通り(Church Street)として知られている)の角でエクルズケーキを最初に販売したことが知られている。[1]

エクルズケーキは、スクアッシュドフライケーキ(押しつぶしたフライケーキ)フライケーキ揚げパイ、あるいはフライズ・グレイブヤード(Fly's Graveyard=フライの墓場)とも呼ばれ、いずれもカラントが詰まっていることから由来する。エクルズケーキは原産地名称保護制度を保持していないため、どこで製造されてもエクルズとラベルされる。[2]

類似したペストリー[編集]

左がチョーリーケーキ、右がエクルズケーキ

チョーリーケーキ(ランカシャー州のチョーリー)は平べったく、フレイキー・ペイストリーよりはショートクラスト・ペイストリーから作られる。また砂糖はまぶされない。

カラントスクエアは、ショートクラスト・ペイストリーを四角にしたケーキで上面と底面に1インチのカラントのフィリングが付けられる。

バンブリーケーキはバンブリーで作られる楕円のケーキである。

トリニダードとトバゴ島の人々はカラントロールと呼ばれるよく似たペストリーを作っている。これはカラントとフレイキー・ペイストリーから作られ、ロールされてから焼き、斜めにカットされる。

脚注[編集]

  1. ^ The history behind (and recipe for) Eccles Cakes”. Salford City Council. 2007年4月10日閲覧。
  2. ^ Smith, Lewis (2011年3月18日). “Cumberland sausage wins protection”. The Independent. http://www.independent.co.uk/life-style/food-and-drink/news/cumberland-sausage-wins-protection-2245348.html 2011年7月6日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]