トルタ・カプレーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トルタ・カプレーゼ
Torta caprese.jpg
発祥地 イタリア
地域 カプリ島
主な材料 バター, 砂糖, 卵黄, 卵白, アーモンド, チョコレート

トルタ・カプレーゼ(Torta caprese)はイタリアチョコレートアーモンド(かクルミ)のケーキであり、カプリ島が発祥だった事から名付けられた物である。穀粉を材料として使用しないので、セリアック病などのグルテンを使用しない食事療法をしている人に食べられる料理でもある[1]

トルタ・カプレーゼの調理法は多くの種類があるが、基本的なレシピバター砂糖を入れて、室温で軟らかくしてかき混ぜる; 次に卵黄を加えて、もう一度かき混ぜ、残りの材料(細かく切り刻んだアーモンド,湯煎して溶かしたチョコレート,卵白ホイップ)を加える。焼いた後、ケーキは室内の湿気に覆われて薄くて堅い殻を持つ。通常は明るい粉砂糖の粉末に覆われている。ストレガやその他のを少量加える事もしばしばある。

トルタ・カプレーゼは"uno dei pasticci più fortunati della storia" (人類の歴史上、失敗から生まれた幸運な物の一つ)と言われている[2]

歴史[編集]

トルタ・カプレーゼの起源については、典拠のはっきりしない話が多くある。そのうちの一つとして、1920年代にあるパン焼き職人が、観光客からアーモンドケーキの注文を受け、彼の工房で作った物が始まりであるという話がある。彼は調理において穀粉を加えるのを忘れたが、観光客は出来上がったケーキを好み、珍味として扱うようになった[1]。別の話として、オーストリア画家オーギュスト・ウィーバー英語版の2人の後継者が、1930年代に彼の湖畔にあった別荘で発明した料理であるという物もある[3]。更に、セシリア・コッポラの著書『Zeppole, struffoli e chiffon rosso』にもトルタ・カプレーゼの起源の話が書かれている[4]

トルタ・カプレーゼの起源はよく知られていないが、調理法の多くは有名である。最初にカプリ島の療養施設で作られるようになり、初期の頃は島を訪れる観光客に振る舞われていた[2]。まさに、茶屋で出されるデザートのような位置付けだったのである[2]。やがて、世界的に有名になり、あらゆるレストランでメニューに加えられるようになった。

脚注[編集]

  1. ^ a b Prodotti Tipici”. Città di Capri (2009年). 2013年12月5日閲覧。
  2. ^ a b c Tales of a dolce born by mistake in a corner of Paradise”. itchefs - Gruppo Virtuale Cuochi Italiani. 2013年12月5日閲覧。
  3. ^ Piatti tipici”. Azienda Autonoma Cura Soggiorno e Turismo Isola di Capri. 2013年12月5日閲覧。
  4. ^ Come nasce la Torta Caprese?”. AlCioccolato.com (2005年11月29日). 2013年12月5日閲覧。