チョコレート色

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。
チョコレート
chocolate
 
16進表記 #602D1D
RGB (96, 45, 29)
HSV (14°, 70%, 38%)
マンセル値 8.8R 2.4/5.2
表示されている色は一例です
チョコレート

チョコレート色(チョコレートいろ)は、茶色の一種。チョコレートのような暗い茶色。類似している色はコーヒー色暗褐色)である。

概要[編集]

カカオ豆は16世紀初頭、中米(メキシコ南部あたり、かつてマヤ文明の栄えていた地域)よりコルテスによってヨーロッパにもたらされたが、当初は砂糖を混ぜて飲む飲料として嗜好された。スペインから徐々に飲料として広まり、英語の文献では1737年にチョコレートが色名として使われている。その後「チョコレートブラウン色」(chocolate brown)という色名も出現し、こちらも現在でも使われている。

現在のように固形菓子として作られるのはもっと後、19世紀半ばになってからである。

Webカラーにおけるチョコレート色[編集]

chocolate (webcolor)
  16進表記 #D2691E

"chocolate"がウェブカラー名として登録されている。HTMLタグにおいて<span style="color:Chocolate">文字</span>と表記すると、右図のように16進数表記で#D2691Eにあたる色が表示される。これは一般的なチョコレート色に比べれば明るい。

なお、この色はウェブカラーにおける基本16色ではないため、ブラウザなどの環境によっては正しく表示されない。

JISにおけるチョコレート色[編集]

チョコレートJIS慣用色名
  マンセル値 10R 2.5/2.5

日本工業規格では、JIS慣用色名において右図のようにマンセル値で定義されている。

近似色[編集]

関連項目[編集]