カヌレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カヌレ
カヌレの断面

カヌレ(仏:Canelé)はフランス洋菓子。正式名はカヌレ・ド・ボルドー[1][2] (cannelé de Bordeaux)。

概要[編集]

フランスのボルドー地方伝統の菓子[2][3]。フランスのボルドー女子修道院フランス語版で古くから作られていた菓子とする説がある[2]。しかし、フランス革命で資料は焼失してしまったため、正確な歴史は分からなくなっている[3]

蜜蝋を入れることと、カヌレ型と呼ばれる小さな型で焼くことが、特徴である[2]。そもそもカヌレとは、「溝のついた」という意味である[2]。外側は黒めの焼き色が付いており、硬く香ばしいが、内側はしっとりとして柔らかい食感を持つ[2]

ボルドーではワインの澱を取り除くコラージュ(清澄工程)で鶏卵卵白を使用しており、大量の余った卵黄の利用法として考え出されたものという[2][3][4]。現在、伝統的なカヌレを保存するための同業組合も作られ、ボルドーには600以上の製造業者がいる[5]

派生品として、コーヒーの液体を生地に混ぜたコーヒーカヌレが存在する[6][7]

作り方[編集]

鍋で牛乳沸騰させ、そこにラム酒バター砂糖薄力粉全卵卵黄バニラを加えたのち、生地を漉して半日寝かす。カヌレ型の内側に蜜蝋を塗り、休ませておいた生地を流し込み、オーブンで焼き上げる。蜜蝋の代わりに、バターを使用してもよい。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ 佐藤綾 (2019年10月29日). “カヌレ・ド・ボルドー 始まりは卵黄の有効利用”. 京都新聞. https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/52497 2020年12月5日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g カヌレブームが止まらない!! 大人のオシャレスイーツ”. Sweeten the future. カンロ (2021年4月23日). 2021年12月21日閲覧。
  3. ^ a b c 美味しいヨーロッパ (pdf)”. アウトバウンド促進協議会. 航空新聞社. 2021年12月21日閲覧。
  4. ^ 伝統(ベーシック)こそ新しい PP.64-65
  5. ^ お菓子の由来物語 P.107
  6. ^ “新年早々、虜になりそう…。コーヒーのおいしさを閉じこめたザクザク、もっちりな「珈琲カヌレ」が気になります”. isuta (PR TIMES). (2020年12月28日). https://isuta.jp/606665 2021年12月21日閲覧。 
  7. ^ 人気コーヒー屋さんがつくるコーヒーカヌレ!”. おとりよせネット. アイランド (2021年4月28日). 2021年12月21日閲覧。

参考文献[編集]

  • 猫井登 『お菓子の由来物語』幻冬舎、2008年9月。ISBN 978-4779003165 
  • 河田勝彦 『伝統(ベーシック)こそ新しい』朝日新聞出版、2009年11月。ISBN 978-4023304642