クルーラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
デンマークで "klejner" と呼ばれる伝統的スタイルの自家製クルーラー
チョコレートがトッピングされたフレンチ・クルーラー

クルーラー (cruller) は、ドーナツ生地をねじりながら円を書くように成形された揚げ菓子ツイスター (twister) とも呼ばれる。シナモンを混ぜた粉砂糖アイシングで覆われていることが多い。

概要[編集]

クルーラーの名前はシュー生地で作られたフレンチ・クルーラーと同様に、19世紀初頭の「曲がった」という意味のオランダ語 "kruller" に由来する。

クルーラーは、伝統的にドイツなどのヨーロッパ諸国で、四旬節の前の脂肪源としてマルディグラの日に食べられている。デンマークでは "Klejner"、スウェーデンでは "Klenäter" と呼ばれる。語源は共に低ザクセン語である。スカンディナヴィアでは、一般的にクリスマスにクルーラーを食べる。

クルーラーは、カナダアメリカニューイングランド中部大西洋岸諸州、中西部カリフォルニア州で日常的によく食べられている。ドイツのクルーラーの起源は、多くのゲルマン人の移民が住みついたドイツ中西部にある。家族が経営するパン屋ではクルーラーを "krullers" と呼ぶこともあるが、アメリカでは "dunking sticks"、もしくは単に "sticks" と呼ばれている。

ダンキンドーナツは、新しく導入した機械では伝統的なクルーラーの生地を作ることができず、手作業でそれを行う必要が生じたために2003年に販売を停止した[1]ティムホートンズ[2]、ハニー・デュー・ドーナツ[3]クリスピー・クリーム・ドーナツ[4]では伝統的なクルーラーの販売が続けられているが、ダンキンドーナツではフレンチ・クルーラーのみの販売となっている。その代わりに同チェーンではクルーラーの代用品として、機械によって手作業で作られたものよりも多くねじられたケーキ・スティックを数種類販売している[5]

中国で売られるクルーラーには、東アジア東南アジアで食べられる油条に由来するものもある[6][7]

出典・脚注[編集]

関連項目[編集]