パステル (料理)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

パステルポルトガル語pastelパステウとも)とは小麦粉を練って作った薄い生地を小さく切り、を包んだものを揚げたり、茹でたり、オーブン焼いたりした料理である。

ブラジルのパステル[編集]

ブラジルのパステウ

概要[編集]

庶民的な軽食としてブラジル各地で親しまれている[1]

一般的にはフェイラと呼ばれる路上市の屋台で販売されている[2]。揚げたてのもの、生のもの、生地だけなど様々な形で売られている。また、多くの軽食屋や飲み屋でも提供されている[1]

その起源には様々な説がある。華僑がブラジルに導入し、日系移民が普及させた春巻きに由来するという説[3]がある他、イタリア料理のカルツォーネ、インド料理のサモサ17世紀ポルトガルに存在した揚げ物料理[3][4]に起源を求める説等があるが、スペインのガリシア地方を中心として、イベリア半島に普及している類似の料理、エンパナーダが、パステルのルーツと考えられる。エンパナーダは、ラテンアメリカ各国で、パステルと同様に、具入り揚げパイとして普及しており、ラテンアメリカ各国への普及には、ラテンアメリカへの移民が多かった、ガリシア移民の影響があると、考えられている。

大きさは手の平サイズから20センチx10センチくらいの大型のものまで様々である。

主な具の種類[編集]

ポルトガルのパステル[編集]

  • パステル・デ・ナタポルトガル語pastel de nata):ポルトガルで人気のある洋菓子オリジナルレシピはパステウ・デ・ベレンと呼ばれ、リスボンにあるパステイス・デ・ベレン(Pastéis de Belém)の門外不出の秘伝である。2011年、ポルトガル七大料理の一つに選ばれた。
  • パステウ・デ・テントゥーガウ(ポルトガル語pastel de Tentúgal):ミルフィーユ風の洋菓子。ポルトガル七大料理の最終選考まで残った料理である。
  • パステウ・デ・フェイジョン(ポルトガル語pastel de feijão):アーモンド白豆を原材料にした洋菓子。
  • パステウ・デ・シャヴェス(ポルトガル語pastel de Chaves):ポルトガル北部のシャヴェス市の郷土料理。

チリのパステル[編集]

チリにはパステル・デ・チョクロスペイン語pastel de choclo)と呼ばれる伝統料理がある。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 小宮華寿子 (2013年9月 4日). “パステウ!タピオカ!クレープ!チュロス!ブラジルの屋台の味”. 地球の歩き方. 2014年6月13日閲覧。
  2. ^ 竹内香苗 (2014年4月10日). “観光にも最適!ブラジルのフェイラ(露天市)”. 竹内香苗のブラジルだより. ニッケイ新聞. 2014年6月13日閲覧。
  3. ^ a b Lira, Adriano. “Conheça a história do pastel e aprenda receitas” (ポルトガル語). Casa e Jardim. 2015年3月2日閲覧。
  4. ^ Conheça a história do pastel” (ポルトガル語). Chef Adeilton Meira GASTRONOMIA. 2014年6月14日閲覧。

関連項目[編集]