キュルテーシュカラーチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クルトシュ
キュルテーシュカラーチ
ブダペストクリスマスマーケットのキュルテーシュカラーチ店

キュルテーシュカラーチハンガリー語:kürtőskalács [ˈkyrtøːʃkɒlɑ̈ːt͡ʃ] )は、ハンガリー及びルーマニアトランシルヴァニア地方のセーケイ地方に伝わるセーケイ人ハンガリー人の一派)の焼き菓子(ペイストリー)の1種である。棒にパン生地を巻きつけて回転させながら焼き上げるため、竹輪に似た円筒状の外見を呈する。日本では「クルトシュカラーチ」と表記されることもある。

ハンガリー語では単語を分けてkürtös kalács [ˈkyrtøʃ.kɒlɑ̈ːt͡ʃ](キュルテシュ・カラーチ)やkürtős kalács [ˈkyrtøːʃ.kɒlɑ̈ːt͡ʃ](キュルテーシュ・カラーチ)のような表記も見られる。短く発音するkürtös kalácsはkürt [ˈkyrt](ホルン)と混同した民間語源によるものと思われる。19世紀のハンガリーでは(1920年トリアノン条約まではトランシルヴァニアはハンガリー領であった)dorongfánk [ˈdoroŋɡˌfɑ̈ːnk](ドロングファーンク)「棍棒菓子パン」、botratekercs [ˈbotraˌtɛkɛrt͡ʃ](ボトラテケルチ)「棒巻き」、botfánk [ˈbotˌfɑ̈ːnk](ボトファーンク)「棒菓子パン」等とも呼ばれていた。現在のkürtőskalácsという呼称は20世紀半ばに定着した。

ルーマニア語ではcozonacul secuiesc [kozoˌnakul.sekuˈjesk](コゾナクル・セクイェスク)「セーケイ(人の)コゾナック」と呼ばれているが、ハンガリー人の菓子なのでハンガリー語でkürtőskalácsとそのまま呼ぶ場合も多い。トランシルヴァニアのドイツ人達はハンガリー語の呼称をそのまま直訳してSchornsteinkuchen [ˈʃɔʀnʃtainˌkuːxn](ショルンシュタインクーヘン)「煙突菓子」と呼んでいる。

キュルテーシュの「キュルテー」(kürtő [ˈkyrtøː])という単語はハンガリー語で「煙突」を意味するため「チムニー(煙突)ケーキ」、「ストーブケーキ」「暖炉ケーキ」、「ハンガリーのウェディングケーキ」とも呼ばれる。キュルテーシュカラーチの起源はトランシルヴァニアといわれる[1]

現在ではハンガリーやルーマニアのハンガリー人(ルーマニア人ではない)の代表的な菓子となっている。結婚式や祭り等の行事のときに食され、街角や観光地の屋台でもよく売られている[2]

キュルテーシュカラーチはドイツオーストリアチェコスロバキア中近東アメリカハワイ州を含む)、オーストラリアニュージーランド南アフリカなどにも伝わっている。日本でも販売する店は存在するが、一般にはほとんど知られていない。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ George Lang, The cuisine of Hungary, Atheneum, 1971, p. 112 2011年7月3日閲覧。(英語)
  2. ^ ヨーロッパ通信 ハンガリー 2011年7月3日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]