バウムクーヘン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本場ドイツのバウムクーヘン

バウムクーヘンドイツ語: Baumkuchen[注釈 1]、バウム(木)+クーヘン(ケーキの意))とは、中心にドーナツ状の穴があり断面に樹木の年輪のような同心円状の模様が浮き出たケーキである。

「バームクーヘン」と表記されることもあるが、"Baum"はドイツ語では ドイツ語発音: [baʊm] ( 音声ファイル)と発音し、「バーム」よりも「バウム」のほうが近く、"Kuchen"は「クーヒェン」と表記されることもあるがこれは発音規則の誤解で、正しくは 「クーヘン」ドイツ語発音: [kuːxən] ( 音声ファイル)なので、「バウムクーヘン」と表記するほうがより適切といえる。

年輪のような形状から日本では目出度い贈答品のひとつとして慶事の贈り物として好まれ、結婚式や祝い事の引き出物として使われることが多い。日本人にとっては大正・昭和初期から知られドイツを象徴する菓子のひとつと見なされているが、実際のドイツでは珍しい種類の菓子であり日本ほど一般的ではない[1]

菓子職人のシンボルとして意匠化されるなどドイツ菓子として認知はされつつも、伝統的な作成方法が非常に特殊で専門装置や技能を要するため、一般的な菓子店では扱っていないことが多く、入手しようと思えば専門店を探す必要がある。バウムクーヘンの精密につくられた年輪の形状は作成した職人の技術の高さを象徴するものである。

製法[編集]

焼き上げ風景

バウムクーヘンは製法が特殊なため普通のオーブンでは作れず[注釈 2]、バウムクーヘン専用のオーブンが存在する。専用オーブンは生地を巻きつけるための芯と、芯を自動的に、あるいはハンドルを使用して、手動で回転させる装置が上部にあり、下部に生地を焼き上げるバーナーがすえつけられている。庫内が密閉され壁面からの輻射熱を利用する一般のオーブンと異なり、開放型で、直火で生地を焼き上げる。生地バター鶏卵砂糖バニラマジパンラム酒などで作られる。芯になる棒の表面に生地を少量かけてバーナーで焼くと、表面が焦げた厚さ1~2mmの薄い層ができる。焼けた層の上に生地をかけながら焼く事を繰り返し、薄い層を10~20層程度つくる。焼きあがった後に芯を抜いて輪切りにすると、バーナーで炙った際に出来たこげと内側の白い部分が層状に表れ木の年輪のように見える。精魂詰める作業とオーブンの直火の熱を正面で胸に受けるため、ドイツでは「バウムクーヘン焼きは長生きしない」と言われている。

表面に糖衣やフォンダン、チョコレートなどをコーティングする場合もある。

歴史[編集]

原型は紀元前まで遡り、ギリシアのオベリアスという木の棒にパン生地を巻きつけて焼いたものであると考えられている[2]中世ポーランド=リトアニア同君連合王国伝統のシャコティスリトアニア語: Šakotis、あるいはセンカチュ(ポーランド語: Sękacz)とも)を基にした説、あるいは「ガトー・ア・ラ・ブロッシュ」を基にした説が存在しており、ドイツザクセン=アンハルト州で元祖をめぐる争いがあったが、1920年に両店は同一人物に買い取られている[2]

日本ではドイツ人のカール・ユーハイムによって持ち込まれ、1919年(大正8年)3月4日広島物産陳列館(後の原爆ドーム)で開催されたドイツ作品展示即売会において販売されたのが最初である[2]。このことを記念して、毎年3月4日は「バウムクーヘンの日」と決められている[3][4]。カールは第一次大戦後日本で菓子店を開き、当時はピラミッドケーキという名前で販売されていたが、1960年代からバウムクーヘンという名で知られるものとなった[2]。彼の事業を継承する株式会社ユーハイムは、現在も売上300億円の2割程度を占める主力商品としてバウムクーヘン製造を続けるほか、より小規模に人気を集める専門メーカー、逆に袋菓子として廉価に全国販売を行うメーカーも多く、日本におけるバウムクーヘンはドイツを凌ぐ一般的な普及をみている。

各国におけるバリエーション[編集]

各地のバリエーション

参考画像[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 複数形も同じ。
  2. ^ ただしアニメ『夢色パティシエール』にて四角いフライパンと細い木の棒を使って家庭で手作りできる方法を紹介している。

出典[編集]

  1. ^ 山田香織. “「世界を食べる日本」:ドイツ編 年輪の意味 (PDF)”. 総合日本文化研究実践教育プログラム:「食から見た日本文化の国際的受容と日本における文化変容」. 総合研究大学院大学. 2012年4月8日閲覧。
  2. ^ a b c d お菓子の由来物語 P.85
  3. ^ 日本記念日協会
  4. ^ 読売新聞全国版 2010年1月31日付朝刊

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]