ヌガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スタンダードなヌガー
様々な種類のヌガーが並ぶスタンド

ヌガー(仏:nougat)は、菓子のひとつ。ソフトキャンデーの一種。

砂糖水飴を低温で煮詰め、アーモンドなどのナッツ類やドライフルーツなどを混ぜ、冷し固めて作る。茶色くて固く、歯に粘りつくような食感が特徴である[1]

メレンゲ(泡立てた卵白)を加えて作る、軽い食感の白いヌガー(Nougat de Montélimar、ヌガー・ド・モンテリマール)もある。

歴史[編集]

もともとヌガーは紀元前よりのアラブの菓子ハルヴァに由来するもので、クルミ蜂蜜によって作られていた。これが中国にわたって牛軋糖(ニュウガータン)と呼ばれる菓子となり、さらにフランスに持ち帰られることで、南仏の名産品であり長期保存に耐えるアーモンドを使用する菓子に変わった。17世紀にはメレンゲの使用が一般的になっている。こうした経歴から、現在でも蜂蜜の含有率が高いヌガーほど高級品とされている[2]

注釈[編集]

  1. ^ 歯に詰め物がある人は稀に取れるおそれがあるため注意が必要。「★チロルチョコ株式会社★チロルチョコからの大切なお知らせ」より。
  2. ^ 大森由紀子『フランス菓子図鑑 お菓子の名前と由来』59頁 世界文化社

関連項目[編集]

外部リンク[編集]