Angel Blossom

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
水樹奈々 > 水樹奈々の作品 > Angel Blossom
Angel Blossom
水樹奈々シングル
初出アルバム『SMASHING ANTHEMS(#1,2)』
B面 レイジーシンドローム
あしたgraffiti
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POPアニメソング
時間
レーベル キングレコード
作詞・作曲 水樹奈々(作詞)
光増ハジメ(作曲)
チャート最高順位
水樹奈々 シングル 年表
エデン
(2015年)
Angel Blossom
(2015年)
Exterminate
(2015年)
SMASHING ANTHEMS 収録曲
SUPER☆MAN
(3)
Angel Blossom
(4)
BRACELET
(5)
テンプレートを表示

Angel Blossom」(エンジェル・ブロッサム)は、水樹奈々の楽曲。水樹の32枚目のシングルとして2015年4月22日キングレコードから発売された。

概要[編集]

2015年4月22日にキングレコードから発売された。水樹のシングルとしては前作『エデン』以来3か月ぶりのリリースとなる。

初回限定盤 CD+BD(KICM-91590)・初回限定盤 CD+DVD(KlCM-91591)・通常盤(KICM-1590)の3種リリースで、初回限定盤には本曲のPVとメイキングを収録したBlu-ray Disc・DVDが同梱されている。水樹のシングルの初回限定盤にBlu-ray Disc・DVDが特典として付くのは今作が初である。

1曲目「Angel Blossom」は、テレビアニメ魔法少女リリカルなのはViVid』のオープニングテーマに起用された。「innocent starter」に新要素を織り交ぜた内容で[3]、水樹自身も「ジェットコースターみたいな曲」であると語っている[4]

2曲目「レイジーシンドローム」は、TOKYO FM水樹奈々のMの世界』のエンディングテーマに起用された。作詞と作曲はヨシダタクミ(phatmans after school)が手がけており、後にセルフカバーされている。

3曲目「あしたgraffiti」は、愛媛銀行TV-CFソングに起用された。

シングル収録内容[編集]

CDシングル[1]
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「Angel Blossom」水樹奈々光増ハジメEFFY
2.「レイジーシンドローム」ヨシダタクミヨシダタクミ藤間仁
3.「あしたgraffiti」藤林聖子加藤裕介加藤裕介
合計時間:
Blu-ray/DVD(初回限定盤・内容は共通)[1]
#タイトル作詞作曲・編曲
1.「Angel Blossom」(Music Video)  
2.「MAKING OF Angel Blossom」  

収録アルバム[編集]

曲名 アルバム 発売日 備考
Angel Blossom SMASHING ANTHEMS 2015年11月11日 10thオリジナルアルバム
レイジーシンドローム
曲名 アルバム 発売日 備考
Angel Blossom THE MUSEUM III 2018年1月10日 3rdベストアルバム

DVD、Blu-ray Disc[編集]

発売日 タイトル 備考
Angel Blossom
2016年1月21日 NANA MIZUKI LIVE ADVENTURE 16作目のライブ・ビデオ。
2016年4月6日 NANA CLIPS 7 7作目のミュージッククリップ
レイジーシンドローム
2016年1月21日 NANA MIZUKI LIVE ADVENTURE 16作目のライブ・ビデオ。
2017年3月8日 NANA MIZUKI LIVE PARK×MTV Unplugged: Nana Mizuki 18作目のライブ・ビデオ。
あしたgraffiti
2016年1月21日 NANA MIZUKI LIVE ADVENTURE 16作目のライブ・ビデオ。

チャート[編集]

チャート(2015年) 最高位
オリコン[2] 4
Billboard JAPAN Hot 100[5] 5
Billboard JAPAN Hot Animation[6] 2
Billboard JAPAN Hot Singles Sales[7] 4
Billboard JAPAN Hot Top Airplay[8] 30
サウンドスキャンジャパン[9] 7

クレジット[編集]

Angel Blossom
guitar YOHSUKE YAMAMOTO
piano&programming EFFY
drums TARO YOSHIDA
strings CRUSHER KIMURA STRINGS
recorded by EIICHI NISHIZAWA
TAKASHI INOUE
mixed by EIICHI NISHIZAWA
recorded at Sound City
Motoazabu Studio
mixed at Motoazabu Studio
レイジーシンドローム
drums YASUO SANO
bass KAZUHIRO SUNAGA
guitar YOHSUKE YAMAMOTO
all other instruments & programming HITOSHI FUJIMA
recorded & mixed by TETURO TAKEUCHI(Climbers)
mixed at MANEKI Recording
directed by HITOSHI FUJIMA
production management ASAMI SUITA(ARIA entertainment)
sound produced by Elements Garden
あしたgraffiti
guitar TAKASHI MASUZAKI
violin HITOSHI KONNO
all other instruments & programming YUSUKE KATO
recorded by YUJI TANAKA(prime sound studio form)
mixed by NAOKI YAMADA(I to I Communications)
recorded & mixed at prime sound studio form
directed by KOHJI SATOH(SCOOP Music)


art derection & design KENJI KIYAMA(PERMANENT)
photography YASUO AWANE
costume design & styling MICHIYO ISHIGE
hair & make KAORU ASANUMA(DEEP END)
music video director IMAI "Lucy" JUNYA(KANAMEDO)
making video director SHOKO TADA

出典[編集]

  1. ^ a b c Angel Blossom [CD+Blu-ray Disc]<初回限定盤>”. タワーレコード. 2015年4月23日閲覧。
  2. ^ a b Angel Blossom(初回限定盤 Blu-ray Disc付”. ORICON STYLE. オリコン. 2015年4月29日閲覧。
  3. ^ 声優アニメディア5月号 2015, p. 6.
  4. ^ 声優グランプリ5月号 2015, p. 80.
  5. ^ Billboard Japan Hot 100 2015/05/04 付け”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク. 2015年4月29日閲覧。
  6. ^ Billboard Japan Hot Animation 2015/05/04 付け”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク. 2015年4月29日閲覧。
  7. ^ Billboard Japan Hot Singles Sales 2015/05/04 付け”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク. 2015年4月29日閲覧。
  8. ^ Billboard Jpapan Hot Top Airplay 2015/05/04 付け”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク. 2015年4月29日閲覧。
  9. ^ 週間 CDソフト TOP20 シングル ランキング TOP20 2015年4月20日〜2015年4月26日 調査分”. Phile-web. 音元出版. 2015年4月29日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]