この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

飯塚昌明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
飯塚昌明
別名 e-ZUKA
生誕 (1967-02-22) 1967年2月22日(50歳)
出身地 日本の旗 日本新潟県十日町市
学歴 ミューズ音楽院
ジャンル J-POP
アニメソング
ゲーム音楽
ハードロック
ヘヴィメタル
職業 作曲家
編曲家
ギタリスト
スタジオ・ミュージシャン
担当楽器 ギター
共同作業者 GRANRODEO
esq
六三四Musashi
BLOODY RUBY
BASXI
ウクレレカフェカルテット
公式サイト http://masaaki-iizuka.com/
著名使用楽器
ESP HORIZON e-ZUKA CTM
ESP RODEOholic
ESP 7th SUPER NOVA

飯塚 昌明(いいづか まさあき、1967年2月22日 - )は、日本ミュージシャン作曲家編曲家ギタリスト新潟県十日町市出身。既婚者。ミューズ音楽院を卒業している。

概要

人物

ユニット雷蔵」「esq」「ウクレレカフェカルテット」や、バンドF.E.N.」「BASXI」「六三四Musashi」「BLOODY RUBY」などのメンバーである。また長年つのだ☆ひろのサポートを務めており、バックバンドでギターを担当している。従兄の影響で実兄とともに小学校中学年の頃からギターを弾き始める。高学年のときにHR/HMバンドKISS」と出会い、以来ギタリストへの道を歩み始める(本人曰く「大きくなったらKISSの人になりたい」と本気で思った)。

基本的に嫌いなギタリストはおらず、様々なジャンルのギタリストの演奏を幅広く聴いている。影響を受けたギタリストはエース・フレーリーランディ・ローズリッチー・ブラックモアゲイリー・ムーアマイケル・シェンカージョン・サイクスイングヴェイ・マルムスティーン高崎晃など。特にランディ・ローズは「見た目も音も大好きだった」(本人談)らしい。

アマチュア時代は作曲・編曲をほとんどしたことがない。初めて本格的に作曲をしたのはプロミュージシャンになってから、知り合いに勧められアニメソングのコンペに出品した作品。その後その曲が「3×3 EYES」の主題歌となった。

木目のギター(ESP HORIZON-II CLASSIC)を長く愛用しており、PVライブイベントなどでよく使用している(現在は頻度が減っている)。

ギターのほか楽曲製作のためにベースドラムキーボードウクレレなどを演奏することもある。キーボードは主にDTMで打ち込み作業の際片手で弾く、またはテンポを下げてゆっくりと弾く程度の腕であったが、GRANRODEO(後述)の初の武道館公演では初めて人前でピアノによる生演奏を披露した。

アンプの音にとても敏感で、レコーディングやリハーサルの際にも常に気にしており、また楽器屋に赴き様々な機種を試奏している。近年ライブDVDや雑誌のレポートなどでメディアに載ることも多くなってからは、音だけに留まらずステージ上の見た目(台数など)にも目を向けるようになった。

ミューズ音楽院で講師を務めていた当時の教え子に、音楽制作集団「Elements Garden」の代表上松範康がいる[1]

栗林みな実とのコラボレーションは、栗林のデビュー当時から好評を博しており、現在も楽曲のアレンジレコーディングへの参加やライブサポートを務めている。

2005年9月谷山紀章と音楽ユニット「GRANRODEO(グランロデオ)」を結成。2008年よりESPとエンドース契約し、ライブ使用機材の提供を受けている。ただしそれ以前より同社の機材モニターをしていた。

2010年にESPにて自身初のシグネチャーモデルギター「RODEOholic」と、e-ZUKAモデルピック「PA-GRe10」が販売開始。以後6機種のシグネチャーモデルを製作されている。

2011年度よりMI JAPAN・GIT(ギター科)のスペシャルアドバイザーに就任。その後、同校とヤングギター誌の共催で行われるギターオーディション「GITマスターズ」において、「GITマスターズ2012」「GITマスターズ2013」では審査委員長を、「GITマスターズ2014」ではスーパーバイザーを務める[2][3][4]

2011年5月、公式サイトで結婚したことを発表した[5]

同年7月30日に南魚沼市民文化会館で開催予定だったGRANRODEOの公演が、平成23年7月新潟・福島豪雨のため延期。同年9月19日に同会館にて振替公演が行われた際、自身の出演料を全額十日町市に義援金として寄付した。[6]

使用ギター

ESP(シグネチャーモデル)

  • RODEOholic[7]
    2010年に製作された飯塚初のオリジナル・シグネチャーモデル。
    HORIZON-II CLASSICをベースにした仕様だが、ボディの形状は現販のIIIシリーズに近い(本人的には「ファイヤーバード」のイメージらしい)。ボディはスワンプアッシュトップ&マホガニーバック。塗装は木目を活かしたBurnerフィニッシュ。ヘッドは幾分デコラティブな形状で、同社のロゴと共に「GRANRODEO」のロゴが入っている。ネックはマホガニー、指板エボニーのミディアムスケール。ペグは下記のHORIZONと同様の仕様。主にレギュラーチューニングで使用されている。ピックアップはフロント・リアともにセイモア・ダンカン製のハムバッカーを搭載。フロントにシングルサイズを使用したのは、常々HORIZONに対し「どちらもフルサイズは見た目のバランス的にどうだろう」と感じていたため。
    同社ブランドのEDWARDSよりコストパフォーマンスモデル、「EDWARDS E-eZ-160」としても発売されている。
  • RODEOholic -FLAME ROSE BROWN-[7]
    RODEOholic制作から半年後に作られたカラーバリエーションモデル。
    オリジナルとの大きな違いはハイフレット(15~24フレット)に施されたハーフスキャロップ加工。またボディの塗装は同社初のシースルーブラウンカラーを採用。主にダウンチューニングで使用されている。
    同社ブランドのGrassRootsより「GrassRoots G-eZ-86」として発売されている。
    現在GRANRODEOのイベントやレコーディング、また他アーティストのサポートでも上記2本がメインで使用されている。
  • 7th SUPER NOVA[7]
    RODEOholicシリーズに続き製作されたオリジナルモデル。
    本人の好むフライングVタイプを元にしつつボディは多少小型化され、さらにV字型の部分は上が長く、下が短いアシンメトリーになっている。コンセプトは「カッコイイ左右非対称V」。フライングVには珍しい7弦仕様で、2011年5月のGRANRODEOツアーからULTRATONEに変わり使用されている。
    ボディスペックはRODEOholicシリーズをベースにしつつ、大きな違いとしてマホガニーネックではなく、メープルによるスーパーロングスケールの採用である。これはピッチの安定・低音弦の適度なテンションの確保など7弦ギター独特の課題点を回避するためであると考えられる。ヘッドも今までのシェイプではなく、同社製品のForestモデルのものを使用している点も特徴である。塗装はブラックの上にブルーを重ねたシースルーブルーカラーで、見る角度によって色合いが変わる。フロントのピックアップはセイモア・ダンカンの市販化されていない特注品が搭載されている。インレイにLEDが仕込まれており、暗がりでの演奏の際はボディサイド上部のトグルスイッチで青く点灯する。
    名称はGRANRODEOの曲「SUPERNOVA」から。同曲のPVでも(LED未搭載のプロトタイプ)使用されている。ただし本来6弦曲のため、イベントでは使用していない。PVで用いた理由は本人曰く「見栄え的に良いと思ったから」。
    同社ブランドのEDWARDSより「EDWARDS E-eZ-180-7SN」として発売されている。
  • その他
    2011年10月10日に行われたGRANRODEOの日本武道館公演にて、RODEOholicシリーズの仕様違いとして2種(蛍光グリーンのボディにGRのロゴプリント/表全面にスワロフスキーをデコレートした白ボディ+ヘッド先にレーザーライト・ビーム搭載)が披露された(未発売)。
  • RODEOholic -Metamorphosis-[7]
    2012年6月30日に行われたGRANRODEOの日比谷野外大音楽堂公園にて初公開となった、「RODEOhoric」のバリエーションモデル。カラーは「アンバースィート」。「RODEOhoric」という名前だが、「RODEOhoric」、「RODEOholic -FLAME ROSE BROWN-」とは、ピックアップの組み合わせ以外は大きく異なる。
    • ヘッドの形状が「3+3」から「6インワン」タイプに変更。
    • ボディートップが、「アッシュ」から「キルテッドメイプル」に変更。
    • ネックジョイントがボルトオンに変更。
    • ブリッジがトレモロアーム
    • 指版はメイプルを採用。
  • CRACK STAR SPLASH[7]
    同じく日比谷野外大音楽堂公園にて初公開。ボディーシェイプは「RODEOhoric」と同じ。色は「スプラッシュブルー」と呼ばれる青色。「RODEOholic -Metamorphosis-」と同じく、「6インワン」タイプのヘッド形状で、ブリッジにはトレモロアームを搭載している。「RODEOhoric」と名づけられた3台と違い、こちらはセンターピックアップが付いた「HSHレイアウト」になっている。また、ネックスケールがミディアムスケールではなく、ロングスケールになっている。指版はローズウッド。
  • RODEOholic eZ burst[7]
    RODEOholicのカラーバリエーションモデル。仕様はオリジナルと同様。最新モデルという事もあり、2014年はPVやライブ等でもこのモデルが使用される機会は多かった。

ESP(カスタムモデル・その他)

  • HORIZON-II CLASSIC 2nd Version
    木目を活かしたナチュラルフィニッシュのギター。長い間レコーディング及びライブのメイン機材として使用しており、トークショーやセミナーなどのイベントでも使用されることが多かった(現在ではバックアップ・ギターとして使用されている)。主にレギュラーチューニングでの演奏に使われるが、2006年ごろまでは初出しの楽曲を披露する際にはその都度、楽曲に合わせた調律をして使用されていた(まれにカポタストを付けることもある)。
    ペグは1~5弦が「Trim-Lock」、6弦のみ「The "D" Thing」(共にSperzel社製)を使用。
    なお同社サイト内e-ZUKAアーティストギャラリーでは「ESP HORIZON e-ZUKA CTM」と呼称されている。これは現在生産終了になっているHORIZON-II CLASSICを「e-ZUKAカスタムモデル」として完全受注再版(ただし一部仕様が変更されている)し始めたための変更のようである。
  • FOREST-G
    2008年に提供され、主にダウンチューニングで使用しているギター。こちらも楽曲によってはチューニングを変えることがある。当初ピックアップEMG製のものだったが、HORIZONとの兼ね合いや今後の楽曲のため、音色のバランスを考えてセイモア・ダンカン製のものに交換された。ペグもHORIZONと同様。
  • EDWARDS E-LP-130LTS/RE
    2008年に提供されたレスポールタイプのギター。ダウンチューニングのみで使用。現在はペグをグローバータイプのものに交換している。
  • ULTRATONE-SL7
    2009年に提供された7弦ギター。GRANRODEOの「露出男(ロデオ)祭り〜漢心はぐらんぐらん〜」(2009年11月に行われた男子限定ライブ)以降、「RG7EXFX2」に代わりライブで使用されるようになった。
  • Navigator N-FV-440LTD
    2010年のGRANRODEO武道館ライブ「LIVE AT BUDOKAN G5 ROCK★SHOW」のオープニングで使用した、黒いボディのフライングVタイプのギター。ピックガードをミラー仕様に変更、ピックアップをセイモア・ダンカンのSH-2nとSH-14に、ペグはグローバータイプのものに交換されている。またヘッドのロゴは「Navigator」から「ESP」に入れ直され、同社サイト内アーティストギャラリーでは「ESP FV TYPE e-ZUKA CTM」と呼称されている。

Fender

Gibson

  • ES-335
  • レスポール
    レスポールモデルについても他メーカーのコピーモデルを使用している。

Epiphone

  • Joe Pass Emperor II

G&L

  • ASAT Semi-Hollow

Ibanez

  • RG Extreme RGT6EXFX
  • RG Extreme RG7EXFX2
    HEAVEN」制作のために使用された7弦ギター。その後も「アウトサイダー」「tRANCE」などの楽曲に使用され、また「modern strange cowboy」のPVにも登場。2009年夏ごろまでライブでも使われていたが、同年秋ごろからESP提供の「ULTRATONE」にその役目を渡した。厳密にはイケベ楽器の同社オリジナル仕様。
  • GB15

YAMAHA

Taylor Guitars

  • 414ce

ディスコグラフィ

飯塚がBGMを担当したTVアニメのオリジナルサウンドトラックがe-ZUKA名義のソロアルバムと言う形でランティスよりリリースされている。

発売日 タイトル 規格品番 BGM提供作品
1 2009年9月30日 I got you under my skin LASA-5012 TVアニメ 「NEEDLESS
2 2010年12月22日 Light My Fire LASA-5073 TVアニメ 「咎狗の血

提供

歌手

作編曲

作曲

編曲

アニメ

作編曲

作曲

編曲

ゲーム

作編曲

作曲

補作曲

編曲

その他

作編曲

  • 快感フレーズ(ドラマCD版)
    • CAUTION
    • 堕天使の呪縛
    • Love Melody
  • GAMECITY文庫「鬼灯高校退魔部 ことしろや!」
    • BLUE STEEL KNIGHT
  • QR・OBC「ネオロマンス Paradise Cure!」
    • H.P.D. -happy days-

作曲

編曲

脚注

関連項目

外部リンク