鈴木政行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鈴木政行
Loudness 2010 02.jpg
2010年撮影
基本情報
生誕 (1972-09-26) 1972年9月26日(46歳)
出身地 日本の旗 日本,北海道札幌市
ジャンル ヘヴィメタル
ハードロック
職業 ミュージシャン
担当楽器 ドラム
活動期間 1988年 -
レーベル ワードレコーズ(LOUDNESS)
共同作業者 LOUDNESS
SABER TIGER
NEGAROBO
公式サイト ThrashPan
メタリカ
スレイヤー

鈴木政行(すずき まさゆき、1972年9月26日 - [1])は、日本のドラマー北海道札幌市出身。愛称はあんぱん。

概要・来歴[編集]

12歳まで闘病生活を送っており、入院中、知人にLOUDNESSを紹介された事がきっかけで音楽に目覚める。

1985年、13歳の時、コピーバンドドラマーとして加入し、音楽活動を始める。その後、16歳(1988年)の頃より、オリジナル曲のバンドを結成し、主にスラッシュメタルパワーメタルの分野で活動。 2008年夏にSABER TIGERに加入するが、同年12月、肝細胞癌他界した樋口宗孝の後任として、高崎晃よりLOUDNESSへの参加要請を受ける(正式加入は翌年、2009年11月29日[2][注 1])。それに合わせて、SABER TIGERを脱退。

樋口の後任として加入したことは、鈴木にとって憧れのバンドに入れた喜びと同時に、大きなプレッシャーでもあった。ブログでは、樋口に対する敬意[3]と共に、どうしても比較されてしまう辛さや、LOUDNESSという既に実績のあるベテランバンドでの活動について、自身の苦悩を綴っている[4][5]

2018年2月8日、体調の異変に気付き病院診察を受けた結果、脳梗塞発症している事が判明。幸い、症状は軽度のものであったが、リハビリや各種検査が必要と判断されたため、そのまま入院となる。これにより、LOUDNESSとしての活動を一時的に休止[6]。暫くは療養生活に入っていたが、同年8月11日更新の自身のブログにて、病状が快方に向かい、9月24日のZepp ダイバーシティ東京でのライブから戦列に復帰する事が報告された[7]

好物は牛乳[注 2]オレンジジュース

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 二井原実の書籍、「真我」においては「2009年2月16日」とされており、その正確な日付については諸説あり。
  2. ^ LOUDNESSの盟友である二井原・山下によると、「普段はとても優しい温厚な男だが、ケータリングに牛乳がないとすこぶる不機嫌になり、時には絶叫する事もある。」との事。

出典[編集]

  1. ^ 公式ブログのプロフィール
  2. ^ 2009年11月29日(樋口の一周忌の前日)、公式HPにて正式なドラマーとして任命された。
  3. ^ ラウドネス 2009年3月2日
  4. ^ クラブサーキットツアーに向けて。 2009年3月8日
  5. ^ フレーズ創り=作曲作業 2009年3月22日
  6. ^ ツアーに関する大事なお知らせLOUDNESS Official Website 2018年2月28日
  7. ^ 脳梗塞、治りました! 2018年8月11日

外部リンク[編集]