KING OF PAIN 因果応報

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
KING OF PAIN 因果応報
LOUDNESSスタジオ・アルバム
リリース
録音 2009年 - 2010年3月
ジャンル ヘヴィメタル
時間
レーベル 徳間ジャパン/ジャパンレコーズ
プロデュース LOUDNESS
チャート最高順位
LOUDNESS 年表
THE EVERLASTING -魂宗久遠-
(2009年)
KING OF PAIN 因果応報
(2010年)
Eve to Dawn
(2011年)
テンプレートを表示

KING OF PAIN 因果応報(キング・オブ・ペイン いんがおうほう)はLOUDNESSの28枚目のアルバム。

内容[編集]

第6期LOUDNESSとしての本格的な活動となった本作は原点回帰と言えるような新作を軸にして制作した。本作における楽曲の多くはギターリフの構成や楽曲の展開を重視し、高崎晃のギターソロパートは控えめとなっている。
「Where am I going?」では高崎晃がLOUDNESSで2曲目となるリードボーカルを担当。

収録曲[編集]

  1. REQUIEM
  2. THE KING OF PAIN
  3. POWER OF DEATH
  4. DEATH MACHINE
  5. DOODLEBUG
  6. Rule The World
  7. Straight out of our soul
  8. Where am I going?
  9. EMMA
  10. NARAKA
  11. DOCTOR FROM HELL
  12. HELL FIRE
  13. #666
  14. NEVER COMES
作詞:二井原実(#2 - 14), Bob Dyer(#2, 12), 金澤隆志(#3 - 6, 9 - 10, 13 - 14), Ken Ayugai(#7), JJ(#8), Ray Higa(#11)
作曲:高崎晃 編曲:LOUDNESS(#ALL)

参加ミュージシャン[編集]

関連項目[編集]