ビル・チャンプリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ビル・チャンプリン(2008年)

ビル・チャンプリンBill Champlin1947年5月21日 - )はアメリカミュージシャンシカゴの元メンバー。サンズ・オブ・チャンプリンのメンバー。グラミー賞受賞者。

略歴[編集]

カリフォルニア州オークランド生まれ。1965年サイケデリック・ロック・バンドのサンズ・オブ・チャンプリンを結成。セールスには恵まれぬも、1977年に脱退・解散するまで地道に活動を続ける。1978年デヴィッド・フォスターに見出され、アルバム「独身貴族」でソロ・デビュー。これ以外にもバックアップ・ヴォーカルなどで数々のレコーディングに参加。

作曲家としても1979年デヴィッド・フォスタージェイ・グレイドンと共作したアース・ウィンド&ファイアーの「After The Love Has Gone」(『黙示録』収録)でグラミー賞の最優秀R&B楽曲賞を受賞。1983年にはグレイドン、スティーヴ・ルカサーと共作したジョージ・ベンソンの「Turn Your Love Around」でも同賞を受賞。

1981年、シカゴに加入。「ルック・アウェイ」などのヒット曲のメイン・ヴォーカルで渋い存在感を見せた。 その後、シカゴの活動と並行しながら、ソロ・アルバムの制作やセッション活動やサンズ・オブ・チャンプリンの再結成など多岐に渡り活動。

キーボードとギター、両方を操ることができる彼はバンドの中で大きな存在となり、故テリーキャスの歌うパート、ほとんどすべてを歌っている。(Introduction、Color My Worldを含む)。

2009年8月、シカゴを脱退する事を発表[1]。近年では元シカゴの、ダニーセラフィンのバンドCTA(カルフォルニアトランジットオーソリティー)にゲスト参加して、シカゴの名曲の数々を披露している。

2017年に放送されたシカゴのドキュメンタリー番組でのインタビューを拒否し、彼に関することはメンバーのジェイムズパンコウ のインタビューで言及されたことのみのなっている。

逸話[編集]

1994年EAST END×YURIの大ヒット曲「DA.YO.NE」はバックトラックとしてジョージ・ベンソンの「Turn Your Love Around」をサンプリングしていたが、当時来日していた作曲者のチャンプリンが偶然これを耳にして無断使用が発覚。レコード会社に異議を申し立て、後に使用料の支払いで和解している。

主要作品[編集]

  • 1978年 Single(独身貴族)
  • 1980年 Runaway(ランナウェイ)
  • 1990年 No Wasted Moments(存在をかさねて)
  • 1992年 Burn Down The Night(バーン・ダウン・ザ・ナイト)
  • 1994年 Through It All(スルー・イット・オール)
  • 1995年 He Started To Sing(スターテッド・トゥ・シング)
  • 1997年 Mayday(メイディ)
  • 2008年(11月5日) No Place Left To Fall(ノー・プレス・レフト・トゥ・フォール)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://www.billchamplin.net/pressrelease.htm Bill Champlin Official Website. BILL CHAMPLIN COMES FULL CIRCLE, LEAVING HERITAGE ROCK BAND CHICAGO TO RETURN TO HIS SOLO CAREER

外部リンク[編集]