McKee

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
McKee
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 1995年 - 1996年
レーベル 東芝EMI
メンバー 高山理衣
国生さゆり
室井滋

McKee(マッキー)は、日本テレビバラエティー番組、『ウッチャンウリウリ!ナンチャンナリナリ!!』から誕生した音楽ユニット

メンバー[編集]

( )内は南々見のつけたキャッチフレーズ

概要[編集]

1995年秋、音楽プロデューサー・南々見一也の企画でMcKeeを立ち上げる。当初は高山理衣のソロの企画であったがレコード会社の要請で急遽女性3人組ユニットにすることになる。その選考で国生さゆり、室井滋がメンバー入り。唯一落選した千秋テル独活野とともにポケットビスケッツ(通称ポケビ)を結成。

1996年、デビュー曲『Can't Stop My Heart』を発表。2月18日フィリピンで発売。発売日までの間、フィリピンのテレビ番組やラジオ番組出演しプロモーション活動を行った。また、発売日の前日に行ったポケビとの「スーパーピノイ対決」に勝利し発売日のイベントで先に歌える権利を獲得。発売日当日、マニラのSMメガモールでイベントを行う。そして、4月17日日本デビュー。しかし、ポケビとの「500円CD対決」に敗れユニットは自然消滅した。

ユニット名はマジックペンをみて理衣がつけた。(ちなみに国生は、「おニャン子クラブ」と自分がかつて所属していたグループ名を平然と提案し、ものの見事に却下された)

南々見がユニットのメンバーを発表した際、出演者で唯一の歌手志望だった千秋は自分が当然選ばれると思ったが、落選してしまった為に本気で涙を流してしまう。(この瞬間から千秋は泣き虫キャラに変貌した)横にいた内村が「第二のマモーミモー(かつてウンナンが出演したコント番組「ウッチャンナンチャンのやるならやらねば」のコント内で内村とちはるが発売させてヒットさせた曲)作ってやるダニ!」とかばったのがポケビ結成のきっかけとなる。(ユニット名に関してはウドが命名)この時、千秋ほど歌手になりたいと思っていなかった高山は「私、千秋ちゃんと代わっても良いですよ」と南々見に提案したが却下されている。なお室井も国生も気遣う様子を見せ、南々見に関しては、泣いた瞬間に焦ってしまっていた。

フィリピンでデビューした当初、南々見一也と番組はMcKeeをプッシュする為にラジオやテレビ番組にMcKeeのみを出演させ、看板までも作らせた。ポケビはあくまでおまけとして扱われ、勝俣にも「前座だ!」と言われていたが、いざコンサートを開くと、反響が大きかったのはポケビの方だった。日本国内でもMcKee・ポケットビスケッツの曲を販売し売り上げ対決(勝った方は番組エンディング曲となる)した結果オリコン初登場McKeeが28位、ポケビは25位とポケビが勝利した。その後元々歌手活動に消極的だったメンバーだった事と番組にもメンバー三名が出演頻度自体減ったこともありMcKeeは自然消滅した。

元おニャン子の国生や室井は歌手としてCD・レコードをリリースしており、一定以上の歌唱力は持っていたものの、歌手の経験が全く無かった高山理衣はお世辞にもうまいとは言えない歌唱力であった為に、フィリピンのレコード会社は苦笑していた。(それが原因で、3人組デビューをする事となった)

南々見一也は作詞を担当したと書かれているが、実際はスタッフが作っていたと後に告白している。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  1. Can't Stop My Heart(1996年4月17日)(作詞:南々見一也、平出よしかつ 作曲:後藤次利 編曲:後藤次利)
    オリコン最高位28位
    フィリピンでは1996年2月18日発売

カセットテープ[編集]

1996年にフィリピンで発売された。Rapturous Blue以外はMcKeeメンバーがタガログ語の歌詞で歌っている。Rapturous Blueは千秋による英語版が収録されている。

SIDE A

  1. SANA(日本題:「Can't Stop My Heart」)
  2. KAHIT PA
  3. AKO AY MAGHIHINTAY(酒井法子碧いうさぎ」のカバー)
  4. UFO(ピンク・レディーUFO」のカバー)

SIDE B

  1. IKAW LAMANG(藤谷美和子+大内義昭愛が生まれた日」のカバー)
  2. BAKIT BA GANITO(中森明菜12の神話」のカバー)
  3. HINDI KAYA(森高千里私がオバさんになっても」のカバー)
  4. RAPTUROUS BLUE(日本ではポケットビスケッツの楽曲として発売)

関連項目[編集]