仙台国際ホテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
仙台国際ホテル
Sendai Kokusai Hotel
Sendai Kokusai Hotel.JPG
仙台国際ホテル
ホテル概要
正式名称 仙台国際ホテル
ホテルチェーン 東武ホテルチェーン
階数 地下2階 - 地上13階
レストラン数 10軒
部屋数 234室
スイート数 2室
延床面積 24,862.88 m²
駐車場 80台
開業 1989年平成元年)10月14日
最寄駅 JR/SS仙台駅
SS五橋駅
最寄IC 東北自動車道仙台宮城IC
仙台南部道路長町IC
所在地 〒980-0021
宮城県仙台市青葉区中央4丁目6-1
位置 北緯38度15分25.2秒
東経140度52分40.1秒
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示
SS30(写真中央)と仙台国際ホテル(左手前)

仙台国際ホテル(せんだいこくさいホテル)は、仙台市都心部東二番丁通り国道4号)沿いにある東武ホテルチェーンホテル超高層ビル住友生命仙台中央ビル (SS30) と同じブロック内にある。

概要[編集]

西を東二番丁国道4号)、南を北目町通、東を東三番丁、北を柳町通に囲まれた敷地面積15,555.74m2のブロックの北側部分にある。同ブロックの南側部分には住友生命仙台中央ビル (SS30)、東側にはセントラルフィットネスクラブ仙台がある。

建築面積3,112.68m2、延床面積24,862.88m2、客室数234室(収容人数276名)、宴会場15、飲食店6(フレンチ、中国料理、和食、バー、ラウンジ、デリカショップ)を擁し、仙台市内では有数の規模である。SS30の30階にもホテル直営のレストランがある。

1989年平成元年)10月14日開業。前年の1988年昭和63年)7月11日に開業した仙台ターミナルホテル(現・ホテルメトロポリタン仙台)と共に、仙台のバブル景気期を代表するホテルである。

沿革[編集]

宮城学院「東二番丁校地」の跡地に建つ。同ブロック取得までの経緯は「住友生命仙台中央ビル#沿革」参照。

東武鉄道連結子会社である株式会社仙台国際ホテルが運営していたが、債務超過に陥ったため解散し、新会社が経営を行っている[1]

不祥事[編集]

2016年にフレンチレストラン「セラン」に勤務する障害等級4級の20代女性が、40代男性料理長から「お前の触った物を触ると障害がうつる」と暴言を吐かれ、殴る蹴るの暴力を受けた[2]。また別の40代の男性従業員からも「食材を取ってくるのが遅い」と言われた上で顔や首をわしづかみにされ、女性所有の包丁ケースに性的な内容を落書きをされた。また2016年秋頃には、20代の男性従業員から調理場のガス台の近くに無理やり頭を押さえつけられ、頭髪を焼かれたという。 被害者女性の訴えを受け、ホテル側は事実を認めて謝罪した[3]

アクセス[編集]

車寄せ(ポーチ)は柳町通沿いにある。

周辺[編集]

SS30(左)と仙台トラストシティ(右)の高層ビルの間の写真中央下に仙台国際ホテルが見える(AERから撮影)

東二番丁を挟んで向かい側に「ウェスティンホテル仙台」が入居する仙台トラストシティがある。また、周辺にはタワーマンションが数棟建っている(五橋参照)。

同じブロック内
周辺ブロック

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]