この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

東武ホテルグループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

株式会社東武ホテルマネジメント
Tobu hotel Management Co.,Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
130-0013
東京都墨田区錦糸一丁目2番2号
東武ホテルレバント東京5階
設立 1990年11月15日
業種 サービス業
事業内容 ホテル事業
代表者 代表取締役社長 重田敦史
資本金 2億8,000万円
売上高 140億9,350万円(平成28年度)
純利益 9627万6000円(2019年03月31日時点)[1]
総資産 43億2313万3000円(2019年03月31日時点)[1]
従業員数 632名 (平成29年4月1日現在)
決算期 3月
主要株主 東武鉄道株式会社 100%
関係する人物 酒見重範(元社長)
外部リンク http://www.tobuhotel.co.jp/
テンプレートを表示

東武ホテルグループ(とうぶホテルグループ)は、東武グループ内各社の運営するホテルのグループ名称である。

概要

東武グループ内の各社では、1965年設立の株式会社東武ホテル[2]やホテル専業の運営会社の他、東武食品サービス株式会社等がホテルを兼業して各社それぞれ独立して運営していた。その後2000年に株式会社東武ホテルおよび他6社が[3]合併しホテル専業の会社として設立された株式会社東武ホテルマネジメントを中心に、現在でも東武グループ内の各社が運営している。

グループホテル一覧

東武ホテルマネジメント運営のホテル

下記のうち、東武ホテルレバント東京、コートヤード・マリオット銀座東武ホテル、成田東武ホテルエアポートは同じ東武グループである東京スカイツリーのオフィシャルホテルである[4]

東武グループ資本参加のホテル

  • 運営:東武緑地株式会社
    1994年4月に開業。
  • 運営:仙台国際ホテル株式会社
    1989年10月に開業。1990年3月に東武グループが資本参加。
  • 上尾東武ホテル
    運営:東武食品サービス株式会社
    1984年9月開業。JR高崎線上尾駅東口アリコベールのホテル区画。
  • 運営:東武食品サービス株式会社
    1996年9月「野田東武ホテル」として開業。日帰り入浴施設「東武スパリゾート 野田潮の湯」(1998年開業)が隣に併設された。2011年に、ホテル&スパリゾート社に譲渡され「ホテルグランボワ」となったが、2016年5月に営業終了した[8]。2016年12月に再度東武食品サービスが「ビジネスホテル野田」としてオープン[9]
  • 運営:金谷ホテル株式会社
    1873年に「金谷カッテージ・イン」として開業。1893年、現在地に「金谷ホテル」として移転。2016年9月に金谷ホテル株式会社が東武鉄道の子会社になる。
  • 中禅寺金谷ホテル
    運営:金谷ホテル株式会社
    1940年に「日光観光ホテル[10]」として開業。1965年に「中禅寺金谷ホテル」に改称。2016年に日光金谷ホテルと共に東武グループ入り。

アストリアホテル

東武グループが直接・間接で出資しているリゾートホテル。

新規オープン予定

  • 名称未定((仮称)和光市南口駅ビル東武ホテル) - 2020年春開業予定。株式会社東武ホテルマネジメントが運営予定。
  • 名称未定((仮称)浅草東武ホテル) - 2020年夏開業予定。株式会社東武ホテルマネジメントが運営予定。
  • ACホテル・バイ・マリオット東京銀座 - コートヤード・マリオット銀座東武ホテルに隣接する東武鉄道所有地に、2020年夏開業予定。株式会社東武ホテルマネジメントが運営予定。
  • 名称未定((仮称)東武ホテル川越駅西口駅前 )- 2020年開業予定。株式会社東武ホテルマネジメントが運営予定。
  • ザ・リッツ・カールトン日光 - 2020年7月開業予定[11]。新しく設立される新会社により運営予定。

かつて東武グループが運営・出資していたホテル

閉鎖したホテル

  • 浦和市内初の近代型シティホテルとして1991年10月に開業、2008年6月30日閉館。
  • 宇都宮東武ホテル(旧)
    東武宇都宮駅併設の東武宇都宮百貨店増床と併せて1973年3月に開業。同店の9階から12階にあった。
    1981年5月、株式会社東武ホテルへ営業譲渡。
    宇都宮東武ホテルグランデ開業後も「東武イン宇都宮」として営業していたが1993年9月に閉館。
  • 日光レークサイドホテル
    運営:東武興業株式会社
    1894年創業、1966年東武グループが資本参加。中禅寺湖畔の中禅寺バスターミナル隣接地に位置していた。
    2016年1月で閉館。2016年時点では営業の一時休止、リニューアルオープン予定との告知だったが[12]、2017年中に建物はすべて取り壊された。同地には東武グループ内の別会社により2020年に「ザ・リッツ・カールトン日光」が開業予定。

東武以外の資本となったホテル

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ a b 株式会社東武ホテルマネジメント 第30期決算公告
  2. ^ 1965年10月1日東武ホテル株式会社として設立、1971年12月1日株式会社東武ホテルに商号変更。
  3. ^ 株式会社東武ホテル、株式会社土浦東武ホテル、株式会社川越東武ホテル、株式会社銀座東武ホテル、株式会社成田東武ホテル、株式会社宇都宮東武ホテル、株式会社錦糸町東武ホテル。
  4. ^ ホテル/トラベル情報 | 東京スカイツリー TOKYO SKYTREE
  5. ^ 「レバント」とは、「東」「太陽の昇る方向」を意味するラテン語。スズキ・エスクードOEM車、マツダ・プロシードレバンテの語義もほぼ同じ。
  6. ^ sausalito (2014年8月12日). “空港道路に分断された取香の2つの顔”. 成田に吹く風. 2017年10月22日閲覧。
  7. ^ 原口和久『成田空港365日』崙書房、2000年、172頁。
  8. ^ ホテルグランボワ、5月31日で営業終了 千葉(産経ニュース 2016年1月16日 2017年9月4日閲覧)
  9. ^ ビジネスホテル野田
  10. ^ 砂本文彦 (2008). 『近代日本の国際リゾート 一九三〇年代の国際観光ホテルを中心に』. 青弓社. 
  11. ^ 「ザ・リッツ・カールトン日光」2020年7月開業予定 トラベルWatch(2016年11月7日)
  12. ^ 日光レークサイドホテルのリニューアル計画に伴う営業の一時休止について 東武鉄道(2014年11月11日)
    日光レークサイドホテル

関連項目

外部リンク