蔵王ロープウェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
蔵王ロープウェイ株式会社
Zao Ropewayedical
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
990-2301
山形県山形市蔵王温泉229
設立 1961年8月
業種 陸運業
法人番号 9390001000654
事業内容 索道(ロープウェイ)事業、ホテル事業
代表者 代表取締役社長 大木 剛裕
資本金 3億円
決算期 3月31日
主要株主 東武鉄道株式会社
外部リンク http://www.zaoropeway.co.jp/
テンプレートを表示

蔵王ロープウェイ(ざおうロープウェイ)は山形県山形市蔵王温泉の蔵王山麓駅と蔵王地蔵山頂駅を結ぶ索道、およびそれを運営する鉄道会社の名前である。

蔵王山麓駅~樹氷高原駅間は「山麓線」、樹氷高原駅~蔵王地蔵山頂駅間は「山頂線」となっている。両線とも冬季はスキー客、樹氷観光客、夏季は観光・登山客を対象としている。

山麓線[編集]

新緑の山麓線
  • 運行方式:複線交走式ロープウェイ

かつては山頂線への連絡として観光客・スキー客の利用が多く、乗車整理券を取っても待ち時間が大幅に長かったが、現在は山頂線のリニューアル(後述)によりスキー客はリフト乗り継ぎにシフトしている。冬季間はほぼ毎日乗車整理券を発行している。(最近ではあまりしなくなった)待ち時間は整理券の指定時間より20~30分程度である。

  • 設計、製作

安全索道

山頂線[編集]

  • 運行方式:複式単線自動循環式(DLM)フニテル(2003年12月~)

スキー客にはリフト経由で樹氷高原駅へ到達できるが、地蔵山頂駅へは山頂線しか交通機関がないため、山麓線同様、乗車整理券を発行して待ち時間が長かった。2003年12月に箱根ロープウェイで運用される「フニテル」が日本のスキー場で初めて架設、輸送量が大幅に増え、山頂までの所要時間が短縮された。年中を問わず乗車整理券は発行されない。山麓線とは異なり、待ち時間は10~15分程度と少なめである。なお、2003年12月以前の運行方式は、山麓線と同じ複線交走式ロープウェイである。

  • 設計、製作

日本ケーブル

駅一覧[編集]

蔵王地蔵山頂駅
ロープウェー駅内部
  • 蔵王山麓駅
    蔵王温泉スキー場の「横倉ゲレンデ」に位置する。駅構内は長い階段で覆われている。
    駅周辺には、蔵王温泉・蔵王ユートピアスキースクール本部がある。
  • 樹氷高原駅 - 山麓線・山頂線乗り換え駅
    蔵王温泉スキー場の「百万人ゲレンデ・ユートピアゲレンデ」の中間に位置する。2003年12月、山頂線のリニューアルに伴い山頂線の駅を改築。簡素な駅舎になる。山麓線の樹氷高原駅は樹氷資料館が併設されている。
  • 蔵王地蔵山頂駅
    蔵王ロープウェイの終点である。蔵王温泉スキー場としては、「樹氷原コース」(ザンゲ坂)の起点となっている。冬季はスキーだけでなく、樹氷の観光客の利用も多い。駅舎には食堂があり、屋上は展望台となっている。しかし、山頂駅付近は冬季は天候が悪くなりやすく、きれいに樹氷を撮影できるのはまれである。

外部リンク[編集]