東武ステーションサービス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東武ステーションサービス株式会社
Tobuhonsha.jpg
本社(東武館)
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
131-0045
東京都墨田区押上二丁目18番12号
設立 2003年平成15年)8月1日
業種 陸運業
法人番号 1010601029535
事業内容 駅業務、駅構内営業の運営管理業務、駅の出改札業務および案内、自動販売機の管理、自動車駐車場管理、駅施設の管理、広告宣伝に関する業務、旅行業など
代表者 代表取締役社長 尾形 正昭
資本金 2,500万円
売上高 65億600万円(2011年12月期決算)
従業員数 1,866名(2017年4月1日現在)
主要株主 東武鉄道株式会社(100%保有)
外部リンク http://www.tobu.co.jp/station-s/
テンプレートを表示

東武ステーションサービス株式会社(とうぶステーションサービス)は、東武鉄道が100%出資する子会社で、東武鉄道の駅のうち他の鉄道事業者へ委託している押上新藤原相老赤城寄居越生を除く全駅の駅業務を受託し駅運営を行っている企業である(2015年7月1日現在)。

駅運営業務のほかに東武日光駅鬼怒川温泉駅など観光案内が必要な駅では旅行案内業務などの運営を行っている。また、経験を積んで東武鉄道本体に転籍車掌運転士になることも可能である。

業務受託駅[編集]

2018年2月6日現在 東武鉄道の管理する全駅

(他の鉄道事業者への委託となる押上(東京メトロ)・新藤原(野岩鉄道)・相老(わたらせ渓谷鐵道)・赤城(上毛電気鉄道)・寄居(秩父鉄道)・越生(JR東日本)は除く)

駅長助役は東武鉄道からの出向という形をとっている。

その他[編集]

  • 発足当初より、受託駅の駅員の制服は東武鉄道と全く同じである。よって、外見からは分かりにくい。
  • 発足当初は伊勢崎線系統館林駅より北側・日光線系統新栃木駅より北側の64駅(赤城・相老・伊勢崎・新藤原の各駅を除く)であった。
  • 東武鉄道の公式ホームページなどでの公式発表は特になかったものの、その後受託駅が増加した。
  • 2015年7月1日より、全駅受託となり、有人駅全てが東武ステーションサービス担当駅となる。

他の主な子会社[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]