赤城駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
赤城駅
駅舎(2004年2月)
駅舎(2004年2月)
あかぎ
Akagi
群馬県みどり市大間々町大間々2445-3
所属事業者 上毛電気鉄道
Tōbu Tetsudō Logo.svg 東武鉄道
電報略号 アカギ(東武)
駅構造 地上駅
ホーム 2面4線
乗降人員
-統計年度-
(東武鉄道)1,266 (上毛電気鉄道) 677人/日
-2012年-
開業年月日 1928年昭和3年)11月10日
乗入路線
所属路線 上毛電気鉄道上毛線
キロ程 19.6km(中央前橋起点)
東新川 (0.9km)
(2.2km) 桐生球場前
所属路線 TI 東武桐生線
駅番号 TI 57
キロ程 20.3km(太田起点)
TI 56 相老 (3,4km)
備考 共同使用駅(管理は上毛電気鉄道)
テンプレートを表示
上毛電鉄ホーム(2010年9月)

赤城駅(あかぎえき)は、群馬県みどり市大間々町大間々にある、上毛電気鉄道東武鉄道

上毛電気鉄道の上毛線と、東武鉄道の桐生線が乗り入れ、接続駅となっている。東武桐生線の駅番号はTI 57であり、同線の終点でもある。

歴史[編集]

駅構造[編集]

上電は島式ホーム1面2線、東武は頭端式ホーム1面2線を有する地上駅で、上電が駅業務を行う有人駅である。駅事務所や改札口、コンコースは両社同一であるが、利用形態の違いから、両社線それぞれ出札口がある。駅舎内には待合室や売店が設置されている。

改札内は両社共通で、駅舎と各ホーム間は構内踏切により連絡している。東武桐生線と上電上毛線は構内で線路が接続されており、かつては貨車の授受のほか、旅客列車の直通も行われた時期もある。PASMO、SuicaなどのICカードは簡易改札機による対応であるが、東武のみ利用可能であり上電では利用できない。東武をICで利用してそのまま上電に乗り換える場合(その逆も)は上電ホーム上の乗換用簡易改札機にタッチする必要がある。

特急りょうもう」の大半の列車は当駅を発着している。夜間は東武線ホームに普通列車用8000系2本、かつての貨物列車用設備を転用した留置線引き上げ線に「りょうもう」用200・250系が3本夜間滞泊する。

駅前にはバスタクシー乗り場がある。

のりば[編集]

番線 会社 路線 方向 行先
1 上電 上毛線 下り 西桐生方面
2 上り 大胡中央前橋方面
3・4 東武鉄道 TI 桐生線 - 太田TI 伊勢崎線 館林TS 東武スカイツリーライン 北千住とうきょうスカイツリー浅草方面

付記[編集]

  • 上電は、一部時間帯を除いて前橋方面行きと桐生方面行きの列車が列車交換をする。これにより桐生方面行きは約4分ほどの停車時間調整がある。
  • 東武ホームでは、運転士出発信号機が開通したことを知らせるメロディが流れる。列車発車後も信号が赤に変わるまで流れる。導入当初は「森のくまさん」が流れていたが、2013年3月に「静かな湖畔」に変更された。

利用状況[編集]

  • 東武鉄道 - 2013年度の1日平均乗降人員1,214人である。

近年の推移は以下のとおり。

年度 東武鉄道
1日平均
乗降人員
2001年(平成13年) 1,055
2002年(平成14年) 1,068
2003年(平成15年) 1,066
2004年(平成16年) 1,121
2005年(平成17年) 1,112
2006年(平成18年) 1,175
2007年(平成19年) 1,138
2008年(平成20年) 1,092
2009年(平成21年) 1,030
2010年(平成22年) 1,112
2011年(平成23年) 1,180
2012年(平成24年) 1,266
2013年(平成25年) 1,214

駅周辺[編集]

駅近傍にはみどり市営赤城駅西口駐車場がある。

隣の駅[編集]

上毛電気鉄道
上毛線
東新川駅 - 赤城駅 - 桐生球場前駅
Tōbu Tetsudō Logo.svg 東武鉄道
TI 桐生線
普通
相老駅 (TI 56) - 赤城駅 (TI 57)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ 「鉄道記録帳2003年1月」、『RAIL FAN』第50巻第4号、鉄道友の会、2003年4月1日、 26頁。