静かな湖畔の森の影から

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

静かな湖畔の森の影から」(しずかなこはんのもりのかげから)は、日本の童謡輪唱でよく歌われる。

作詞は山北多喜彦で、1936年にYMCA野尻湖キャンプ場で作られた。 [1] 曲はもともとスイスドイツ語童謡Auf der Mauer, auf der Lauer」ともアメリカの童謡「Itsy Bitsy Spider」ともいわれているが、[2] 一番の歌詞でカッコウの鳴き声、二番の歌詞でフクロウの鳴き声を真似るのは、日本独特のものである。

メロディーの一部がKen-Dの『The 7 Jump』(ダンスマニア夏物語に収録)に引用されている。

脚注[編集]

  1. ^ 新堀那司著『野尻湖物語』(信濃町文化によるふる里おこしの会、1996年):週間長野アーカイブ(2012年)に引用されている。
  2. ^ 『静かな湖畔の森の影から』のオリジナルの曲名とオリジナルの歌詞

外部リンク[編集]