新桐生駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
新桐生駅
新桐生駅(2012年9月)
新桐生駅(2012年9月)
しんきりゅう
Shin-kiryū
TI 54 阿左美 (1.7km)
(2.3km) 相老 TI 56
所在地 群馬県桐生市広沢町二丁目2990-4
駅番号 TI 55
所属事業者 Tōbu Tetsudō Logo.svg 東武鉄道
所属路線 TI 桐生線
キロ程 14.6km(太田起点)
電報略号 キフ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗降人員
-統計年度-
2,086人/日
-2016年-
開業年月日 1913年大正2年)3月19日
テンプレートを表示
改札口(2011年9月)
改札口(2011年9月)
ホーム(2011年9月)
ホーム(2011年9月)

新桐生駅(しんきりゅうえき)は、群馬県桐生市広沢町一丁目にある東武鉄道桐生線である。駅番号はTI 55

東武鉄道における桐生市の玄関駅で、特急りょうもう」の停車駅となっている。また、桐生線・小泉線の簡易委託駅の統括駅になっている。

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、計2面3線を有する地上駅。駅舎は太田方面ホーム側にあり、赤城方面ホームとは地下道により連絡している。赤城方面ホームの外側1線は留置線として使用され、営業列車の発着はない。

駅舎は1988年(昭和63年)に改築されたものであり、時計塔と風見鶏の外観が特徴。天井には十二支をあしらった方位盤がデザインされ、ステンドグラスも設けられている。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 TI 桐生線 上り 太田TI 伊勢崎線 館林
TS 東武スカイツリーライン 北千住とうきょうスカイツリー浅草方面
2 下り 赤城方面

利用状況[編集]

2016年度の1日平均乗降人員2,086人である。桐生線内の単独駅では最も多い。

近年の1日平均乗降人員の推移は下記の通り。

年度 1日平均乗降人員
2001年(平成13年) 2,190
2002年(平成14年) 2,123
2003年(平成15年) 2,079
2004年(平成16年) 2,146
2005年(平成17年) 2,184
2006年(平成18年) 2,159
2007年(平成19年) 2,220
2008年(平成20年) 2,233
2009年(平成21年) 2,204
2010年(平成22年) 2,199
2011年(平成23年) 2,234
2012年(平成24年) 2,434
2013年(平成25年) 2,403
2014年(平成26年) 2,337
2015年(平成27年) 2,250
2016年(平成28年) 2,086

駅周辺[編集]

路線バス[編集]

乗場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
  川内線 厚生病院桐生駅北口、小倉会館前、川口北小学校前 名久木 おりひめバス
厚生病院、桐生駅北口、小倉会館前、川口北小学校前 吹上
梅田線 厚生病院、桐生駅北口、群馬大学工学部正門前、桐生女子高 梅田ふるさとセンター前
新桐生駅 - 桐生女子高線 錦町二丁目、桐生駅北口、群馬大学工学部正門前、桐生女子高前 上菱団地
錦町二丁目、群馬大学工学部正門前 桐生女子高前
菱線(左循環) 厚生病院、桐生駅北口、群馬大学工学部正門前、菱小学校前、米沢 桐生駅北口
菱線(右循環) 厚生病院、桐生駅北口、桐生スケートセンター、米沢、菱小学校前 桐生駅北口
境野線 厚生病院、桐生駅北口、総合福祉センター前、境野町七丁目 小俣駐在所前
厚生病院、桐生駅北口、総合福祉センター前、境野町七丁目 桐生温泉湯らら
広沢線 厚生病院 桐生駅北口
広沢線 広沢町五丁目 桐生温泉湯らら
岡ノ上団地、広沢町五丁目 桐生温泉湯らら

隣の駅[編集]

Tōbu Tetsudō Logo.svg 東武鉄道
TI 桐生線
普通
阿左美駅 (TI 54) - 新桐生駅 (TI 55) - 相老駅 (TI 56)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]