谷川岳ロープウェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
谷川岳ロープウエー株式会社
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
131-0045
東京都墨田区押上二丁目18番12号
設立 1959年9月15日
業種 陸運業
法人番号 4010601012967
代表者 池田直人(取締役社長)
資本金 1億3000万円
主要株主 東武興業 100%
外部リンク http://www.tanigawadake-rw.com/
テンプレートを表示
谷川岳ロープウェイ

谷川岳ロープウェイ(たにがわだけロープウェイ)は、群馬県利根郡みなかみ町湯檜曾字湯吹山国有林にあるロープウェイである。運営者は谷川岳ロープウエー株式会社東武グループ東武興業系)であり、土合口駅 から 天神平駅 までの 2300m を結んでいる。

2005年平成17年)9月13日に複式単線自動循環式 (DLM) フニテルを用いた新索道新型ロープウェイに切り替えられ、旧路線施設は撤去した。

運転方式[編集]

駅一覧[編集]

  • 土合口駅(地図
    標高746m、JR東日本上越線土合駅より徒歩15分の場所に位置する。上毛高原駅水上駅から関越交通の路線バスが連絡している。
    立体駐車場、レストラン、休憩施設を有する「谷川岳ベースプラザ」(1997年開設。7階建て)を併設する。「谷川岳ベースプラザ」は開設当初から 6階ロビーと駐車場全体を24時間開放し、登山客らの利用に供していたが、火気を使用する客が多く危険なため、2013年から24時間開放するスペースを駐車場の1階部分のみに縮小している。
  • 天神平駅(地図
    標高1319mの山腹に位置し、近隣一帯は天神平スキー場となっている。
    眺望の良い天神峠展望台(標高1502m)まで行くには、さらに天神峠ペアリフトに乗り継ぐ必要がある。

設計製作[編集]

  • (株)安全索道(複線自動循環式)( - 2005年平成17年)8月
  • (株)日本ケーブル(複式単線自動循環式 (DLM) 「フニテル」)(2005年平成17年)9月 - )

関連項目[編集]

外部リンク[編集]