ホテルメトロポリタン仙台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
JR東日本ホテルズ > メトロポリタンホテルズ > ホテルメトロポリタン仙台
ホテルメトロポリタン仙台
Hotel Metropolitan Sendai
ホテルメトロポリタン仙台
ホテルメトロポリタン仙台
ホテル概要
ホテルチェーン メトロポリタンホテルズ
運営 仙台ターミナルビル
所有者 仙台ターミナルビル
階数 1 - 21階
レストラン数 5軒
部屋数 300室
スイート数 3室
駐車場 70台
最頂部 86.0m
開業 1988年昭和63年)7月11日
最寄駅 仙台駅
最寄IC 東北自動車道仙台宮城IC
所在地 〒980-8477
宮城県仙台市青葉区中央1丁目1-1
位置 北緯38度15分31.9秒 東経140度52分52.2秒 / 北緯38.258861度 東経140.881167度 / 38.258861; 140.881167座標: 北緯38度15分31.9秒 東経140度52分52.2秒 / 北緯38.258861度 東経140.881167度 / 38.258861; 140.881167
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

ホテルメトロポリタン仙台(ホテルメトロポリタンせんだい)は、仙台市青葉区にある東日本旅客鉄道グループのホテルチェーン(JR東日本ホテルズ)であるメトロポリタンホテルズの1つである。運営は仙台ターミナルビル

概要[編集]

17種類300室の客室が存在するシティホテル。シティホテルでは珍しい和室を備え、仙台駅から徒歩1分(建物自体はエスパルを介して直結している)の好立地が特徴。

1988年開業。翌1989年10月14日に開業した仙台国際ホテルと共に、仙台のバブル景気期を代表するホテルである。

プロ野球Jリーグの球団の宿舎としてもよく利用されている。パシフィック・リーグでは、オリックス・バファローズを除いた4球団が当ホテルを利用している。

館内[編集]

1、2階はロビーおよびレストラン、バーとして利用される。3階から5階及び21階がコンベンション施設、6階から20階が客室となっている。

2018年2月16日には、開業30周年記念事業の一環として改装していた19、20階における客室のリニュアール工事が完了。「エグゼクティブフロア」としてオープンした[1]。 またホテルメトロポリタン仙台は、ほかのフロアもインバウンドや国際会議での利用増を見込み順次改装に着手するとしている[2]

部屋数は以下の通り。

  • シングルルーム 132 室
  • ツインルーム 135 室
  • ダブルルーム 26 室
  • スイートルーム 3 室

レストラン[編集]

  • 旬菜グリル&カフェ「セレニティ」※
  • 日本料理・鉄板焼「はや瀬」※
  • 中国料理「桃李」
  • ロビーラウンジ「シャルール」
  • バー「ナイト」

※は朝食を提供するレストラン。

ホテルメトロポリタン仙台イースト[編集]

ホテルメトロポリタン仙台イースト
Hotel Metropolitan Sendai East
Hotel Metropolitan Sendai East.jpg
ホテル概要
ホテルチェーン メトロポリタンホテルズ
運営 仙台ターミナルビル
所有者 仙台ターミナルビル
階数 1 - 14階
レストラン数 1軒
部屋数 282室
スイート数 2室
開業 2017年6月19日
最寄駅 仙台駅
最寄IC 東北自動車道仙台宮城IC
所在地 〒980-8477
宮城県仙台市青葉区中央1丁目1-1
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

2017年(平成29年)6月19日、JR仙台駅東口に14階建の「ホテルメトロポリタン仙台イースト」が開業した[3]。新ホテルは1、2階に、隣接するエスパル仙台東館の増床エリアとして飲食店など約20店舗が入り、5階以上を客室とした[4]

沿革[編集]

  • 1988年(昭和63年)7月11日 -「仙台ターミナルホテル」として開業。
  • 1990年平成2年)7月1日 -「ホテルメトロポリタン仙台」に改称。
  • 2006年(平成18年)〜2010年(平成22年)- リニューアルを実施。
  • 2017年(平成29年)6月19日 - 「ホテルメトロポリタン仙台イースト」が開業。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]