仙台駅東西自由通路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
仙台駅東西自由通路(東口側入口、2017年)

仙台駅東西自由通路(せんだいえきとうざいじゆうつうろ、英称 : Sendai Stn. East & West Freepass)は、宮城県仙台市仙台駅の東西口を結ぶ歩行者用の自由通路である。

概要[編集]

仙台駅の西口と東口とを結ぶ連絡通路として、1978年3月に供用を開始した。完成以後、駅舎2階部から在来線のホームを越えて東口に至る、仙台駅を東西に横断する主要ルートとして認知されている。

通路の延長は約120m[1]、幅員は6m。歩行者通行量の増加と通路の老朽化に伴い、2013年より拡幅工事を着工、2016年3月18日完成。幅員は6mから16mに拡幅。また拡幅工事完了に合わせ、当道両側に多層階[注 1]の商業施設[注 2]エスパル仙台東館)の整備・新改札口(JR線東口改札)の新設が行われ[1]、24時間通行可能となった[2]

2016年5月13日より6月3日まで、JR東日本仙台支社によって当通路の愛称が募集され、7月1日、「杜の陽だまりガリレア」に決定した[3]

沿革[編集]

拡幅前の仙台駅東西自由通路(東口側入口、2007年)
  • 1978年昭和53年)3月 - 供用開始。
  • 2010年平成22年)9月7日 - 自由通路の改築に向けて、仙台市JR東日本が「仙台駅東西自由通路整備に関する確認書」を取り交わす[2]
  • 2012年(平成24年)1月19日 - 仙台市とJR東日本、仙台駅東西自由通路の整備に関する基本協定を締結[2]
  • 2013年(平成25年)3月27日 - 拡幅工事着工[4]
  • 2014年(平成26年)11月18日 - 通路の切り替え(南に迂回)を実施。
  • 2016年(平成28年)
    • 3月18日 - 新通路完成[5]
    • 7月1日 - 通路の愛称が「杜の陽だまりガレリア」に決定[3][6]

通行量[編集]

  • 1983年 : 約1.8万人/日[7]
  • 2010年 : 約6.4万人/日[7]

その他[編集]

  • 2015年2月11日から3月11日までの1ヵ月間、「日本東北六県感謝祭」にて寄せられた、台湾からの応援メッセージボード3枚を通路内にて掲示[8]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 拡幅工事開始以前は、ファストフード店をはじめとするロードサイド店舗が複数立地し、通路東端にて複合ビル「E-GATE」2階部と接続していた。
  2. ^ 北棟が地上4階建、南棟が地上6階建。

出典[編集]

  1. ^ a b 仙台駅2階東西自由通路拡幅、東口開発及び駅舎改修工事の着手について (PDF) 東日本旅客鉄道 仙台支社(2013年2月21日)[リンク切れ]
  2. ^ a b c 仙台駅周辺地区交通結節機能の強化について 仙台市
  3. ^ a b 仙台駅東西自由通路の愛称について (PDF) 東日本旅客鉄道 仙台支社(2016年7月1日)
  4. ^ 仙台駅東西自由通路拡幅・東口駅ビル新築工事起工式の開催について (PDF) 東日本旅客鉄道 仙台支社(2013年3月21日)[リンク切れ]
  5. ^ <仙台駅>東西自由通路と「東館」オープン 河北新報(2016年3月18日)
  6. ^ “JR仙台支社 仙台駅東西通路愛称決定”. 交通新聞 (交通新聞社). (2016年7月8日) 
  7. ^ a b 仙台駅周辺の大改造(仙台駅前広場再整備・自由通路再整備・帰宅困難者対策) (PDF) アーバンインフラ・テクノロジー推進会議
  8. ^ 台湾から東北応援 仙台駅にメッセージ掲示 河北新報(2015年2月20日) Archived 2015年2月24日, at the Wayback Machine.

関連項目[編集]