お色気大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
お色気大賞
ジャンル 聴取者投稿番組(バラエティ
放送方式 生放送(TBSラジオ)
放送期間 1979年 - 1985年1986年4月 - 2017年4月
放送時間 約12分
放送局 TBSラジオ
出演 大沢悠里
さこみちよ
テーマ曲 パーシー・フェイス・オーケストラ
追憶
特記事項:
上記の放送時間は、『ゆうゆうワイド土曜日版』放送時のスケジュール
テンプレートを表示

お色気大賞(おいろけたいしょう)とは、TBSラジオの『大沢悠里のゆうゆうワイド土曜日版』で放送していた、投稿コーナーである。

概要[編集]

「大沢悠里のゆうゆうワイド」時(1986年4月8日 - 2016年4月1日)
リスナーから「笑える、ユーモアのある、色っぽい」体験談を募集し、大沢がリスナーから届いた葉書、封書を読み、大沢、さこの2人が突っ込みを入れる。投稿された内容を大沢曰く「話を膨らませて」おり、大沢悠里の落語、演芸好き、特に『らんまんラジオ寄席』を担当した際に間近で、大物落語家を見聞きしたことが大きな力になっている[1]
採用者にはその内容により、5,000〜20,000円(5,000円区切り)の賞金。TBSラジオの特製ボールペン、バスタオル等のノベルティ グッズが贈られていた。ただし、スペシャルウィーク[注 1]に採用された場合は採用者全員に、20,000円の賞金が贈られていた。
ゆうゆうワイド終了が発表された2016年1月、1週早い2016年4月1日で終了することを番組内で発表したが、2016年4月9日より『大沢悠里のゆうゆうワイド土曜日版』のいちコーナーとして放送されること[注 2]となった。
「大沢悠里のゆうゆうワイド土曜日版」時(2016年4月9日 - 2017年4月1日)
「大沢悠里のゆうゆうワイド」過去の傑作選が放送されていたが、2017年2月にこのコーナーを終了することに大沢が番組内で触れ、2017年4月1日でコーナーが終了した。

出演[編集]

放送時間[編集]

大沢悠里のゆうゆうワイド時
  • 毎週金曜日 9:00 - 9:17頃
    • 『 - ゆうゆうワイド』午前9時台のコーナー「悠里の世間ニュース」で放送。スペシャルウィーク期間中はコーナーを拡大し、「悠里のおしゃべりカフェ」「ゆうゆうトークガーデン」「悠里の人生ゆうゆうトーク」「話のエッセンス」など、通常はゲストを交えたトーク枠でも作品を発表していた。新作発表は近年の慢性的なネタ不足のため、この枠も傑作選となっていた。また、大沢の体調が優れない場合も傑作選となっていた。
  • 毎週金曜日 12:05 - 12:20頃
    • 『大沢悠里のゆうゆうワイド 昼もゆうゆう120!』午後12時台のコーナー「ゆうゆうお昼のスーパートーク」で「お色気大賞コレクション」と題して、傑作選を放送していた。

大沢・さこが海外出張(阪急交通社ツアーへの同行)などで休みの場合は傑作選を含め、放送されなかった。小学校・中学校の夏休み、冬休み期間中は基本的に通常通り放送するが、稀に「小学生が聞いている」という理由で放送されないことがあった。

大沢悠里のゆうゆうワイド土曜日版時
  • 毎週土曜日 16:33 - 16:45頃[2]
    • 『大沢悠里のゆうゆうワイド』で採用されたリスナーから届いた体験談の中から、傑作選が放送されていた。

コーナー進行[編集]

発表される作品は『大沢悠里のゆうゆうワイド』時代は、放送前日の木曜日午後、大沢が一人で、葉書封書を選んで決定し、スタッフ・パートナーのさこは「どのような内容の体験談が読まれるかは事前に知らない」こと、「放送の際はスタッフ以外はスタジオに入れない」など、集中して放送していることを明らかにしている[3][出典無効][4][5]

コーナーはパーシー・フェイス・オーケストラ演奏の「追憶[注 3]をバックに、大沢が声色を駆使して面白おかしく作品を読み上げ、さこが笑いながら、合いの手を入れるパターンで進行する。

下記の人物のほか、話が盛り上がってくると講談風、浄瑠璃義太夫風、時代劇風、ご詠歌風に口演することもある[6][7]

体験談に登場する「マドンナ役」のさこの名前が随所で登場するが、大抵は大沢・さことの「掛け合い漫才」的な、コメディーリリーフ役としての登場である[8][出典無効]

作品の締めには、男性機能の老化がらみの色艶話では、陣内貴美子が「このっ、役立たずっ!!」と罵るなど、歌謡曲や『ゆうゆうワイド』に限らず、TBSラジオ出演者の過去の発言を加工したものが、おちゃらかしとして掛けられる。

通常は放送事故の際に使われる音源(「ただ今、一部お聞き苦しい点がありましたことを、お詫びいたします」)でさえも、おちゃらかしとして(わざと)使われては、大沢・さこが「こんな事言われてたら、4時間半みんなお聞き苦しいよ」と自虐的に言うことがある[注 4]

主な声色[編集]

他、多数[独自研究?]

締めに使われる主な音源パターン[編集]

歴史[編集]

起源は1979年昭和54年)、大沢が初めて担当した平日帯ワイド番組大沢悠里ののんびりワイド』に遡る。大沢は、各曜日パートナーをお色気キャラクターにした寸劇を仕立てたりしていた[注 9][9]

現在のパターンが確立されたのは1983年昭和58年)、艶笑話のパートナーが都家かつ江から、さこに代わった『のんびりワイド』末期。だが、『全国こども電話相談室』の模倣系色艶話をしていたこと[10][出典無効]などから「昼間からエロ話をするとは何事だ!!」という苦情が来てしまい、やむなく1985年(昭和60年)に『大沢悠里のがんばってますかー!昼はまるごと歌謡曲』の終了とともに封印された。

終了後、今度は「笑える色艶話がなくなって残念だ」と復活を希望する投書が届き、『大沢悠里のゆうゆうワイド』の1コーナーとして復活した。リスナーにとって「金曜朝の代名詞」と呼ばれたが、放送内容に苦情がなくなった訳ではなく、『ゆうゆうワイド』で賛否両論の意見を紹介することが近年にもあった[11]

『のんびりワイド』『がんばってますかー!』時代の録音は、当時マスターテープが高価で使い回していた関係で末期しか残っていないが、『ゆうゆうワイド』時代の録音は第1回よりストックされ、それらの特選集がカセットテープCDで発売されている。その後、2010年にコロムビアミュージックエンタテインメントから「新選お色気大賞」として、CD2枚組として発売された[注 10]

エピソード[編集]

  • 古くから個人情報保護に取り組み、「絶対匿名」で通し[注 11]、過去にトラブルが起きていないという。
  • 花屋でワレモコウを見た女の子が「ママ、ワレマンコウあるよ!!」、男の子がラーメン屋で餃子の餡(あん)を意味する「なまのアンコ」という文字を「ママのマンコ!!」などといったきわどい表現を含んだ作品もあり、これらが傑作選で再放送されるたび、大沢は「辞表を提出しよう…」「だめだな、若気の至りだ…」などとこぼしている。
  • 大沢はじめ自他共に「金曜日は人が変わる」「本来の大沢さんでしょ」とやりとりされる程、大沢悠里が入れ込んで語っている回が多数見受けられる[12][出典無効]
  • TBSアナウンサー小林悠は、このコーナーの大ファンであることを公言。大沢との対談の際、お色気大賞のCDを大沢からプレゼントされた。小林は自身のラジオ番組「ザ・トップ5」に大沢・さこをゲストに呼び「お色気大賞トップ5」として、過去のお色気大賞傑作選を放送した[13]
  • 2014年10月24日はスペシャルウィーク恒例の「お色気大賞・特集!」だったが、大沢の体調が優れない為に中止となり、同年11月7日に改めて行う予定だったが、大沢の喉の調子が戻らず、中止となった[14]

ネット局[編集]

レコード等[編集]

  • 「お色気大賞」特選集 1〜23 情報センター出版局 (CD,カセットテープ)
  • 大沢悠里のゆうゆうワイド 新選 お色気大賞 1〜5 コロムビアミュージックエンタテインメント (CD)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 番組内では「お色気大賞 特集」と呼んでいる。
  2. ^ 併せて『女のリポート』『グッドグッドミュージック』も土曜日版に継続される事、鳥越俊太郎がレギュラーで継続出演する事が伝えられた。
  3. ^ ソニーから発売の音源を使用。「お色気大賞」のカセット、CDでもそのまま使用され、ソニーから音源提供を受けていることがブックレット等[要文献特定詳細情報]に記載されている。
  4. ^ 謝罪の音源は『大沢悠里のゆうゆうワイド』金曜日のコーナー「悠里のおいしいものをありがとう」にレギュラー出演していた、平野寿将の何気ない色艶話に使われた事があり、火曜日のコーナー『ゆうゆう なぞかけ大賞』でも使われる事があった。
  5. ^ さこが必ず「なんで、自分のことだけ褒めてるんだよ!」と、突っ込む。
  6. ^ かつて小沢遼子が出演していた『話題のアンテナ 日本全国8時です』での情景を絡める事があった。
  7. ^ 「な〜ぜ〜さ〜こ〜みちよのう〜た〜はうれな〜い〜 わ〜ら〜いは〜げ〜ひんだ〜」などと、適当なお経を読み上げる。
  8. ^ 陣内貴美子が声をあてていた。
  9. ^ 小鳩くるみをストリッパーに見立てたり、女性の隠している部分を「たわし」と呼ぶなど。
  10. ^ ただし、おちゃらかしに使われている音源は著作権の関係上、別のものに差し替えられている場合がある。
  11. ^ そのため、放送上ではうっかり名前を読み上げてしまったことはない。

出典[編集]

  1. ^ 放送批評懇談会『GALAC』2016年-5月号、p.3、講談社週刊現代』第五十九巻第十四号、p.188など[要文献特定詳細情報]
  2. ^ 大沢悠里のゆうゆうワイド土曜日版 - 番組公式サイト
  3. ^ 安住紳一郎の日曜天国より[いつ?]
  4. ^ 小林悠 たまむすび(2015年12月18日放送)に大沢がハプニング出演した回より[1]
  5. ^ 文藝春秋月刊・文藝春秋』四月号(2016年4月1日発行)pp.351 - 352
  6. ^ 『月刊・文藝春秋』四月号(2016年4月1日発行)pp.351 - 352
  7. ^ 新選 お色気大賞 DISC4「恐山のイタコのお告げ」より
  8. ^ 例:2014年12月12日放送の投稿
    大沢「…そんな中、剣道部の先輩に『さこ先輩』という人がいました」
    さこ「お、こりゃいい女だ」
    大沢「ブスです」など
  9. ^ TBSラジオPRESS 2016年2・3月号 「祝30周年インタビュー『ゆうゆうワイド30周年の区切りに…』」(TBSラジオ発行)p.3
  10. ^ 例えば、無着成恭の声色を真似たり、電話相談室のお姉さん風に「お化粧濃くして、皆さんからのお電話待ってます」「口紅濃くして待ってます」などと茶化し、無着から「あのね、子供番組だから言っちゃダメなの」とアドバイスされた。と、2015年8月28日放送のゆうゆうワイド内で語っている。
  11. ^ 文藝春秋『月刊・文藝春秋』四月号(2016年4月1日発行)、p.354
  12. ^ 2016年4月1日の「ゆうゆうワイド」『お色気大賞コレクション』ラストでは、
    大沢「女性専用車、分かりやすくしてほしいね」
    さこ「例えば、ピンク色にするとか?」
    大沢「いやいや、東京都のマークとか」
    さこ「水道局とかはやめてね」
    大沢「こうアワビをデフォルメして、壁面に…」
    さこ「恥ずかしくて女性が乗れないでしょ。乗るのは男ばかりでしょ」
    大沢「そうかい? じゃあ妥協しておっぱい
    等とはしゃぎ、「ただ今、一部お聞き苦しい点が…」との謝罪音源を流された
  13. ^ 2011/12/15(木) 放送後記(p.7 - 8)・TBS小林悠アナ 「ゆうゆうワイド」大沢悠里登場に大興奮(p.8)”. TBSラジオ (2011年12月17日). 2017年12月3日閲覧。 - ザ・トップ5:2011年12月アーカイブ
  14. ^ TBS RADIO 大沢悠里のゆうゆうワイド: 秋でも飽きない1週間! 最終日は…