松山恵子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
松山 恵子
出生名 岡崎 恒好
(おかざき つねこ)
生誕 1937年4月10日
出身地 日本の旗 日本福岡県北九州市戸畑区
死没 (2006-05-07) 2006年5月7日(69歳没)
ジャンル 演歌
職業 歌手
活動期間 1955年 - 2006年
レーベル 日本マーキュリーレコード
東芝レコード
公式サイト EMI Music Japan | 松山恵子

松山 恵子まつやま けいこ1937年4月10日 - 2006年5月7日)は、日本演歌歌手。本名:岡崎 恒好(おかざき つねこ)。庶民派で知られ、「お恵ちゃん」(おけいちゃん)の愛称で幅広いファンに親しまれた。裾の幅が広いフリフリのドレスにハンカチがトレードマーク。所属レコード会社は日本マーキュリーレコード東芝レコード

経歴[編集]

福岡県戸畑市(福岡県北九州市戸畑区)で生まれる。生後すぐに父の仕事の関係から東京へ引っ越すが、終戦後の食糧難のため、父の故郷の愛媛県宇和島市へ引っ越す。

中学2年生で出場した「日本コロムビア全国歌謡コンクール」で10位入賞を果たし、関係者の注目を集めた。1954年、歌手になるため家族全員で上京しようとしたが、東京行きの資金が足りず大阪へ途中下車して、大阪府大阪市淀川区に引っ越す。大阪エコー音楽学院の研究生となり、日本マーキュリーレコード全国歌謡コンクールで優勝。彼女の師である大阪エコー音楽学院の西脇稔和の薦めで「雪州音頭」(作詞・小倉武良、作編曲・西脇稔和)を岡崎景子の芸名で日本マーキュリーレコードで初吹き込み、第1号を発売する。1955年、「宵町ワルツ」「マドロス娘」でデビュー。1956年に「十九の浮草」が大ヒットし、一気にスターダムにのし上がった。「未練の波止場」「だから言ったじゃないの」「お別れ公衆電話」「泣いたって駄目さ」「東京なんて何さ」「思い出なんて消えっちゃえ」「アンコ悲しや」「別れの入場券」「逢わなきゃよかったんだわ」「酒場小唄」など数多くのヒット曲を飛ばし、『NHK紅白歌合戦』にも1957年から通算8回出場した(そのうち、7回は連続出場。詳細は下記参照。)。

1969年に交通事故に遭い、瀕死の重傷を負う。この時の輸血が原因で肝炎を患い、亡くなるまで闘病を密かに続けていた。一時は生命も危ぶまれたが不屈の闘志で復活し、最後まで国民的歌手としての人気を維持した。晩年は裾幅3.5メートル、重さ20〜30キロのドレスを着込んで歌うという年齢を感じさせないステージが多くの世代に親しまれ、懐メロ番組に欠かせない存在であった。1989年には、久しぶりに紅白歌合戦に出場。裏面全体にバラの花を飾った直径2メートル半のド派手なドレスで登場した。1995年には第37回日本レコード大賞功労賞を受賞した。

歌い終わると手に持ったハンカチを振る。自分のことを「オケイチャンはね」という。

私生活を売り物にすることは無かったが、一度だけ交通事故で入院した後、週刊誌に半生を語ったことがある。美空ひばり島倉千代子等の同年代のスター歌手同様、家庭は波乱に満ちていた。

数々の男性と浮名を流すなど非常にモテたが、生涯一度も結婚せず、子供もいなかった。2006年4月、入院中に死期を悟り、長らく苦労をともにしたマネージャーと養子縁組を行った。

「お別れ公衆電話」を記念した電話ボックス(JR宇和島駅構内)

2006年2月収録のNHKデジタル衛星ハイビジョンシブヤらいぶ館・演歌一本勝負』で、1996年頃から肝臓癌で闘病中であることを告白し、その直後の3月下旬に入院。4月末に容態が急変し、5月7日に亡くなった。享年69。6月に新曲「人生ありがとう」を発表する予定だった。東芝EMIは、松山の死を受けて追悼アルバムの製作を決め、2006年8月9日に『松山恵子愛唱歌〜お恵ちゃんありがとう〜』のタイトルで発売された。

演歌歌手の三船和子は、松山にあこがれて歌手になったという。三船は松山の葬儀で号泣し、「お恵ちゃんの歌は私が歌い続けます」と語った。「お恵ちゃんのことを悪く言う人は一人もいない」と言われるほど、性格が良いことで知られ、観客やファンはもちろん、スタッフにも常に優しく接していた。前述の三船や立川談志など、芸能人にもファンは多かった。JR宇和島駅構内に、ヒット曲「お別れ公衆電話」を記念した電話ボックスが設置されている。

ディスコグラフィ[編集]

日本マーキュリー SP盤(78回転)[編集]

  •  当時の日本マーキュリー,日本ディスクのレコード月報(各月)及び「レコードタイムス」誌(レコードタイムス社刊)(各月)に基づく。
  1. 雪洲音頭/女の愛情(M-1125:1954年?)岡崎景子名義の初吹込盤。B面は櫻井稔の歌唱。
  2. マドロス娘/宵待ワルツ(H-15143:1955年6月新譜)松山恵子としてのデビュー盤。定価250円。
  3. ユンタ恋しや/私妬けるわよ(H-15148:1955年7月新譜)定価250円。
  4. さのさ月夜/ジョンガラ娘(H-15155:1955年8月新譜)A面は藤島桓夫の歌唱。定価300円。
  5. 島の子守唄/ストトン・ワルツ(H-15167:?年)
  6. 津軽のお仙/お染恋だより(H-15170:?年)
  7. 涙の捨小舟/お染恋だより(H-15174:?年)
  8. 男涙のあるかぎり/母恋月夜船(H-15177:?年)A面は藤島桓夫の歌唱。
  9. 明星鴉/からゆきさんの船は行く(H-15183:?年)A面は瀬川伸の歌唱。
  10. ミナト東京/燈台つばき(H-15188:?年)A面は瀬川伸の歌唱。
  11. 街の船乗り/夢見る花園(H-15192:1956年4月新譜)A面は瀬川伸の歌唱。
  12. 嘘は云わぬよ/アンコ追分(H-15195:1956年)A面は藤島桓夫の歌唱。
  13. 癪な雨だよ/わたしゃ浮草(H-15198:1956年)A面は藤島桓夫の歌唱。
  14. チャイナのナツメ売り/北海の霧笛(H-15206:1956年)B面は由利章の歌唱。
  15. 河童ソング/河童とお恵ちゃん(H-15213:1956年)A面は藤島桓夫の歌唱。
  16. 銀ブラ娘/ブルーハワイのレイ賣り娘(H-15214:1956年)B面は藤島桓夫の歌唱。
  17. マドロス祭り/鈴鹿追分(H-15217:1956年)A面は藤島桓夫の歌唱。
  18. 若い船頭だよ/十九の浮草(H-15222:1956年10月新譜)A面は藤島桓夫の歌唱。
  19. 新黒頭巾節/粋な横櫛(H-15226:1956年10月新譜)A面は同名の東宝映画の主題歌で、大友柳太郎の歌唱。
  20. つんつん娘/船底人生(H-15230:1956年10月25日発売)B面は由利章の歌唱。
  21. おばこ十七/母を頼んだぜ(H-15239:1956年11月15日発売)B面は由利章の歌唱。
  22. 鳴門ちどり/初恋トロリコ(H-15250:1956年12月15日発売)
  23. 浪曲ながし/初恋つばき(H-15254:1957年1月20日発売)
  24. 辨慶さん/片恋船頭唄(H-15260:1957年2月15日発売)A面は伊東満の歌唱。
  25. つんつん月夜/海の追分(H-15268:1957年4月新譜)B面は伊東満の歌唱。
  26. 乙女舟唄/真菰花嫁さん(H-15274:1957年4月15日)
  27. 未練の波止場/湯の町こけし(H-15281:1957年5月10日臨発)当盤の臨発を記念し、売上枚数を予想しハガキで応募する懸賞が催された。[1]
  28. ジャワのパパイヤ娘/未練燈台(H-15289:1957年6月15日発売)B面は瀬川伸の歌唱。
  29. 悲恋の波止場/?(H-15296:1957年7月?)詳細不明
  30. むすめ虚無僧/港の夜風(H-15303:1957年8月15日発売)尺八奏者として、菊地淡水の名がクレジットされている。
  31. お国訛りのマドロスさん/別れの舟唄(H-15308:1957年10月新譜)
  32. 鴎さんこんにちは/燈台恋しや(H-15313:1957年11月新譜)このレコードより、販売が日本ディスク株式会社になる。[2]
  33. 青春ジングルベル/ホワイトクリスマス(H-15317:1957年12月新譜)歌唱は、藤島桓夫、松山恵子、若杉啓二、由利章、丸山美智子、津川洋一となっている。[3]
  34. マドロス次郎ちゃん/山彦船頭さん(H-15320:1957年12月新譜)B面は松山恵子と小畑やすしの歌唱。
  35. 流転三度笠/女三度笠(H-15324:1957年12月新譜)A面は藤島桓夫の歌唱。
  36. 飲めば天国/白い土蔵と欅の木(H-15327:1957年12月15日発売)B面は若杉啓二の歌唱。
  37. もう泣かないわ/さすらいの乙女馬車(H-15330:1958年2月新譜)
  38. さよなら鷗/だから言ったじゃないの(H-15334:1958年3月新譜)A面は藤島桓夫の歌唱。(出だしの「あんた泣いてんのね」の台詞は流行語になった)(また、レコード会社移籍後の発売は「だから云ったじゃないの」と表記されている。)
  39. 母恋い糸くり唄/初恋ゆうびん(H-15340:1958年5月新譜)
  40. むすめ踏切番/ホロロン笛(H-15347:1958年)B面は夏目三郎の歌唱。
  41. 愛情航路/ギター渡り鳥(H-15348:1958年)B面は津川洋一の歌唱。
  42. バックNO.1050/ねぇどうすりゃいいの(H-15351:1958年)
  43. 未練のなみだ雨/メノコ月夜(H-15357:1958年)
  44. 波止場の指切り/風吹きがらす(H-15380:1958年)B面は寿賀太郎の歌唱。

日本マーキュリー シングル盤(45回転)[編集]

  •  当時の日本マーキュリー,日本ディスクのレコード月報(各月)及び「レコードタイムス」誌(レコードタイムス社刊)(各月)に基づく。
  1. 鳴門ちどり/十九の浮草(DH-7:1957年5月15日発売)
  2. つんつん娘/乙女舟唄(DH-10:1957年6月15日発売)
  3. 貨物船のひとの(カーゴのひとり)/悲恋の波止場(DH-19:1957年8月15日発売)
  4. お国訛りのマドロスさん/別れの舟唄(DH-24:1957年10月新譜)
  5. マドロス次郎ちゃん/山彦船頭さん(DH-32:1957年12月新譜)
  6. 田舎へ帰ろうよ/飲めば天国(DH-33:1957年12月15日発売)A面は藤島桓夫の歌唱。
  7. さよなら鷗/だから言ったじゃないの(DH-36:1958年3月新譜)A面は藤島桓夫の歌唱。
  8. 母恋い糸くり唄/初恋ゆうびん(DH-40:1958年5月新譜)
  9. 未練の波止場/湯の町こけし(DH-41:1958年5月新譜)
  10. メノコ月夜/未練のなみだ雨(DH-47:1958年)

日本マーキュリー EP盤(45回転4曲入り)[編集]

  •  当時の日本マーキュリーのレコード月報(各月)及び「レコードタイムス」誌(レコードタイムス社刊)(各月)に基づく。
  1. 十九の浮草/あんこ追分/鳴門ちどり/島の子守唄(DK-9:1957年4月15日発売)定価600円。
  2. 港の夜風/乙女舟唄/湯の町こけし/津軽月夜(DK-16:1957年10月新譜)
  3. マドロス次郎ちゃん/鷗さん今日は/お国訛りのマドロスさん/燈台恋しや(DK-18:1957年12月新譜)

東芝 シングル盤(45回転) 編集中 [編集]

  •  当時の東芝レコード月報(各月)に基づく。レコード番号の<NPナンバー>はSP盤の番号。
  1. 泣いたって駄目さ/旅の鴎よたのんだぜ(JP-1030<NP-1046>:1959年4月新譜)東芝移籍後の第1弾。定価 300円。
  2. やっぱり涙に負けちゃった/港のお世辞(JP-1034<NP-1050>:1959年5月新譜)
  3. 東京なんて何さ/嘘つき波止場(JP-1060<NP-1070>:1959年5月臨発)
  4. 新々おこさ節/あなたは地蔵さん(JP-1039<NP-1056>:1959年6月新譜)
  5. すっかりその気でいたんだよ/八号トンネル(JP-1059<NP-1075>:1959年9月新譜)B面は、高松和男の歌唱。
  6. 思い出なんて消えっちゃえ/お山のごろすけ(JP-1075<NP-1076>:1959年10月新譜)B面は、津川洋一の歌唱。
  7. 汽笛になく女/炎の風(JP-1076<NP-1077>:1959年10月新譜)B面は、若草多佳子の歌唱(デビュー盤)。
  8. ああ忠臣蔵/源吾さん(JP-1082<NP-1082>:1959年11月新譜)A面は、高松和男の歌唱。
  9. お別れ公衆電話/ひとりぽっちの三等車(JP-1083<NP-1083>:1959年11月新譜)
  10. 恋のシグナル青黄赤/昨日は昨日明日は明日(JP-1091<NP-1091>:1959年12月新譜)
  11. みれん屋台/海のにおいのする町(JP-1095<NP-1095>:1960年1月10日発売)
  12. 東京SOS/女心のタンゴ(JP-1106<NP-1106>:1960年2月新譜)
  13. どたん場の女/青い錨の刺青(JP-1115<NP-1112>:1960年3月新譜)
  14. 逢わなきゃよかったんだわ/銀座の裏側(JP-1123<NP-1103>:1960年4月新譜)
  15. 待っていたのよ/波止場っ子(JP-1133<NP-1118>:1960年5月新譜)
  16. あんた勘弁ね/地下駐車場(JP-1145<NP-1123>:1960年6月新譜)
  17. 流れ星/男の影(JP-1153<NP-1127>:1960年7月新譜)B面は、峰悠二の歌唱。
  18. お小夜の鈴/お夏恋慕笠(JP-1154<NP-1128>:1960年7月新譜)(琴)田中佐智子。
  19. 情けあるなら/翼よさようなら(JP-1167<NP-1133>:1960年8月新譜)
  20. 海の風来坊/みれん海峡(JP-1176<SP発売なし>:1960年9月新譜)
  21. 雨の踏切/石狩の町よさようなら(JP-1178<NP-1138>:1960年9月新譜)SP盤発売は、この曲が最終。
  22. ドラが鳴るまで出船まで/諦めちゃったのさ(JP-1191:1960年10月新譜)
  23. 本日欠航/涙って嫌な奴(JP-1197:1960年10月20日発売)
  24. アンコ悲しや/さようなら東京さん(JP-1207:1960年12月1日発売)A面には、豊静(三味線)が参加している。
  25. 哀愁のバラライカ/赤い靴は泣かない(JP-1215:1960年12月1日発売)A面は、峰悠二の歌唱。
  26. 幸福だってきっとくる/おけさ灯台(JP-1224:1961年2月新譜)
  27. 港の女と風見鶏/夕焼け太鼓(JP-1228:1961年2月新譜)B面は高松和男の歌唱。
  28. 心の落書/形見のライター (JP-1233:1961年3月新譜)
  29. 浮気じゃないわ/嘆きのカスタネット(JP-1242:1961年4月新譜)
  30. 越後恋しや/残したパイプ(JP-1242:1961年5月新譜)A面は、豊静(三味線)が参加。
  31. お迎え波止場/一番纒だ(JP-1262:1961年6月新譜)
  32. 恋の三度笠/真平御免(JP-1271:1961年7月新譜)A面は豊静(三味線)が参加。
  33. 十九の浮草/花びら小唄(JP-1285:1961年8月新譜)A面は再録音盤。オリジナルはマーキュリーSP(H-15222:1956年10月新譜)
  34. 花笠月夜/鳴門ちどり(JP-1291:1961年10月新譜)
  35. 博多恋しや/面影の町(JP-1297:1961年11月新譜)
  36. 港が恋しいなァ/こがらし峠(JP-1311:1961年12月新譜)
  37. 箱根エレジー/さいはて旅情(JP-1319:1962年1月新譜)B面は、峰悠二の歌唱。
  38. 男って冷たいなあ/木曽路の雨(JP-1325:1962年1月新譜)
  39. 嘆きの波止場/みれん小唄(JP-1332:1962年2月新譜)豊静(三味線)が参加。
  40. 港でなんか泣くものか/おばこ悲しや(JP-1346:1962年3月新譜)
  41. 東京へ帰る人/むらさき草紙(JP-1361:1962年4月新譜)豊藤・豊寿(三味線)が参加。
  42. 洞海旅情/若戸大橋音頭(JP-1400:1962年4月下旬臨発)B面は、藤島桓夫の歌唱(ベニ・シスターズも参加)。
  43. オホーツク夜曲/雨の竹芝棧橋(JP-1371:1962年5月新譜)
  44. 筑波の新太郎/役者子守唄(JP-1377:1962年5月新譜)A面は、結城伸一の歌唱。
  45. 別れ夜船/キュッキュ節(JP-1405:1962年5月中旬臨発)B面は、合いの手が卑猥であるとされ、放送禁止になる。
  46. お恵ちゃんの「佐渡情話」/男の一人旅(JP-1384:1962年6月新譜)A面は豊静(三味線)が参加、B面は玉川福太郎の歌唱。
  47. あんた男でしょ/月夜の貝がら(JP-1385:1962年6月新譜)
  48. 哀しい恋はもうしない/湯の町物語(JP-1416:1962年8月新譜)定価が290円に改訂される。
  49. 酒場の子守唄/想い出湖畔(JP-1417:1962年8月新譜)B面は赤木博子の歌唱。
  50. おけさ悲しや/憎ったらしい鷗さん(JP-1430:1962年9月新譜)
  51. 石狩の初恋/裏町の蝶々(JP-1443:1962年10月新譜)
  52. おんなの運命/浮草の波止場(JP-1444:1962年10月新譜)
  53. 三人吉三/権八みだれ髪(JP-1453:1962年10月新譜)B面は、渚幸子の歌唱。
  54. 女心と空っ風/銀座千鳥(JP-1458:1962年11月5日発売)
  55. よさこい慕情/五ツ木の数え唄(JP-1468:1962年12月5日発売)
  56. 思い出してるのネ/死ぬほど好きな人だもの(JP-1478:1962年12月5日発売)
  57. ああ犬吠岬/ダムへ流れて来た女(JP-1484:1962年12月5日発売)B面は、泉愛子の歌唱。
  58. わかりませんか/私の涙がかれるとき(JP-1495:1963年2月新譜)
  59. ガッチャガチャ節/東京どじょっこ娘(JP-1503:1963年2月新譜)B面は、藤島桓夫の歌唱。
  60. 秩父恋しや/お別れ伝言板(JP-1517:1963年3月5日発売)
  61. 祇園の三人姉妹/恋の履歴書(JP-1530:1963年4月新譜)A面は、さくら姉妹が参加。
  62. エリカの咲く岬/湯の町ブルース(JP-1542:1963年5月新譜)
  63. 別れの入場券/利休ねずみの涙雨(JP-1547:1963年5月新譜)B面は、紫ふじ美の歌唱。
  64. 花の命(放浪記より)/波止場の口笛(JP-1550:1963年6月新譜)
  65. 女俠若松港/女無法松(JP-1555:1963年6月新譜)B面は、渚幸子の歌唱。
  66. 恋ひとすじ/逢いたいなァ(JP-1559:1963年7月新譜)
  67. ダルマさん/すもう小唄(JP-1560:1963年7月新譜)
  68. 赤い小さな風呂敷づつみ/沖縄恋しや(JP-1575:1963年8月新譜)
  69. やくざ太鼓/玄海つばき(JP-1607:1963年10月新譜)
  70. 志摩の恋歌/好きになってもいいかしら(JP-1612:1963年10月新譜)A面は、さくら姉妹の歌唱。
  71. 浪曲月夜鳥/エンヤコラ恋歌(JP-1621:1963年11月新譜)
  72. 任侠河内くずし/恋暦(JP-1637:1963年12月新譜)
  73. どどいつ波止場/勝負(TR-1001:1964年2月新譜)TRシリーズとしての発売。定価は290円で変わらず。三味線の豊静が参加。
  74. ストトン酒場/霧の別れ船(TR-1008:1964年2月新譜)三味線の豊藤,豊寿が参加。
  75. あんたなんか知らない/丹後の宮津でピンと出した(TR-1021:1964年3月新譜)三味線の豊寿,静子が参加。
  76. ふり袖流し唄/別れのさんさ時雨(TR-1023:1964年3月新譜)A面は、さくら姉妹の歌唱。三味線の豊静,豊寿が参加。
  77. また来週のおたのしみ/これでいいのよ(TR-1036:1964年4月新譜)
  78. 泣き虫波止場/なんにも云わずにほっといて(TR-1036:1964年5月新譜)
  79. みんな私が悪いのよ/泣きたい港(TR-1056:1964年6月新譜)
  80. 別れの巡航船/哀愁の日の岬(TR-1086:1964年7月5日臨発)
  81. お恵ちゃんの ”婦系図”/涙の酒場(TR-1105:1964年9月新譜)
  82. 哀愁の駅/忘れてしまいたい(TR-1124:1964年10月新譜)
  83. 恋のブルース/母恋三度笠(TP-1006:1964年11月新譜)新しいTPシリーズとしての発売で、定価300円。これよりステレオ盤となる。
  84. 口笛を吹く女/嘘ついちゃ駄目よ(TP-1012:1964年12月新譜)
  85. 東京の流れ星/女の旅路(TP-1030:1965年1月15日発売)
  86. 女の坂道/空港の女(TP-1037:1965年3月新譜)
  87. 惚れて惚れて/慕情の波止場(TP-1051:1965年4月新譜)
  88. お別れ改札口/女の桟橋(TP-1059:1965年5月新譜)
  89. 東京なんて何さ/嘘つき波止場(TR-1152:1965年6月新譜)再発のモノラル盤。オリジナルは、JP-1060。
  90. お別れ公衆電話/ひとりぽっちの三等車(TR-1153:1965年6月新譜)再発のモノラル盤。オリジナルは、JP-1083。
  91. アンコ悲しや/さようなら東京さん(TR-1154:1965年6月新譜)再発のモノラル盤。オリジナルは、JP-1207。
  92. 十九の浮草/博多恋しや(TR-1155:1965年6月新譜)カップリング替えの再発モノラル盤。オリジナルはJP-1285とJP-1297。「十九の浮草」の初録音は、マーキュリーのSP盤(H-15222)。
  93. 逢わなきゃよかったんだわ/心の落書(TR-1156:1965年6月新譜)カップリング替えの再発モノラル盤。オリジナルはJP-1123とJP-1233。
  94. かもめ小唄/涙の旅路(TP-1075:1965年6月新譜)
  • 「ホステス小唄」
  • 「恋の三度笠」
  • 「鳩よ」
  • 「平和への祈り」
  • 「女の劇場」
  • 「哀愁の駅」
  • 「色去灯」
  • 「ハイハイハイ〜今度生まれて来る時も〜」
  • 「紅とんぼ」
  • 「一葉記」(遺作)

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

  • 第8回 (1957年12月31日、東京宝塚劇場) 『未練の波止場』
  • 第9回 (1958年12月31日、新宿コマ劇場) 『だから言ったじゃないの』
  • 第10回 (1959年12月31日、東京宝塚劇場) 『思い出なんて消えっちゃえ』
  • 第11回 (1960年12月31日、日本劇場(日劇)) 『アンコ悲しや』
  • 第12回 (1961年12月31日、東京宝塚劇場) 『恋の三度笠』
  • 第13回 (1962年12月31日、東京宝塚劇場) 『おけさ悲しや』
  • 第14回 (1963年12月31日、東京宝塚劇場) 『別れの入場券』
  • 第40回 (1989年12月31日、NHKホール) 『未練の波止場』

テレビ番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ マーキュリー・レコード月報1957年6月号による。1等はマーキュリーのロゴ入り高級置時計だった。
  2. ^ 1957年10月1日に日本マーキュリーと日本ディスクが合併し、新社名を日本ディスク株式会社とした。(レコードタイムス1957年11月号による)ただし、レーベルはマーキュリーのままでレコード番号もマーキュリー時代の連番を継承している。
  3. ^ レコードタイムス1957年12月号による。
  4. ^ 『紅白歌合戦アルバム NHK20回放送のあゆみ』(デイリースポーツ社、1970年)

外部リンク[編集]