ワレモコウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ワレモコウ
Sanguisorba-officinalis.jpg
ワレモコウ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: バラ目 Rosales
: バラ科 Rosaceae
亜科 : バラ亜科 Rosoideae
: ワレモコウ属 Sanguisorba
: ワレモコウ S. officinalis
学名
Sanguisorba officinalis
L.
和名
ワレモコウ

ワレモコウ吾亦紅吾木香、吾妹紅)は、バラ科ワレモコウ属の植物。日当たりのよい草原などに生える1メートル以下の草で、秋に枝分かれした先に穂をつけたような赤褐色の花をつける。薬草として、根は生薬になる。

名称[編集]

源氏物語にも見える古い名称である。漢字表記においては吾木香、我毛紅、我毛香、我妹紅など様々に書かれてきたが、「〜もまた」を意味する「亦」を「も」と読み、「吾亦紅」と書くのが現代では一般的である。「吾木香」については、キク科の植物で線香の原料にもなるモッコウ(木香)と似た香りを連想することから、「わが国の木香」という意味だといわれるが、実際にはワレモコウからあまり香りはしない[1]

名の由来には諸説あり、はっきりしていない[1]。植物学者の前川文夫によれば、木瓜文(もっこうもん)を割ったように見えることからの命名という[2]。一説には、「吾もまた紅なり」とワレモコウ自身が唱えたことが名の由来であるといわれている[3]。このほか、中国の皇帝がこの花の匂いを気に入り、「吾も請う」と言ったことに由来するのではなど[4]、様々な俗説もある。

別名に酸赭、山棗参、黄瓜香、豬人參、血箭草、馬軟棗、山紅棗根などがある[要出典]英語ではgreat burnet、garden burnet、中国語では地楡(ティーユー、dìyú)と呼ぶ。

分布・生育地[編集]

北海道から九州までの日本列島[5]朝鮮半島中国大陸シベリアなどに分布しており、アラスカでは帰化植物として自生している。

山野で普通に見られる[5]。日当たりのよい草地に生える植物で[4]、草地の草刈りが行われるところで見ることができるが、近年の日本では草刈りが行われる草地が少なくなり、しだいにその姿を消している[6]

形態・生態[編集]

多年生草本地下茎は短く、やや肥大する[5]は直立して上部で分岐し、根出葉は長い葉柄があり、奇数羽状複葉小葉は5 - 15個で細長い楕円形か卵状楕円形、鈍頭[5]。長楕円形の小葉には細かい鋸歯がある[5][4]

花期は晩夏から秋にかけて(7月 - 10月)[4]。茎を伸ばし、細かく分枝したその枝先に円筒状の穂状花序ができ、暗紅紫色の花弁のない可憐なを密につける[5][4]。4枚のと4個の雄しべがあり、雌しべは小頭状である[5]。山地には、雄しべが長い類似種がある[5]。開花時は萼もピンク色で黒いが目立ち、穂(花序)の上部から咲き始め、次第に下に移っていく[5][7]。ワレモコウの楕円形の花序は、一般的なバラ科植物の花とは似つかない形をしており、小さな花が沢山集まって形作られている[1]。その一つ一つの花は、花弁がない代わりに4枚の萼片が色づいている[1]虫媒花であり、ハナバチなどの昆虫を呼び寄せて花粉を運ばせている[1]

密集した穂状花序を持つため、果実複合果状になる[7]。果実は痩果で、萼筒に包まれており、先端に暗紅紫色の4枚の萼片が残っている[7]

冬になると地上部のみ枯れる[4]

性質は強健で、土地を選ばずに茂る[5]。繁殖は、秋頃に行う株分けと、春に種子を蒔く実生によって可能である[5]。痩果は長さ2.5mmでやや角張った楕円形をしており、稜がある[7]

利用[編集]

根茎を乾燥したものは地楡(ちゆ)という生薬になり、秋に葉が枯れてから掘り上げて水洗いし、茎・細根を取り除いて天日乾燥して調製される[5]タンニンサポニン多くを含み、収斂薬や、止血や火傷湿疹の治療に用いられる[5]漢方では清肺湯(せいはいとう)、槐角丸(かいかくがん)などに配合されている。

民間療法では、地楡5 - 10グラムを水300 ccで半量になるまで煎じて、3回に分けて服用する用法が知られている[5]。扁桃炎、口内炎に冷ました煎液を使ってうがい薬とする[5]

同属別種のオランダワレモコウ(サラダバーネット、学名S. minor Scop.)は、観賞用だけでなく若葉を食用とする。

近縁種[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 稲垣栄洋 2010, p. 208.
  2. ^ 『日本語源大辞典』 前田富祺監修 2005年 小学館 1185ページ
  3. ^ 稲垣栄洋 2010, p. 207.
  4. ^ a b c d e f 大嶋敏昭監修 2002, p. 441.
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 馬場篤 1996, p. 117.
  6. ^ 稲垣栄洋 2010, p. 210.
  7. ^ a b c d 鈴木庸夫・高橋冬・安延尚文 2012, p. 159.

参考文献[編集]

  • 稲垣栄洋『残しておきたいふるさとの野草』地人書館、2010年4月10日、207 - 210頁。ISBN 978-4-8052-0822-9
  • 大嶋敏昭監修『花色でひける山野草・高山植物』成美堂出版〈ポケット図鑑〉、2002年5月20日、441頁。ISBN 4-415-01906-4
  • 鈴木庸夫・高橋冬・安延尚文『草木の種子と果実』誠文堂新光社〈ネイチャーウォッチングガイドブック〉、2012年9月28日、159頁。ISBN 978-4-416-71219-1
  • 馬場篤『薬草500種-栽培から効用まで』大貫茂(写真)、誠文堂新光社、1996年9月27日、117頁。ISBN 4-416-49618-4

外部リンク[編集]