平野寿将

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

平野 寿将(ひらの ひさま、本名:平野浩司 1960年2月24日 - )は、日本料理家レストラン「ヒサマズキッチン」のオーナー。料理教室「寿将塾」主宰。食品開発アドバイザー。コンサルタント会社「ヒサマプロジェクト」社長。

来歴・人物[編集]

愛媛県松山市出身。獣医師茶道華道師範の子として、何不自由ない少年時代を過ごしていたが中学・高校は不良だった。料理人を志すようになり香川県高松市調理学校を経て、京都料亭「萬重(まんしげ)」で修業。

25歳の時に地元の松山で懐石料理店「食楽平野」を開店。その後コンビニ弁当の仕出し会社を経営し、社員100人を超えるまでに成長させたが、事業に失敗して五億円の債務を抱えて倒産。自分だけでなく両親にも借金の肩代わりをさせる形になり、身体ひとつ一文無しで東京へ上京した。

1990年に上京後、出張料理人となり鎌倉で一日一組の店「平野」開店。その客として知り合ったプロボクサー鬼塚勝也の専属料理人を経て、1998年池袋で「屋台村」をプロデュースしてブームとなり大成功を収めた。その後、「KAISEKI寿将」を開店してテレビ番組の料理監修・料理プロデュースをするうち、自らもテレビ出演をするようになった。

現在は「一匹狼の料理人」として飲食店のメニュー開発やプロデュース・食品メーカー駅弁など商品開発の他、有機野菜果物農園「ヒサマ・ファーム」を展開。その他テレビ出演、雑誌CM講演など多方面で活躍中。

出演番組[編集]

テレビ出演[編集]

他多数

ラジオ番組[編集]

外部リンク[編集]