本田雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ほんだ たけし
本田 雄
本名 本田 雄
生年月日 (1968-03-12) 1968年3月12日(54歳)
出生地 日本の旗 日本 石川県
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
職業 アニメーター
ジャンル アニメ
活動期間 1987年 -
活動内容 アニメ
事務所 株式会社カラー
主な作品
新世紀エヴァンゲリオン』シリーズ(作画監督・メカニック作画監督)
千年女優』(キャラクターデザイン・作画監督)
ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ(総作画監督・作画監督・メカニック作画監督)
電脳コイル』(アニメーションキャラクターデザイン・総作画監督・作画監督)
テンプレートを表示

本田 雄(ほんだ たけし、1968年3月12日 - )は、日本アニメーターキャラクターデザイナー石川県出身。スタジオカラー所属。

来歴[編集]

1987年東京デザイナー学院(現・東京ネットウエイブ)中退後、スタジオ戯雅に入社。1987年のOVA『レリックアーマーLEGACIAM』で動画デビュー[1]。1991年、OVA『バブルガムクライシス』の制作に参加。その際、作画監督だった岸田隆宏によって「師匠」というニックネームをつけられた[2][3]。アニメ業界では、本田より年長の今敏押井守沖浦啓之前田真宏などもこのニックネームで彼を呼ぶ[4][5]

その後、ガイナックスに所属。1990年、ガイナックスにおける最年少記録の22歳の若さでテレビアニメ『ふしぎの海のナディア』の作画監督を務める[1]。1994年、『メタルファイター♥MIKU』で初めてキャラクターデザインを手掛けた[3]。1995年に放映されたテレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』ではOPの作画や重要な回の作画監督を担当したほか、物議をかもしたテレビ版の25話・26話で多くの原画を描いており、ビデオ版の作画修正も担当している。また、同劇場版『Air』ではメカニック作画監督やEVA弐号機の再デザインとEVA量産機のデザインを担当[1]

『エヴァンゲリオン』以降はガイナックスを離れ、リアリスティックな作画を求めて今敏監督の『パーフェクト・ブルー』や沖浦啓之監督の『人狼 JIN-ROH』などに参加。『パーフェクト・ブルー』をきっかけに今監督に気に入られ、『千年女優』ではキャラクターデザインと作画監督を担当した[1]。『東京ゴッドファーザーズ』と『妄想代理人』にも原画で参加している。また、前田真宏監督のOVA『青の6号』と森本晃司監督の映画『アニマトリックス BEYOND』でキャラクターデザインと作画監督を担当したほか、押井守監督の映画『イノセンス』などで原画を描いている。

2006年スタジオカラーに入社して旧『エヴァンゲリオン』スタッフと合流。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズにメインスタッフとして関わる。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』(2007年)でメカニック作画監督、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』(2009年)で作画監督、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』(2012年)では総作画監督を務めた。また、2007年には磯光雄監督のテレビアニメ『電脳コイル』でキャラクターデザインとOP作画監督、そして総作画監督を前半途中で降板するまで担当した[注 1][3]

2008年スタジオジブリの『崖の上のポニョ』で初めて宮崎駿監督作品に参加した。その際、宮崎から全てのキャラクターの個性が動きで表現されていると評され、「カリオストロの頃のような古典的で実に良い原画」と絶賛された[6]。続く『風立ちぬ』にも宮崎から強く請われる形で原画として参加し、二郎と菜穂子の駅での再会シーンを担当した。本田は本作の完成後、もし次に機会があればガッツリ組んでやってみたいとコメントを残している[7]。その後、宮崎監督の『毛虫のボロ』(2018年)と『君たちはどう生きるか』(公開時期未定)で作画監督を務める[8]

参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

映画[編集]

WEBアニメ[編集]

ゲーム[編集]

PV[編集]

  • BATTLE MODE (1990) 原画
  • space station No.9 (2005) 原画
  • Peut-etre toi (2006) 原画
  • Kurikaesu 春 (2008) 原画
  • 新垣結衣 「piece」(2009) 原画
  • Je t'aime (2010) 原画
  • Peaceful Times(F02)petit film (2013)作画
  • The 2 Queens 二人の女王 (2013) 原画

その他[編集]

偽講師被害[編集]

本田が大学や専門学校等で講師を務めたことはないが、「本田にアニメーションの講義を受けた」とする情報が流布していた。これについて所属先である株式会社カラーが調査を行ったところ、「本田健(ほんだたけし)」なる人物が本田の名と経歴を自らのものと偽り、現在活動中の本田雄は弟子であるなどとの触れ込みで女子美術大学尚美学園大学東京工芸大学で非常勤講師として勤務していたことが判明した。この件について女子美術大学と本田健が、本田に謝罪を行っている[10]

関連項目[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ そのため、同時期に制作していた今監督の『パプリカ』に参加できなかった。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 本田雄インタビュー 「千年女優」と今敏監督の思い出を語る (前編)” (日本語). WEBアニメスタイル. 株式会社スタイル (2014年2月20日). 2021年8月9日閲覧。
  2. ^ “Interview: Takeshi Honda”. All The Anime. (2017年1月1日). https://blog.alltheanime.com/interview-takeshi-honda/ 2022年4月2日閲覧。 
  3. ^ a b c “「ヱヴァ新劇場版:破」作画監督・本田雄の名を騙った非常勤講師が辞職へ”. GIGAZINE. (2009年5月2日). http://gigazine.net/news/20090502_honda_takeshi/ 2014年1月22日閲覧。 
  4. ^ 『ももへの手紙』沖浦啓之監督インタビュー第5回 丸4年を費やした作画作業”. WEBアニメスタイル. 株式会社スタイル (2012年5月11日). 2021年11月1日閲覧。
  5. ^ “日本アニメ(ーター)見本市 資料集発刊記念トーク&サイン会前半戦に本田雄と前田真宏が登場、「アニメ(ーター)海の家 @ 渋谷2.5D」企画語り編”. KADOKAWA. (2016年8月17日). https://webnewtype.com/report/article/155549/ 2021年11月1日閲覧。 
  6. ^ 「ロマンアルバム 崖の上のポニョ」徳間書店、2008年9月。
  7. ^ 「ロマンアルバムエクストラ 風立ちぬ」徳間書店、2013年10月、p200-202。
  8. ^ 「野中くん発 ジブリだより」2019年2月号” (日本語). スタジオジブリ (2019年2月8日). 2021年8月9日閲覧。
  9. ^ 青の6号”. GONZO公式サイト. 2016年5月16日閲覧。
  10. ^ 株式会社カラー最新情報:弊社所属のアニメーター・本田雄に関しまして 2009年5月1日 2009年5月1日閲覧