本田雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ほんだ たけし
本田 雄
本名 本田 雄
生年月日 (1968-03-12) 1968年3月12日(49歳)
出生地 日本の旗 日本石川県
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
職業 アニメーター
ジャンル アニメ
活動期間 1987年 -
活動内容 アニメ
事務所 株式会社カラー
主な作品
新世紀エヴァンゲリオン』シリーズ(作画監督·メカニック作画監督)
千年女優』(キャラクターデザイン·作画監督)
ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ(総作画監督·作画監督·メカニック作画監督)
電脳コイル』(アニメーションキャラクターデザイン·総作画監督·作画監督)

本田 雄(ほんだ たけし、1968年3月12日 - )は、石川県出身の男性アニメーターキャラクターデザイナースタジオカラー所属。

来歴[編集]

1987年東京デザイナー学院を中退後、スタジオ戯雅入社。ガイナックスに所属し、1990年に『ふしぎの海のナディア』の作画監督としてデビューした、ガイナックスの最年少記録での作監であった。初のキャラクターデザインを手がけた作品は『メタルファイター♥MIKU』。あだ名の師匠は、1991年に『バブルガムクライシス』制作時に、同作のキャラクターデザイナーだった岸田隆宏が命名した[1]。このニックネームはアニメ業界では普通に使われ、今敏監督や押井守監督や沖浦啓之監督もニックネームで呼んでいる。

世間で広く知られるようになったのは『新世紀エヴァンゲリオン』。重要な回の作画監督のほか、物議をかもしたTV版25話、26話では多くの原画を描いている。劇場版やビデオ版のリテイクも行っている。

その後、ガイナックスを離れ、今敏監督の『パーフェクト・ブルー』『千年女優』『東京ゴッドファーザーズ』『妄想代理人』や、押井守監督の『イノセンス』『スカイ・クロラ』といった作品に参加。

崖の上のポニョ』で初めて宮崎駿監督作品に参加した際には、宮崎から「全てのキャラクターが動きで表現されている。カリオストロの頃のような実に良い原画」と絶賛された[2]。続く『風立ちぬ』にも参加している。

2006年スタジオカラー入社。磯光雄監督の『電脳コイル』ではキャラクターデザイン、総作画監督でメインスタッフとして参加、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズにメインスタッフとして関わった。

偽講師騒動[編集]

本田は大学や専門学校等で講師を務めたことはないが、「本田にアニメーションの講義を受けた」とする情報が流布していた。これについて所属先である株式会社カラーが調査を行ったところ、「本田健(ほんだたけし)」なる人物が本田の名と経歴を自らのものと偽り、現在活動中の本田雄は弟子であるなどとの触れ込みで女子美術大学尚美学園大学東京工芸大学で非常勤講師として勤務していたことが判明した。この件について女子美術大学と本田健が本田に謝罪を行っている[3]

参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

映画[編集]

WEBアニメ[編集]

ゲーム[編集]

PV[編集]

  • BATTLE MODE (1990) 原画
  • space station No.9 (2005) 原画
  • Peut-etre toi (2006) 原画
  • Kurikaesu 春 (2008) 原画
  • 新垣結衣 「piece」(2009) 原画
  • Je t'aime (2010) 原画
  • Peaceful Times(F02)petit film (2013)作画
  • The 2 Queens 二人の女王 (2013) 原画

その他[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “「ヱヴァ新劇場版:破」作画監督・本田雄の名を騙った非常勤講師が辞職へ”. GIGAZINE. (2009年5月2日). http://gigazine.net/news/20090502_honda_takeshi/ 2014年1月22日閲覧。 
  2. ^ 「ロマンアルバム 崖の上のポニョ」徳間書店、2008年9月。
  3. ^ 株式会社カラー最新情報:弊社所属のアニメーター・本田雄に関しまして 2009年5月1日 2009年5月1日閲覧
  4. ^ 青の6号”. GONZO公式サイト. 2016年5月16日閲覧。