鳥越裕貴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
とりごえ ゆうき
鳥越 裕貴
生年月日 (1991-03-31) 1991年3月31日(26歳)
出生地 日本の旗 日本大阪府[1] -
身長 169cm[2]
血液型 B型
職業 俳優
ジャンル 舞台
活動期間 2010年 -
主な作品
舞台弱虫ペダル

鳥越 裕貴(とりごえ ゆうき、1991年[1]3月31日[1] - )は、日本の俳優砂岡事務所所属[2]。身長169cm。

来歴[編集]

2010年、現在の所属事務所である砂岡事務所に入所する[1]。舞台「イナズマイレブン」半田真一役として本格的に俳優デビュー。以降は主に舞台を中心に活動している。

人物[編集]

出演[編集]

テレビ[編集]

映画[編集]

CM[編集]

  • AOKI「フレッシャーズフェア/スーツデビュー 男子編」

舞台[編集]

  • イナズマイレブン(2010年9月4日 - 12日、シアターGロッソ) - 半田真一 役
  • アクサル第12回公演 「贋作、宮本武蔵」(2011年2月18日 - 20日 渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホール、2011年2月25日 - 27日 ABCホール) - 宝蔵院胤舜 役
  • One on Oneミュージカル「ROOM:閉ざされた扉」(2011年4月6日 - 10日、赤坂レッドシアター) - 少年 役
  • 劇団ひまわり創立60周年記念公演「アンネ」(2011年5月3日 - 15日、シアター代官山) - ペーター 役
  • Axlive(=Axle×Live)vol.1「七味のサムライ」(2011年5月20日 - 22日 芸術創造館、2011年6月11日 - 13日 萬劇場) - 6月12日のみ(アフタートークゲスト)
  • 祈り(2011年7月21日 - 22日、Hakuju Hall
  • GOEMON痛快伝(2011年8月31日 - 9月4日、六行会ホール) - かんべえ 役
  • Memo・Real「メモ・リアル」the THEATER(2011年9月18日 - 19日 全電通ホール、25日 ニッショーホール、10月1日 東別院ホール、2日 エル・シアター)
  • 男子ing!!(2011年10月14日 - 20日、相鉄本多劇場) - 遠藤先生 役
  • ジパングパイレーツ(2011年12月21日 - 28日、笹塚ファクトリー) - セツナ 役
  • 舞台『弱虫ペダル』(2012年2月1日 - 6日、天王洲銀河劇場) - 鳴子章吉 役
    • 舞台『弱虫ペダル』根学園篇〜眠れる直線鬼〜(2013年1月30日 - 2月6日、紀伊國屋サザンシアター
    • 舞台『弱虫ペダル』インターハイ篇 The First Result(2013年8月24日 - 9月1日、東京・サンシャイン劇場/ 2013年9月7日 - 8日、大阪・シアターBRAVA!)
    • 舞台『弱虫ペダル』インターハイ篇 The Second Order(2014年3月13日 - 16日、天王洲銀河劇場/ 20日 - 22日、埼玉県熊谷会館/ 26日 - 30日、シアターBRAVA!)
    • 舞台『弱虫ペダル』箱根学園篇〜野獣覚醒〜(2014年10月23日 - 26日、大阪・シアターBRAVA!/2014年10月30日 - 11月3日、東京・六本木ブルーシアター)
    • 舞台『弱虫ペダル』インターハイ篇 The WINNER(2015年3月6日 - 15日、東京・日本青年館大ホール/3月19日 - 22日、大阪・シアターBRAVA!/3月26日 - 29日、福岡・キャナルシティ劇場)
    • 舞台『弱虫ペダル』IRREGULAR〜2つの頂上~〜(2015年10月8日 - 10月12日、名古屋/2015年10月22日 - 10月25日、東京/2015年10月29日 - 11月3日、大阪/2015年11月7日 - 11月8日、福岡)
  • ACTOR'S TRASH ASSH 第16回公演「雷ケ丘に雪が降る」(2012年3月14日 - 18日、シアターグリーン) - 胤春/他 役
  • 土御門大路〜陰陽師・安倍晴明と貴 船の女〜(能「鉄輪」より)(5月9日 - 11日 渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール、5月19日 中日劇場
  • クリエイティヴ零プロデュース第一弾 舞台「逆境ナイン」(2012年6月2日 - 10日、シアターグリーン) - 古家秀明 役
  • 舞台「VitaminZ」(2012年8月18日 - 28日、前進座劇場) - 多智花八雲 役
  • リーディングドラマ「武士の尾」(2012年9月14日 - 9月15日、紀尾井ホール
  • HYBRID PROJECT Vol.9「ウォルター・ミティにさよなら」再演(2012年10月20日 - 10月21日、サンリオピューロランド内ディスカバリーシアター、10月26日 - 11月3日 相鉄本多劇場) - 博士 役
  • 眠れぬ町の王子様〜prince of the sleepless town〜(2012年11月28日 - 12月2日、スペース・ゼロ) - 空 役
  • ニコニコミュージカル第10弾「千本桜」(2013年3月13日 - 24日、博品館劇場) - 鏡音錬
  • 超青春合唱コメディ「SING!」(2013年6月5日 - 16日、東京芸術劇場、大阪世界館) - 須藤晴樹 役
  • 歳末明治座 る・フェア 〜年末だよ!みんな集合!!〜(2013年12月21日 - 24日・31日、明治座/NHK大阪ホール) - 喜三太
  • うさぎレストラン(2014年2月19日 - 24日、六行会ホール) - 茜 役
  •  キタムラ印プロデュース公演#5 『ハナレウシ』(2014年6月25日 - 29日全労済ホール/スペース・ゼロ) - 伊藤俊輔 役
  • 刻め、我ガ肌ニ君ノ息吹ヲ(2014年7月16日 - 21日、俳優座劇場) -ト部 役
  • 遙かなる時空の中で5(2014年9月24日 - 10月1日、全労済ホール/スペース・ゼロ) - チナミ 役
  • 舞台『聖☆明治座 るの祭典〜あんまりカブると怒られちゃうよ〜』 (2014年12月19日 - 23日東京・明治座/12月27日大阪・梅田芸術劇場メインホール) – 虎之介(清正) 役
  • ムッシュ・モウソワール「ブラック・ベルト」(2015年5月5日 - 5月9日、渋谷区分化総合センター大和田 伝承ホール)
  • 『眠れぬ夜のホンキートンクブルース第二章 〜飛躍〜』(2015年5月30日 - 6月7日、東京・紀伊國屋サザンシアター/2015年6月11日、名古屋・名古屋市青少年文化センター アートピアホール/2015年6月13日、福岡・西鉄ホール/2015年6月16日 - 17日、大阪・エル・シアター/2015年6月19日、仙台・イズミティ21 小ホール) - ノンノ 役
  • OFFICE SHIKA PRODUCE「竹林の人々」(2015年7月30日 - 8月9日、東京 座・高円寺1/2015年8月13日 - 8月16日、大阪 HEPホール)[3]
  • 朗読劇「グリムDOWA」(2015年8月29日、府中の森芸術劇場 ふるさとホール)[4]
  • 舞台「晦日明治座納め・る祭」(2015年12月29日 - 12月31日、明治座/2016年1月16日、大阪梅田芸術劇場メインホール)
  • SHOW BY ROCK!! MUSICAL〜唱え家畜共ッ!深紅色の堕天革命黙示録ッ!!〜(2016年2月11日 - 16日、Zeppブルーシアター六本木) - ヤイバ 役
  • 劇団鹿殺し15周年記念・怒パンク時代劇「名なしの侍」(2016年7月16日 - 24日、サンシャイン劇場/2016年7月28日 - 31日、ナレッジシアター)[5]
  • ミュージカル『刀剣乱舞』〜幕末天狼傳〜(2016年9月24日 - 10月10日・11月17日 - 27日 東京 AiiA 2.5 Theater Tokyo、2016年10月15日・10月16日 福岡 キャナルシティ劇場、2016年10月21日 - 10月30日 大阪 サンケイホールブリーゼ 2017年1月13日 - 15日 上海 虹橋芸術中心) - 大和守安定 役[6]
  • 朗読劇 旅猫リポート(2017年1月25日 - 29日、博品館劇場) - ナナ・サトル 役[7]
  • TRICKSTER(2017年4月、Zeppブルーシアター六本木) - 小林芳雄 役
  • 舞台ハイスクール!奇面組(2017年6月1日 - 4日(予定)、全労済ホールスペース・ゼロ) - 物星大[8][9]
  • 舞台「文豪ストレイドッグス」(2017年12月22 - 24日 KAAT神奈川芸術劇場、2018年1月12日 - 13日 森ノ宮ピロティホール、2018年1月31日 - 2月4日 AiiA 2.5 Theater Tokyo) - 中島敦 役

ミュージックビデオ[編集]

書籍[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e タウンワークマガジン. “鳥越裕貴インタビュー1 〜バトンでつなぐ「明日のつくり方」〜”. 2017年2月7日閲覧。
  2. ^ a b c 砂岡事務所. “鳥越 裕貴 砂岡事務所”. 2017年2月7日閲覧。
  3. ^ 過去の公演”. 劇団鹿殺しSHIKA564■Official Web Site (2015年11月19日). 2017年1月7日閲覧。
  4. ^ 出演者”. -Stage-朗読劇『グリムDOWA』|Project Re;Lire(プロジェクト・リーレ). 2017年1月7日閲覧。
  5. ^ 過去の公演”. 劇団鹿殺しSHIKA564■Official Web Site (2016年11月7日). 2017年1月7日閲覧。
  6. ^ 上海に2.5次元の中国公演用劇場、こけら落としはミュージカル「刀剣乱舞」場”. ステージナタリー (2016年10月12日). 2017年1月7日閲覧。
  7. ^ CAST”. 朗読劇 旅猫リポート. 2017年1月7日閲覧。
  8. ^ 舞台「ハイスクール!奇面組」一堂零は平野良、唯は松田彩希!キービジュも解禁”. コミックナタリー (2017年4月28日). 2017年4月28日閲覧。
  9. ^ 舞台「ハイスクール!奇面組」公式サイト”. 2017年4月28日閲覧。
  10. ^ 廣瀬智紀はドS社長、佐藤流司は不良…妄想ストーリー写真集「2.5次元男子」”. コミックナタリー (2015年8月28日). 2015年8月28日閲覧。

外部リンク[編集]