天然石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

天然石(てんねんせき)とは、本来は人工的に合成されたもの以外の鉱物岩石の漠然とした総称。科学的な定義はなされていない。

文字通りには道端のでも石綿でさえも天然石と言える。宝石と呼ぶほどの価値はないが、装飾目的として建材半貴石に利用できる石に対して、商業的な価値を与えるためにこの呼び名を用いられる。

一方、しばしば定義や不思議な効能に関する説明がつけられ、原価と釣り合わない高値で市販されるケースがある。この場合、しばしば「パワーストーン」の同義語として扱われる。

天然石として販売されている石であっても、熱処理放射線処理によって色調を変化(エンハンスメントと呼ばれる)させたものや、アクアオーラのように蒸着処理を施したもの、あるいは色素によって直接着色したものなどもある。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]