埼玉県立安行武南自然公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
指定域中央にある川口JCT

埼玉県立安行武南自然公園(さいたまけんりつ あんぎょうぶなんしぜんこうえん)は、埼玉県さいたま市川口市にある県立自然公園

概要[編集]

さいたま市東部の浦和美園周辺と川口市東部の安行地区の2か所に分かれて指定されている自然公園。面積は1,159.0 ha[1]。ほぼ全域が大宮台地(鳩ヶ谷支台)に位置している。 他の県内自然公園とは異なって都市部にあり、急速に宅地化が進んでいるため市街地面積の方が広い。指定当時は苗木の産地として安行が著名であったことや鉄道がなかったため、宅地化は抑えられていたが、2000年には埼玉高速鉄道が開通したほか、東京外環自動車道首都高速川口線など道路網の整備により環境が激変した。自然を保護する目的から川口パーキングエリア周辺には2019年ハイウェイオアシスとして赤山歴史自然公園が整備されている。

都市化の進展に伴い1994年(平成6年)9月16日には、川口市東川口一丁目、戸塚一丁目、戸塚四丁目、北原台一丁目、北原台二丁目、北原台三丁目、差間三丁目及び大字戸塚の全部並びに戸塚二丁目、戸塚三丁目、戸塚五丁目、差間一丁目、差間二丁目、大字東内野、大字源左衛門新田、大字石神、大字西立野、大字長蔵新田、大字差間、大字行衛、大字安行西立野、大字安行慈林、大字安行吉岡、大字新井宿及び大字赤山の各一部、浦和市大字中野田、大字南部領辻、大字下野田、大字大門東大門一丁目、東大門二丁目及び大字間宮の各一部並びに鳩ヶ谷市桜町二丁目及び桜町三丁目の各一部の約776 haが削除された。

沿革[編集]

区域[編集]

域内にある施設[編集]

埼玉県花と緑の復興センター

脚注[編集]

  1. ^ a b 埼玉県の自然公園 - 埼玉県. (2016年4月11日)、2016年8月17日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]