赤堀用水路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
川口市差間地区(2015年12月)

赤堀用水路(あかほりようすい)は、埼玉県川口市を流れる用水路赤堀用水[1]とも呼称される。

概要[編集]

川口市差間で見沼代用水東縁から取水し[2][3][1]、南東方向へ流れ、大宮台地の鳩ヶ谷支台を横断する。戸塚南など区画整理によって造成が進むエリアで支線水路を分岐[1]しつつ過ぎ、埼玉高速鉄道戸塚安行駅付近に至ると伝右川に至る水路(地図によっては一の橋放水路と記されている)を分岐しつつやや南寄りに向きを変え、さらに南流する。流末は佐藤堀、川戸堀に合流し[1]、最終的に草加市との境界が近い峯付近で辰井川の上流部に合流する。流路延長は約10 kmで灌漑面積は850 haである[1]。付近には新郷多目的遊水池が整備されている。流域は都市部においても比較的自然が残されているエリアであり、「赤堀用水沿斜面林ふるさとの森」などが整備されている。

橋梁[編集]

橋は数多く架かるが名前の付いた橋は少ない。

周辺[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 「角川日本地名大辞典」編纂委員会『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』角川書店、1980年7月8日、65頁。ISBN 4040011104
  2. ^ 東西縁用水路系統図 - 見沼代用水土地改良区、2015年12月6日閲覧。
  3. ^ 草加の歴史 第4 河川や用水路が整えられた - 草加市中央図書館、2015年12月6日閲覧。

関連項目[編集]