タンデム自転車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
タンデム自転車
タンデム形式のリカンベント
10人乗りのタンデム自転車

タンデム自転車(タンデムじてんしゃ、: tandem bicycle: 協力車)は、複数のサドルペダルを装備し、複数人が前後に並んで乗り同時に駆動することができる自転車。タンデム(tandem)とは英語で「座席が前後に二つ(以上)並んだ」という意味の形容詞で、オートバイの二人乗りや小型航空機の座席配置を指す際にもこの語が使われる。通常2人乗りだが、3人、4人、5人乗りのためのものもある。日本工業規格 JIS D 9111:2010(自転車—分類及び諸元)や道路標識などではタンデム車と表記される。タンデム自転車に複数人が乗るサイクリングを特にタンデムサイクリングと呼ぶ。それぞれがペダルを踏むため、1人乗りよりも強い力が出る。2人以上でペダルを回すことで合計の出力は倍になり、かつ後ろ側に乗車した人は空気抵抗を受けにくいために、1人乗りの自転車よりも高速走行に有利である。

歴史[編集]

19世紀に一時爆発的に流行したことがあったが、第一次及び第二次世界大戦をはさんで、すたれていった。しかし技術の進歩により、構成部品の性能が著しく向上したこともあり、さまざまな車種で登場している。ランドナーマウンテンバイクロードバイクはもとよりリカンベントなどにも存在する。

一般の自転車との相違点[編集]

最前部に乗車する人はキャプテンまたはパイロット、それ以外の後部に乗車する人はストーカー (: Stoker) またはコパイロット (: co-pilot) と呼ばれる。キャプテン・コパイの呼称関係は飛行機と同じ(機長・副操縦士。機長が主導権を握り、副操縦士は支援に回る)。

2人乗りのタンデム自転車は、2人で漕ぐことにより出力が2倍になる一方で空気抵抗はあまり増えないので、1人乗り自転車と比較して高速での走行が可能となる。一方、2人分の体重や脚力に対応するために丈夫な構造が求められるために車重は重く、登坂などは軽量な素材が使われた1人用自転車に劣る。また長いホイルベースにより高速での安定性に優れるが、低速走行や小回りは不安定で苦手である。

クランクセット[編集]

クランクは搭乗者の数と同じ数だけ取り付けられており、2人乗りのタンデムでは2組のクランクが用いられている。クランク間を結合するチェーンのかけ方によって2種類に分けられている。

  • パラレル(シングルサイド)ドライブ - キャプテン、ストーカーのクランク間が車体右側で連動する構造。
  • クロスオーバードライブ - キャプテン、ストーカーのクランク間が車体左側で連動する構造。左右両側に歯車があるクランクと、片側に歯車があるクランクを、組み合わせて用いる。

クロスオーバードライブ用のクランクは、ストロングライトなどのメーカーより製造販売がされている。

チェーン[編集]

一般の自転車ではチェーンのゆるみを取るために、後輪軸の位置を移動できるようにし、チェーン引きというねじで張力を調整する。タンデムの場合もストーカー側のチェーンの張りはこの方法で調整できるが、キャプテン―ストーカー間のチェーンの張りの調整ができない。そのためチェーンテンショナーというばねの付いた部品で張力を調整するか、キャプテン側のクランク取り付け部にエキセントリックハンガーという位置調整のできる特殊な部品を使って張力を調整する。

ブレーキ[編集]

一般の自転車より重いタンデム車ではブレーキも特殊であり、搭乗者分の積載重量を考慮したタンデム専用ブレーキを用いる。 例えば、前後2つのブレーキを一つのブレーキレバーで操作できるようにした2本引きのブレーキレバーと、前輪用のブレーキレバーと組み合わせて使った3本ワイヤー式のもの[1]や、ドラッグブレーキといったものを使うことがある。 タンデムに適した強力な制動力を得る用に設計された、専用ブレーキ(かつてはマファック英語版社タンデムブレーキ、マキシカ(Maxi~Car)社タンデム用大径内拡式ブレーキ)が利用される。

ホイール[編集]

ホイールは2人分の体重と脚力に対応するために、40本または48本(場合によっては56本)のスポークを使い、後輪のオーバーロックナット寸法は145〜155mmと一般の自転車より幅の広いものが利用される。ハブには、一般の自転車よりも太いハブ軸が用いられる。

競技[編集]

トラックを走るタンデム自転車

自転車競技トラックレースには、タンデムスプリントという種目がある。オリンピックでは1972年ミュンヘンオリンピックまで、世界選手権自転車競技大会では1994年イタリア・パレルモ大会まで実施種目であった。日本では今日でも全日本学生選手権自転車競技大会全日本大学対抗選手権自転車競技大会といった大学生の大会において実施されている。

障害者スポーツとしてのパラサイクリングでは、視覚障害クラスの競技としてロードトラックともタンデム自転車を使用したレースが実施されている。この場合、健常者がパイロット(前乗り選手)として前席に乗り、視力障害者のサイクリストはストーカーとして後席に乗り競技を行う。タンデム自転車を使用したパラサイクリング競技が行われる代表的な大会として、国際的なものではパラリンピックのほかUCIパラサイクリング世界選手権、日本国内のものでは日本障害者自転車競技大会・日本パラサイクリング選手権などが挙げられる。

日本国内での扱い[編集]

自転車専用道路の標識(東京都千代田区)
この本標識は一定の時機[2]に限り「普通自転車以外の車両の通行を禁止する」効果があるが、補助標識の「タンデム車を除く」があるので、タンデム自転車を本標識の規制から除外[3]しており、結局として通行可能としている。また、規則[4]に基づき、前掲「一定の時機」以外の時機においては[5]タンデム乗車は禁止される[6]

主にレジャー用に利用される他、視覚障害者でもサイクリングを楽しめる手段として活用されている。公園や特設コースなど、一般に開放されないコースでレンタサイクルとして貸し出されていることが多い。

道交法[編集]

日本の道路交通法では、乗車装置(幼児用を除く)が1つのもののみを普通自転車として定めている[7][8]。また、道路標識道路標示補助標識などにおいて、単に「自転車」とある場合は普通自転車のみのことを指す[9]

よって、タンデム自転車はその範囲に含まれず「普通自転車以外の自転車」扱いとなるため、歩道通行などは認められない[10]

なお、補助標識に「自転車を除く」とある場合は、法令的に「普通自転車を除く」の意味となり、タンデム自転車はその規制除外対象とはならない

いっぽう、補助標識に「軽車両を除く」とある場合には、字義通り「軽車両を除く」の意味となり、軽車両はタンデム自転車含む全ての自転車を含むので、タンデム自転車はその規制除外対象となる

また、道交法のみではタンデム自転車の公道走行について特に制限は設けられていないが、各都道府県公安委員会が設定する道路交通法施行細則または道路交通規則などといった規則により、自転車専用道路等を除く一般公道でのタンデムサイクリングが禁止されている場合が多い(各都道府県別の概要は後述)。

公道走行[編集]

2015年12月現在、二輪のタンデム車が一般公道を走行することが明確に認められているのは、以下の11府県である。多くが自転車関連団体や視覚障害者団体などの要請を受けたものである。

  • 県道路交通法施行細則では、「2人乗り用としての構造を有する自転車に運転者以外の者1人を乗車させる場合」を乗車人員制限の例外としているため、2人乗りタンデム車が一般公道を通行することを明文で認めている。タンデム自転車に関する規定は日本で最も古く、当時から軽井沢で行われていたタンデム自転車のレンタルを後追いするように設定されたものである[11]
  • 武庫川サイクリングロードで18年続いている視覚障害者など自転車に1人では乗れない人達を交えたイベント「兵庫タンデムサイクリングを楽しむ会」(兵庫県障害者タンデムサイクリング協会主催)による成果といわれる。
  • 幼児2人同乗用自転車の解禁と同時にタンデム自転車の公道通行が認められるようになった[12]。山形県でも兵庫県同様、以前からサイクリングロードで視覚障害者タンデム自転車サイクリング大会が行われていた[13]
  • 以上5県でそれまでタンデム自転車による事故がないことや、5回の試験走行で安全性が確認できたことから、県公安委員会が道路交通法施行細則を改正、2012年11月12日にタンデム自転車の一般道路での通行が解禁された[17]
  • 2013年6月、佐賀市出身でトライアスロン世界選手権の視覚障害者部門で優勝した柳川春己氏よりタンデム自転車に関する提案を受けた県警は、その後の試走により公道走行に問題がないと判断、同年11月12日の道交法施行細則改正を経て翌月よりタンデム自転車の公道走行が可能となった[18]

これら公道走行が認可されている府県でも、前後方向に乗員が座るタンデム車のみが認可されており、横方向に乗員が座るタンデム車は走行を許可されていない。

北海道[編集]

東北地方[編集]

  • 青森県 - 自転車専用道路にて利用可能[2]
  • 岩手県 - 自転車専用道路にて利用可能[3]
  • 宮城県 - 自転車専用道路にて利用可能
  • 秋田県 - 自転車専用道路にて利用可能[4]
  • 山形県 - タンデム車の乗車装置に応じた人員を乗車させることが可能[5]
  • 福島県 - 自転車専用道路にて利用可能[6]

関東地方[編集]

  • 茨城県 - 縦列ならば、自転車専用道路及び自転車歩行者専用道路にて利用可能[7]
  • 栃木県 - 自転車専用道路にて利用可能[8]
  • 群馬県 - 二人までならば利用可能[9] (PDF)
  • 埼玉県 - 自転車専用道路にて利用可能
  • 千葉県 - 三輪ならば利用可能
  • 東京都 - 自転車専用道路、及び指定された道路にて利用可能[10]
  • 神奈川県 - 自転車専用道路又は自転車歩行者専用道路にて利用可能

中部地方[編集]

  • 新潟県 - 二人乗りの構造を有する場合、二人まで利用可能。運転者以外を並列に乗車させる場合は三人まで利用可能。[11]
  • 富山県 - 自転車専用道路にて利用可能[12]
  • 石川県 - 自転車専用道路にて利用可能[13]
  • 福井県 - 自転車専用道路にて利用可能。三輪で二人までならば、他の道路でも利用可能[14] (PDF)
  • 山梨県 - 自転車専用道路にて利用可能[15]
  • 長野県 - 二輪ならば二人まで利用可能。三輪ならば乗車装置に応じた人数で利用可能[16]
  • 岐阜県 - 自転車専用道路にて利用可能[17]
  • 静岡県 - [18]
  • 愛知県 - 二輪ならば二人まで利用可能。三輪の場合は場所の限定なく利用可能。[19]

近畿地方[編集]

  • 三重県 - 自転車専用道路にて利用可能[20]
  • 滋賀県 - 自転車専用道路にて利用可能[21] (PDF)
  • 京都府 - 自転車専用道路にて利用可能[22]
  • 大阪府 - 三輪であれば利用可能[23]
  • 兵庫県 - 二人までならば利用可能[24] (PDF)
  • 奈良県 - 自転車専用道路にて利用可能[25]
  • 和歌山県 - 縦列ならば、自転車専用道路及び自転車歩行者専用道路にて利用可能[26]

中国地方[編集]

  • 鳥取県 - 運転者が16歳以上でかつ縦列ならば二人まで指定区間にて利用可能[27]
  • 島根県 - 二輪の場合、自転車専用道路にて利用可能。三輪以上の場合は場所の限定なし。[28]
  • 岡山県 - 自転車専用道路にて利用可能[29]
  • 広島県 - 縦列ならば二人まで利用可能。それ以上は自転車専用道路にて利用可能[30]
  • 山口県 - 自転車専用道路及び自転車歩行者専用道路にて利用可能[31] (PDF)

四国地方[編集]

  • 徳島県 - 自転車専用道路にて利用可能[32]
  • 香川県 - 自転車専用道路にて利用可能[33]
  • 愛媛県 - 縦列ならば二人まで利用可能。それ以上は自転車専用道路にて利用可能[34]
  • 高知県 - 自転車専用道路にて利用可能[35]

九州・沖縄地方[編集]

  • 福岡県 - 自転車専用道路にて利用可能
  • 佐賀県 - 二人乗りの構造を有する場合、二人まで利用可能。有償運送の場合は三人まで利用可能。[36]
  • 長崎県 - 自転車専用道路にて利用可能[37] (PDF)
  • 熊本県 - 自転車専用道路又は自転車歩行者専用道路にて利用可能[38]
  • 大分県 - 自転車専用道路にて利用可能
  • 宮崎県 - 「2人乗り用としての構造を有し、かつ、ペダル装置が縦列に設けられた自転車」は一般道路を通行できる。[39]
  • 鹿児島県 - 自転車専用道路にて利用可能[40]
  • 沖縄県 - 自転車専用道路にて利用可能[41]

タンデム自転車で世界一周した夫妻[編集]

タンデム自転車は、冒険の要素を含んだ自転車旅行に使用されることがある。日本人では1997年6月から2007年11月の10年5カ月、タンデム自転車で世界88カ国、約10万5000キロを走破した宇都宮一成・トモ子夫妻[21][22]や、2004年7月から2005年1月、2007年4月から2009年6月の2回に分けて、タンデム自転車で世界43カ国、約2万6000キロを走行した青木史也・直美夫妻がいる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2本引きのブレーキレバーでブレーキの負担が前後に分散される。加えて左右のブレーキレバーを同時に握ると3本のワイヤーが引かれ、前輪用ブレーキにおいては2つのレバー通じて両手で把握することから、2本ワイヤー式よりも制動力が高まる。
  2. ^ 「日曜日の10時から16時までの間(悪天候または行事日を除く)」
  3. ^ ただし道路標識、区画線及び道路標示に関する命令に「タンデム車」の定義は無いため、当該除外は類推解釈による
  4. ^ 東京都道路交通規則第10条第1項アの(ウ)
  5. ^ (本標識の効力が無いため)
  6. ^ タンデム自転車に1人乗りは常時可能
  7. ^ 道交法第63条の3、道路交通法施行規則第9条の2
  8. ^ なお、タンデム自転車に1人乗りしたとしても依然として普通自転車には該当しない
  9. ^ 道路標識、区画線及び道路標示に関する命令 別表第2備考一の(六)
  10. ^ そもそも、車道通行の例外(普通自転車#歩道通行の要件参照)として歩道通行が認められる自転車は、少なくとも普通自転車に該当する自転車だけである。
  11. ^ “(ニュースQ3)2人乗りタンデム自転車、公道OKの地域増加中”. 朝日新聞デジタル. (2015年12月17日). http://digital.asahi.com/articles/DA3S12120490.html?_requesturl=articles%2FDA3S12120490.html&rm=150 2015年12月17日閲覧。 
  12. ^ “3人乗り自転車、県内解禁 業界団体は助成創設陳情も”. 山形新聞. (2009年7月17日). http://yamagata-np.jp/news/200907/17/kj_2009071700309.php [リンク切れ]
  13. ^ “目が不自由でも風切って走ろう 山形・26日にタンデム自転車の大会”. 山形新聞. (2010年9月3日). http://yamagata-np.jp/news/201009/03/kj_2010090300039.php [リンク切れ]
  14. ^ 2人乗りタンデム自転車の一般道路通行について「愛媛県道路交通規則」の一部改正 2010年8月21日閲覧。
  15. ^ 広島県道路交通法施行細則の一部を改正する規則 (PDF)
  16. ^ “タンデム走行可能に 広島県”. 中国新聞. (2010年8月11日). http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201008110036.html [リンク切れ]
  17. ^ {{cite news |title=視覚障害者もサイクリング…宮崎でタンデム自転車解禁 : 健康ニュース : yomiDr./ヨミドクター(インターネット・アーカイブ:2013年11月30日) |author= |newspaper=読売新聞 |date=2012-11-12|url=https://web.archive.org/web/20121130194554/http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=67967 |accessdate=}2015年12月17日}
  18. ^ “2人乗りタンデム自転車12月から公道通行OK(インターネット・アーカイブ:2014年1月8日)”. 西日本新聞. (2013年11月13日). https://web.archive.org/web/20140108141037/http://www.nishinippon.co.jp/nnp/saga/article/52020 2015年12月17日閲覧。 
  19. ^ “2人乗りタンデム自転車12月から公道通行OK(インターネット・アーカイブ:2014年1月8日)”. 西日本新聞. (2014年3月21日). http://www.cyclesports.jp/depot/detail/40388 2015年12月17日閲覧。 
  20. ^ 京都府警. “京都府内でタンデム自転車に2人乗りをすることができるようになりました”. http://www.pref.kyoto.jp/fukei/kotu/koki_k_t/jitensha/tandemu.html 2015年12月17日閲覧。 
  21. ^ “(ニッポン人脈記)自転車でいこうよ:1”. 朝日新聞: p. 1. (2013年2月25日). http://www.asahi.com/culture/articles/TKY201302250077.html 2013年2月25日閲覧。 
  22. ^ 宇都宮一成 2010.

関連書籍[編集]

  • 宇都宮一成、トモ子 『世界でいちばん長いハネムーン : 10年間、88ヶ国をめぐるタンデム自転車の旅』 風濤社、2010年ISBN 9784892193286
  • 青木史也 『ちゃんと漕げ!』 彩図社、2010年ISBN 9784883927661

関連項目[編集]

外部リンク[編集]