シマアジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シマアジ
Pseudocaranx dentex (White trevally).jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: スズキ目 Perciformes
亜目 : スズキ亜目 Percoidei
: アジ科 Carangidae
亜科 : アジ亜科 Caranginae
: シマアジ属 Pseudocaranx
Bleeker, 1863
: シマアジ P. dentex
学名
Pseudocaranx dentex
(Bloch and Schneider,1801)
和名
シマアジ(縞鯵、島鯵)
本文参照
英名
White trevally
Striped jack

シマアジ(縞鯵、島鯵、学名 Pseudocaranx dentex )は、スズキ目アジ科に分類される海水魚の一種。亜熱帯・温帯海域の沿岸部に生息する大型のアジである。食用にもなり、日本ではアジ類の中で最高級の食材として扱われる。

名称[編集]

標準和名「シマアジ」はもともと東京・和歌山・富山・高知など各地で呼ばれていた呼称で、体側に縦帯があることから「縞鯵」、もしくは伊豆諸島など島嶼での漁獲が多いことから「島鯵」の名がある。他に日本での地方名はオオカミ(伊豆諸島での大型個体の呼称)、コセ(和歌山)、コセアジ(高知)、ヒラアジ(熊本)、カツオアジ(鹿児島)、カイワリなどがある。「カイワリ」「ヒラアジ」は本種のみならず大型・扁平な体をしたアジ類の混称で用いられる。カイワリは別のアジの一種 Carangoides equula の標準和名でもある[1][2][3]

学名の種名"dentex"は「」の意で、扁平な体型がタイ類に似ることに因る。英名は"White trevally"(白いアジ)、または和名と同じ由来で"Striped jack"(縞アジ)とも呼ばれる[3]

形態[編集]

成魚は最大で全長122cm・体重18.1kgの記録があるが、通常は全長1mほどまでである[4]。体は長楕円形で体高が高く、側扁する。体色は背側が青緑色、腹側が銀白色をしている。幼魚は体側中央に幅広い黄色の縦線があるが、成長に従い不明瞭になる。また鰓蓋中央部・胸鰭のすぐ上に黒斑が一つある[2][5]

目は頭部に比してやや小さく、脂瞼はない。吻は眼径よりも長く前に突き出る。唇は薄くあまり頑丈ではないが、筒のように前に突き出すことができる。各鰭の鰭条は、第一背鰭8棘・第二背鰭1棘23-26軟条・臀鰭2遊離棘1棘21-23軟条である。側線の前半部は上向きの弧を描き、第二背鰭第13軟条下から直走する。稜鱗は直走部の3/4程度に25-31枚が並ぶ[1][5][6]

生態[編集]

全世界の亜熱帯・温帯海域に広く分布するが、東部太平洋には分布しない。また赤道付近の熱帯海域にもいない。日本沿岸の分布域は、日本海側が新潟県以南、太平洋側が岩手県南部以南である。沿岸から沖合いの水深200m付近までの浅い海に生息する[4][1][5]

群れで海中を遊泳する。食性肉食で、小魚甲殻類などの小動物を捕食する。遊泳するものを追って捕食する他にも、海底の砂を口で掘り、砂中に潜む小動物を吸い込んで食べる。繁殖期は冬で、日本近海では12-3月に産卵する。卵は分離浮遊卵である[5]

利用[編集]

釣り定置網などの沿岸漁業で漁獲される。大型魚で美味なため釣りの対象としても人気が高いが、唇が薄いので釣り針が外れ易い。また定置網では大型個体が入ることは少ない[2][7][8]
関東の釣り人の間では、体長80cmを超えるものは「オオカミ」と呼ぶ地域がある。

日本ではアジ類の中で最高級の食材として珍重される。刺身寿司種、塩焼き蒸し物などの料理で食べられる。沿岸各地で漁獲される他に養殖も行われている[2][5]

同属種[編集]

シマアジ属 Pseudocaranx は4種のみが知られる。

参考文献[編集]

  1. ^ a b c 蒲原稔治著・岡村収補訂『エコロン自然シリーズ 魚』1966年初版・1996年改訂 保育社 ISBN 4586321091
  2. ^ a b c d 石川皓章『釣った魚が必ずわかるカラー図鑑』2004年 永岡書店 ISBN 4522213727
  3. ^ a b 中村庸夫『魚の名前』2006年 東京書籍 ISBN 4487801168
  4. ^ a b Pseudocaranx dentex - Froese, R. and D. Pauly. Editors. 2009. FishBase. World Wide Web electronic publication. version (11/2009)
  5. ^ a b c d e 岡村収・尼岡邦夫監修『山渓カラー名鑑 日本の海水魚』(アジ科解説 : 木村清志)1997年 ISBN 4635090272
  6. ^ 内田亨監修『学生版 日本動物図鑑』1948年初版・2000年重版 北隆館 ISBN 4832600427
  7. ^ 檜山義夫監修『野外観察図鑑4 魚』1985年初版・1998年改訂版 旺文社 ISBN 4010724242
  8. ^ 本村浩之監修 いおワールドかごしま水族館『鹿児島の定置網の魚たち』2008年