ビーナスライン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ビーナスラインは、長野県茅野市本町西の国道299号国道152号上田市武石上本入の美ヶ原高原美術館を連絡する観光道路である。蓼科有料道路霧ヶ峰有料道路を併せて呼ぶ愛称[1]として1968年に公募で決定し[2]、無料開放後も継続して使用されている。

霧ヶ峰付近(2005年8月)

長野県企業局によって、有料道路として建設・運営されてきたが、1986年より順次無料開放され、2002年に全線無料開放[3]された。中央自動車道諏訪IC中央本線茅野駅から蓼科高原八ヶ岳山麓、白樺湖車山高原霧ヶ峰美ヶ原といった高原の観光地を結ぶ。国道152号国道142号に連絡。八島ヶ原湿原駐車場(霧ヶ峰と和田峠の中間部) - 美ヶ原の区間は冬季閉鎖される(概ね12月 - 4月)。

県道としての名称[編集]

地理[編集]

車山高原バス停

八ヶ岳中信高原国定公園の高原地帯を通るルート上には、蓼科高原、白樺湖、車山高原、霧ヶ峰、八島ヶ原湿原、美ヶ原高原といった観光地が並び、森林や高原地帯をワインディングロードで抜けてゆく日本有数の景観を誇る地にある[4]。 長野県道40号諏訪白樺湖小諸線の沿線は、レジャー施設が集まる白樺湖があり、なだらかな丘陵地を登ると草原が広がる車山があり、八ヶ岳や南アルプスの山々を望むことができる[5]。 霧ヶ峰は、7月ごろに高山植物のニッコウキスゲの花が長野県道40号諏訪白樺湖小諸線の沿道で咲き乱れる地で知られ、長野県道194号霧ヶ峰東餅屋線の沿道に、国の天然記念物に指定される八島ヶ原湿原がある[6]。和田峠付近で国道142号と交差し、これより以西の長野県道460号美ヶ原公園東餅屋線・長野県道178号美ヶ原和田線の区間は針葉樹林地帯で、アップダウンのあるワインディングロードと落合大橋から美ヶ原高原までのつづら折りの道路となる[4]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

沿線[編集]

ビーナスラインより眺める焼山
鷲ヶ峰沿いに走るビーナスライン

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ビーナスラインに関する参考資料2 (PDF)”. 長野県. 2013年4月7日閲覧。
  2. ^ ビーナスラインの由来について”. 長野県 (2004年1月23日). 2013年4月7日閲覧。
  3. ^ 平成14年 県政おもなできごと”. 長野県. 2013年4月7日閲覧。
  4. ^ a b 須藤英一 2013, p. 93.
  5. ^ 須藤英一 2013, pp. 92-93.
  6. ^ 須藤英一 2013, pp. 90-93.

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]