長野県道67号松本和田線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Japanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
長野県道67号標識

長野県道67号松本和田線(ながのけんどう67ごう まつもとわだせん)は、長野県松本市城東2丁目から小県郡長和町和田字桂の木に至る主要地方道である。

概要[編集]

本県道の一部区間(旧よもぎこば林道に並行する扉温泉経由の区間は除く)と旧よもぎこば林道は『アザレアライン』とも呼ばれている。 扉温泉周辺の区間は谷沿いの山深い地にある一本道であり、車一台が通れる程度の狭隘路である。舗装はされているものの自然劣化による凹凸の多い悪路となっている(旧よもぎこば林道がこの区間のバイパスとして機能しているため、松本方面より扉温泉に向かう観光客のために必要最低限の保守点検を行っている状況である)。

なお、松本和田線の入山辺(扉温泉)から扉峠区間は土砂崩れにより平成25年6月より終日全面通行止めとなっており復旧の見通しは立っていない。

平成28年1月29日から30日にかけて、扉温泉周辺にて雨氷を原因とする大規模な倒木が発生した。道路の一部が通行不可能になり、一時扉温泉地区の孤立化災害も発生した。

路線データ[編集]

  • 起点:長野県松本市城東2丁目(城東二丁目交差点、国道143号交点)
  • 終点:長野県小県郡長和町和田字桂の木(国道142号交点)

沿革[編集]

  • 1982年(昭和57年)4月1日:美ヶ原公園線の一部、松本唐沢線を主要地方道松本和田線へ指定[1]
  • 1982年(昭和57年)9月13日:松本唐沢線を松本和田線へ変更。

重複区間[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差している道路[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 昭和57年建設省告示第935号

関連項目[編集]