能登島交通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
能登島交通株式会社
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 能登島交通
本社所在地 日本の旗 日本
926-0213
石川県七尾市能登島須曽町40-7
設立 1967年(昭和42年)12月
業種 陸運業
法人番号 8220001015579
事業内容 一般乗合旅客自動車運送事業、
一般貸切旅客自動車運送事業
テンプレートを表示

能登島交通株式会社(のとじまこうつう)は、石川県七尾市能登島に本社を置くバス事業者である。

概要[編集]

1967年(昭和42年)、能登島町・能登島町農協・能登商船・島内の全集落が出資して「能登島バス運輸(のとじまバスうんゆ)」の名称で第三セクター方式により会社設立し、翌1968年(昭和43年)5月13日に運行を開始。

長く能登島における交通の柱であったが、1982年(昭和57年)4月3日の能登島大橋の開通により和倉温泉・七尾駅へ乗り入れるようになったが、この際には北陸鉄道との協定により、七尾駅-大橋駐車場間はクローズドドアシステムを採用していた。なお、クローズドドアシステムは七尾バスの撤退(後述)に伴い、2002年(平成14年)4月1日に廃止されている。

路線[編集]

曲線

能登総合病院 - 七尾駅前 - 国立七尾病院前 - 和倉駅前 - 観光会館前 - 和倉温泉 - 大橋駐車場 - 波止場 - 本佐波 - 久美 - マリンパーク・島の湯 - 向田宮ノ前 - ガラス美術館前 - 曲入口 - 曲漁港前・のとじま臨海公園

  • 同社の幹線路線である。大橋駐車場で南線、向田宮ノ前で祖母ヶ浦(ばがうら)線と乗り換えできるようになっている。
  • 1988年(昭和63年)1月24日からは北陸鉄道(その後七尾バス)と共同運行していたが、2002年3月31日限りで七尾バスが撤退し、能登島交通の単独運行となった。
祖母ヶ浦線

向田宮ノ前 - 長崎 - えのめ - 八ヶ崎 - 祖母ヶ浦

南線

大橋駐車場 - ビハーラの里前 - 田尻・久木 - 南 - マリンパーク・島の湯

車両[編集]

全車日野車を使用している。

乗合バスはトップドアの大型ツーステップ1台・大型ワンステップ2台・中型ノンステップ車3台・小型ワンステップ車1台を使用している。なお、同社では前乗り後払いの乗車方式を採用しており、中扉は使用していない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

七尾市市内交通(バス時刻表)「能登島エリア」の項目に全路線の時刻表が掲載されている。