シロワニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シロワニ
Carcharias taurus newport.jpg
シロワニ
Carcharias taurus
保全状況評価[1]
CRITICALLY ENDANGERED (IUCN Red List Ver. 3.1 (2001))
Status iucn3.1 CR.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 軟骨魚綱 Chondrichthyes
亜綱 : 板鰓亜綱 Elasmobranchii
: ネズミザメ目 Lamniformes
: オオワニザメ科 Odontaspididae
: シロワニ属 Carcharias
: シロワニ C. taurus
学名
Carcharias taurus
Rafinesque, 1810
シノニム

Carcharias tricuspidatus Day, 1878

英名
Grey nurse shark
Sand tiger shark
Spotted-ragged tooth shark
Carcharias taurus distmap.png
シロワニの生息域

シロワニ Carcharias taurus(白和邇、Sand tiger shark) は、ネズミザメ目オオワニザメ科に属するサメ。「ワニ(和邇)」はサメの別称。世界中の暖かい海の沿岸に生息する大型のサメで、全長3.2mに達する。繁殖様式はサメの中でも珍しい卵食・共食い型。

シロワニはミズワニ科シロワニ属とする文献も見られる[2]。オオワニザメ科には他にオオワニザメなども現生している。

分布・生息地[編集]

全世界の温帯・熱帯の海に生息。東太平洋からは知られていない。日本近海にも生息。沿岸性。

形態[編集]

Grey nurse shark 2.jpg

最大で全長320cm、体重158.8kg[3]。体型は流線型で、太く重量感がある。背側の体色は褐色から灰色で、腹側は白色。幼魚期の体側には不鮮明な薄色斑が見られることもあるが、成魚では消失する。吻はやや扁平な円錐形。口は大きく、常時半開きになっている。両顎歯はほぼ同形。歯の形状は牙状で、小さな副咬頭を2つ備える。最前歯だけでなく、後ろの数列も立ち上がり、歯がずらりと並んだ外見は恐ろしい印象を与えるかもしれない。2基の背鰭はほぼ同じ大きさ。尾鰭は上葉が長く伸びる。

生態[編集]

活動は夕方からで昼間は岩陰などでじっとしていることが多い。主な餌生物はサメやエイを含む魚類、甲殻類、頭足類である。

胎生ネズミザメ目に見られる卵食型に分類されるが、シロワニの場合はその最も特殊化したタイプであり、未受精卵だけでなく同じ子宮内の他の胎仔も捕食する卵食・共食い型である。55mmで孵化し、未受精卵や他の胎仔を食べるようになる[4]。17cmになると機能歯が生え揃い、摂食を行う[5]。サメには子宮が2つあり、それぞれに1尾の胎仔が生き残る。そのため産仔数は最大で2尾。妊娠期間は9-12ヶ月、産まれてくる子どもの大きさは約1mである[1]

人との関わり[編集]

世界中の海に生息しているが、一部の地域では数が減少している。オーストラリア東海岸、大西洋南東部の個体群は絶滅の危機に瀕しており、IUCNの評価ではCRITICALLY ENDANGERED(CR)とされている。

性格は見かけによらず大人しく人を襲うことはないとされている(温厚な性格であることから、この鮫を「巨大な子犬」と呼んだ学者もいる)。インターナショナル・シャーク・アタック・ファイルにおいては29件の攻撃例(うち死亡例は2件)のみが報告されている[5]

飼育[編集]

水族館における飼育は比較的容易で、アメリカでは1970年代から飼育を試みる水族館が存在した[6]。現在同国ではジョージア水族館のサメ展示水槽等にて飼育されている[7]。 日本においては1995年オーストラリア産の個体をマリンワールド海の中道が輸送し飼育展示を開始、その後いくつかの水族館が南アフリカ共和国から輸入し水族館飼育種として広まった[8]

2021年時点で、マリンワールド海の中道、京急油壺マリンパークアクアワールド大洗東海大学海洋科学博物館横浜八景島シーパラダイスしながわ水族館登別マリンパークニクス鳥羽水族館須磨海浜水族園すみだ水族館にて飼育展示されている。 この内、すみだ水族館で飼育されている個体は小笠原で捕獲された個体である[9][10][11][12]

飼育展示に比べ繁殖は非常に難しく、過去にシロワニの繁殖に成功した水族館はオーストラリアのアンダーウォーターワールドシーライフムールーラボ英語版マンリーシーライフサンクチュアリー英語版、南アフリカ共和国のシーワールド、ウシャカマリンワールド英語版クウェートクウェートサイエンティフィックセンター英語版日本のアクアワールド大洗の6館のみ[8][13]

また日本国内の水族館では、繁殖に向けた取り組みとしてマリンワールド海の中道、京急油壺マリンパーク、アクアワールド大洗、東海大学海洋科学博物館、横浜八景島シーパラダイス、しながわ水族館のシロワニ飼育を行う水族館6館が積極的な飼育情報共有を目指したシロワニ繫殖協議会2015年に設立された。2019年に登別マリンパークニクスが加盟し7館で情報共有や小笠原諸島での野生個体写真識別調査を行っている[8]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b Pollard, D.; Smith, A. (2009), Carcharias taurus, 2009, p. e.T3854A10132481, doi:10.2305/IUCN.UK.2009-2.RLTS.T3854A10132481.en 
  2. ^ 仲谷 2011, p. 35.
  3. ^ Carcharias taurus Froese, R. and D. Pauly. Editors. 2011.FishBase. World Wide Web electronic publication. www.fishbase.org, version (06/2011).
  4. ^ ANIMAL SPECIES:Greynurse Shark, Carcharias taurus Rafinesque, 1810Australian Museum.
  5. ^ a b Biological Profiles:Sand tiger shark Florida Museum of Natural History Ichthyology Department.
  6. ^ 内田詮三 (2012). 沖縄美ら海水族館が日本一になった理由. 光文社新書号. pp. 17 
  7. ^ ジョージア水族館展示ガイド(シロワニ)
  8. ^ a b c 中村雅之ほか (2019). シロワニ繁殖協議会 の活動紹介. 板鰓類研究会報第55号. pp. 24-30 
  9. ^ シロワニ飼育館
  10. ^ 京急油壺マリンパーク展示種(魚たちの国)
  11. ^ アクアワールド茨城県大洗水族館のサメ一覧(シロワニ)
  12. ^ 小笠原の海が東京スカイツリー®︎のふもとに!?すみだ水族館のちょっと違った楽しみ方をご紹介
  13. ^ 日本初!シロワニの赤ちゃん誕生!!!

参考文献[編集]

  • 仲谷一宏 『サメ: 海の王者たち』(初版) ブックマン社、2011年9月1日。ISBN 978-4-89308-753-9NCID BB06880349 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]