聖母病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 聖母病院
International Catholic Hospital 1.JPG
情報
正式名称 社会福祉法人聖母会 聖母病院
英語名称 International Catholic Hospital
標榜診療科 内科、精神科、小児科、外科、整形外科、眼科、耳鼻いんこう科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、放射線科、麻酔科
許可病床数

154床


一般病床:154床
機能評価 一般100床以上200床未満:Ver6.0
開設者 社会福祉法人聖母会
管理者 市瀬裕一(病院長)
開設年月日 1931年12月21日
所在地
161-8521
位置 北緯35度43分13秒
東経139度41分39秒
二次医療圏 区西部
PJ 医療機関
テンプレートを表示
聖母病院病棟

聖母病院(せいぼびょういん)は、社会福祉法人聖母会が運営する病院。特に産科は、年間の分娩件数は約1700-1800件を数え、手術のレベルなどに定評がある。系列の看護系大学に聖母大学(同じカトリック系の上智大学と合併し、現在は同大学総合人間科学部看護学科)があった。また敷地南端部に高齢者福祉施設である聖母ホームを併設する。帝銀事件の被害者が収容された病院でもある。

沿革[編集]

  • 1929(昭和4)年 聖母会の前身「マリア奉仕会」が病院建設に着手。
  • 1931(昭和6)年 「国際聖母病院」として開院。内科小児科外科皮膚科泌尿器科の5診療科目。72床。
  • 1943(昭和18)年 「聖母病院」へ改称。
  • 1950(昭和25)年 救急病院指定を受ける。
  • 1952(昭和27)年 運営母体が「社会福祉法人聖母会」に変更。
  • 1959(昭和34)年 204床に増床。
  • 1963(昭和38)年 診療科目に眼科神経科歯科が追加。
  • 1972(昭和47)年 地下1階などを増改築。209床。
  • 1986(昭和61)年 診療科目に放射線科追加。
  • 1998(平成10)年 療養型病床群開設。173床。
  • 2002(平成14)年 新棟が一部完成。164床。
  • 2004(平成16)年 病院の増改築工事が完了。154床(一般121床、療養33床)。
  • 2006(平成18)年 療養病棟を廃止。全て一般のみの154床に。
  • 2010(平成22) 年 乳腺外科設置

診療科目[編集]

医療機関の指定等[編集]

  • 保険医療機関
  • 救急告示医療機関
  • 休日・全夜間診療事業実施医療機関(内科系、外科系)
  • 労災保険指定医療機関
  • 指定自立支援医療機関(精神通院医療)
  • 身体障害者福祉法指定医の配置されている医療機関
  • 精神保健指定医の配置されている医療機関
  • 生活保護法指定医療機関
  • 指定養育医療機関(未熟児医療)
  • 原子爆弾被害者一般疾病医療取扱医療機関
  • 公害医療機関
  • 母体保護法指定医の配置されている医療機関
  • 臨床研修指定病院
  • DPC対象病院
  • 無料低額診療事業実施医療機関
  • 日本乳癌学会認定施設

交通アクセス[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]