西那須野駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
西那須野駅
JR East Nishi-Nasuno Station West Exit.jpg
西口(2022年11月)
にしなすの
Nishi-Nasuno
野崎 (5.2 km)
(6.0 km) 那須塩原
所在地 栃木県那須塩原市永田町1-1
北緯36度53分3秒 東経139度59分11秒 / 北緯36.88417度 東経139.98639度 / 36.88417; 139.98639座標: 北緯36度53分3秒 東経139度59分11秒 / 北緯36.88417度 東経139.98639度 / 36.88417; 139.98639
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 東北本線宇都宮線
キロ程 151.8 km(東京起点)
電報略号 ナス
駅構造 地上駅橋上駅[1]
ホーム 2面3線[1](実質2面2線)
乗車人員
-統計年度-
3,145人/日(降車客含まず)
-2021年-
開業年月日 1886年明治19年)10月1日[2]
備考 業務委託駅
テンプレートを表示
東口(2019年3月)

西那須野駅(にしなすのえき)は、栃木県那須塩原市永田町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)東北本線である[1]。「宇都宮線」の愛称区間に含まれている。

歴史[編集]

駅構造[編集]

業務委託駅JR東日本ステーションサービス委託、那須塩原駅管理)[4]Suica対応自動改札機指定席券売機設置駅。

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、計2面3線を有する地上駅である[1]が、2番線は架線撤去の上でホームにも柵が設置されており使用されていない。そのため事実上単式ホーム2面2線となっている。橋上駅舎を有する[1]

かつて改札外にKIOSKがあったが、現在は閉店し店舗設備も撤去されている。

貴賓室[編集]

  • 塩原温泉郷に塩原御用邸が設置されていたため、西那須野駅には貴賓室が設けられ、調度品が備えられていた。大正天皇をはじめ多くの皇族が西那須野駅を利用していた[3]
  • 大正天皇は、大正時代前半は当駅下車後塩原軌道で関谷または新塩原へ移動し、そこから人力車か馬車で御用邸へ向かっていたが、1919年(大正8年)頃より自動車を導入し、当駅より直接自動車で御用邸へ行くようになった[3]

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 宇都宮線(東北線) 下り 那須塩原郡山福島仙台方面[注釈 1]
3 上り 宇都宮大宮東京方面[注釈 2]

(出典:JR東日本:駅構内図

  • 2004年3月13日のダイヤ改正以降は湘南新宿ラインの列車が、2022年3月12日のダイヤ改正以降は上野方面(上野東京ライン)の列車も当駅に乗り入れなくなった。

利用状況[編集]

JR東日本によると、2021年度(令和3年度)の1日平均乗車人員は3,145人である[利用客数 1]

1887年度(明治20年度)以降の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
1887年(明治20年) 73 [3]
1892年(明治25年) 87
1897年(明治30年) 144
1902年(明治35年) 168
1907年(明治40年) 214
1912年(明治45年) 304
1920年(大正09年) 549
1926年(昭和0元年) 657
1930年(昭和05年) 637
1936年(昭和11年) 629
1946年(昭和21年) 2,890
1950年(昭和25年) 1,944
1955年(昭和30年) 2,421
1960年(昭和35年) 3,072
1965年(昭和40年) 4,379
1970年(昭和45年) 4,664
1975年(昭和50年) 3,883
1980年(昭和55年) 3,828
1985年(昭和60年) 3,381
1990年(平成02年) 3,916
2000年(平成12年) 3,791 [利用客数 2]
2001年(平成13年) 3,731 [利用客数 3]
2002年(平成14年) 3,625 [利用客数 4]
2003年(平成15年) 3,649 [利用客数 5]
2004年(平成16年) 3,657 [利用客数 6]
2005年(平成17年) 3,618 [利用客数 7]
2006年(平成18年) 3,587 [利用客数 8]
2007年(平成19年) 3,565 [利用客数 9]
2008年(平成20年) 3,608 [利用客数 10]
2009年(平成21年) 3,570 [利用客数 11]
2010年(平成22年) 3,570 [利用客数 12]
2011年(平成23年) 3,527 [利用客数 13]
2012年(平成24年) 3,621 [利用客数 14]
2013年(平成25年) 3,687 [利用客数 15]
2014年(平成26年) 3,561 [利用客数 16]
2015年(平成27年) 3,665 [利用客数 17]
2016年(平成28年) 3,687 [利用客数 18]
2017年(平成29年) 3,731 [利用客数 19]
2018年(平成30年) 3,777 [利用客数 20]
2019年(令和元年) 3,740 [利用客数 21]
2020年(令和02年) 3,026 [利用客数 22]
2021年(令和03年) 3,145 [利用客数 1]

駅周辺[編集]

大田原市には野崎駅が存在するが、当駅のほうが大田原市中心部により近い[1]

駅西側

駅東側

バス路線[編集]

一般乗合バス[編集]

駅西口から塩原温泉郷および那須塩原市内(那須塩原駅・黒磯駅方面)、駅東口から那須塩原市内循環線と大田原市市街地へと結ばれている。
2021年3月21日から、栃木県内の関東自動車JRバス関東の一般路線バスで地域連携ICカードtotra(トトラ)」が導入された。Suicaと相互利用可能な全国の交通系ICカードでも運賃の支払いが可能となった。但し、那須塩原市地域バス「ゆーバス」は両社が運行する便であってもICカードの利用ができない。

西口発着[編集]

「西那須野駅西口」停留所にて、ジェイアールバス関東那須塩原市地域バス(ゆーバス)が運行する路線バスが発着する。

東口発着[編集]

「西那須野駅東口」停留所にて、大田原市営バス関東自動車・那須塩原市地域バス(ゆーバス)が運行する路線バスが発着する。

高速バス[編集]

「西那須野駅西口」停留所にて、新宿駅発着の高速バス路線(関東自動車那須塩原営業所が運行)が1往復乗り入れている。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
宇都宮線
野崎駅 - 西那須野駅 - 那須塩原駅

脚注[編集]

[脚注の使い方]

記事本文[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2つ先の駅の黒磯から先は、新白河方面に乗りかえとなる。
  2. ^ 宇都宮駅以遠は乗りかえとなる。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『週刊 JR全駅・全車両基地』 05号 上野駅・日光駅・下館駅ほか92駅、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2012年9月9日、25頁。 
  2. ^ a b c d e f 石野哲(編) 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 Ⅱ』(初版)JTB、1998年10月1日、396-397頁。ISBN 978-4-533-02980-6 
  3. ^ a b c d e f g h i 「西那須野町の交通通信史(西那須野町 199年)」
  4. ^ a b JR東日本ステーションサービス事業エリア

利用状況[編集]

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2021年度)”. 東日本旅客鉄道. 2022年8月5日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  19. ^ 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月13日閲覧。
  20. ^ 各駅の乗車人員(2018年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月11日閲覧。
  21. ^ 各駅の乗車人員(2019年度)”. 東日本旅客鉄道. 2020年7月10日閲覧。
  22. ^ 各駅の乗車人員(2020年度)”. 東日本旅客鉄道. 2021年7月22日閲覧。

関連項目[編集]

  • 日本の鉄道駅一覧
  • 金色夜叉 - 尾崎紅葉の小説作品。尾崎は本作を塩原温泉・清琴楼にて起草。シリーズの一『続続金色夜叉』で、「車は馳せ、景は移り、境は転じ、客は改まれど、貫一は易らざる其の悒鬱を抱きて、遣る方無き五時間の独に倦み憊れつゝ、始て西那須野の駅に下車せり。直に西北に向ひて、今尚茫々たる古の那須野原に入れば、天は濶く、地は遐に、唯平蕪の迷ひ、断雲の飛ぶのみにして、三里の坦途、一帯の重巒、塩原は其処ぞと見えて、行くほどに跡は窮らず、漸く千本松を過ぎ、進みて関谷村に到れば、人家の尽る処に淙々の響有りて、これに架かれるを入勝橋と為す。」とあるように、主人公・間貫一は西那須野駅から塩原に向かう。

外部リンク[編集]